EXTERNAL COMBUSTION2022/03/06 14:14

 マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズの新譜,[EXTERNAL COMBUSTION] が届いた。
 まず、前作よりジャケットが格好良い。マイクがクールにフィーチャーされており、横には合成と思われるの最近愛用の白いギター。背後には燃えるリッケンバッカーが描かれているが、何かの暗示だろうか?



 最初は既に発表されていた "Wicked Mind" 格好良いロックンロール。
 次に古風なブギー "Brigitte Bardot" が来たのは意外性があって良かった。
 3曲目の "Cheap Talk" はゲスト女性ヴォーカルを迎えての、ちょっと不穏な曲調。マイクにしては珍しい感じだ。
 4曲目の "External Combustion" は、TP&HB の [MOJO] にあるような、ずしんとくるリフを展開して、ちょっとビートルズ風で格好良い。
 5曲目の "Dirty Job" もまた、マイクお得意のリフからの成立だろう。緊迫感のあるサビが辛口に響く。ゲスト・ヴォーカルとして参加しているのは、イアン・ハンター…ってモット・ザ・フープルのイアン・ハンター?!マイクより10歳以上年上だからびっくりしたが、写真を見るとちゃんと居るので、本物だ。こいうところにもつながりがあるとは意外だった。
 6曲目はガラッとかわって、穏やかな "State of Mind" 。女性カントリーシンガーのマーゴ・プライスを迎えて、味わい深く、しみ通るように盛り上がっていく様子が感動的だ。ブラスの使い方なんかが、ちょっとザ・バンドっぽくて郷愁を呼ぶ。
 7曲目は "Lightning Boogie" ―― 端からゴキゲンなブギーである。なんと言っても、ベンモント・テンチの参加が嬉しい。こういうときこそのベンモント登場で、マイクも楽しそうだ。しかもベンモントの存在感もたっぷりで、ピアノとギターの絡み合いも抜群に格好良い。
 8曲目の "Rat City" は格好良いギターのリフを中心に、ミドル・テンポに、ちょっとヘヴィメタルっぽく決めている。そこに早弾きではなく、あくまでもゆったりとギターを響かせるところがさすがである。これもTP&HBのアルバム [MOJO] を彷彿とさせる。そしてアウトロはビートルズ風。
 9曲目 "In This Lifetime" は、ちょっと変わったエキゾチックな音階を使っている。こういうのは、ギターをそういう風にオープンチューニングにしているのかなぁと、そちらの興味が湧く。歌詞もなんとなく暗示的で、"I'll never understand her in this life" というところが、輪廻とかそういうこと、ジョージの世界のサウンドも感じられて、素敵だった。
 10曲目 "It Is Written" は軽い手触りだが、ロードムービーにぴったりくる感じ。根拠は曖昧だが、この曲に出てくる "you" が、なんとなくトム・ペティのことのように思われた。
 そして最後の11曲目、"Elecyric Gypsy" ―― これも既に発表されている。これぞいかにも、TP&HB で、知らない人が聞いたらオマージュか何かかと思うだろう。ギターがゆっくり浮遊するようで、ガツンとした低音と漂う虚無感が、人生の達観をしているようで、どこか開放感がある。

 前作からそうだが、驚くのはマイクの作詞家としての成長である。20年前は「頭に穴が空きました!」とか言っていたのに。まさに必要は発明の母。
 自ら歌う必要の無かった頃というのは、詞も必然的に湧いてこなかったのだろう。それがカバーなり、なんなり自分で歌い始めると、口をついて歌詞が出てくるようになるのだろうか。

 マイク・キャンベルのミュージシャンとしての人生は、示唆に富んでいる。学校に残るか、せいぜい兵役にでもつくのかと思っていたギター好きの少年が、ひょんなことから金髪男のバンドに加わり、何十年も活動して大成功を収め、その相棒を亡くして、静かに立ち去るのかと思ったら、これである。
 人生は長い。芸術も長い。彼の生き様は、何かを犠牲にして打ちひしがれて何もしない、もしくは勇をふるって戦い続ける、どちらでもない、ごく自然体で穏やかで、それでいて楽しい生き方を教えてくれる。

Electric Gypsy2022/02/22 22:48

 マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズの新譜収録曲 "Electric Gypsy" が公開された。
 なんだか、既視感満載なのだが、それ故の安心感が満点である。



 楽曲的には、完全にボブ・ディランに後期ハートブレイカーズをブレンドした感じ。ディランよりはポップに仕上がるのが、マイクのマイクたるゆえんだろう。たまらん。

 それにしても…マイクは、トムさんにそっくり過ぎである。
 ちょっとあり得ないことではあるが、もし「トム・ペティだけ」が好きな人がいるとする。トムさんの大ファンだが、他のバンドメンバーのことは知らない。
 その人がこのビデオを見たら、「完全なトム・ペティのパロディ,オマージュ」と思うに違いない。
 一番近い存在は、ビートルズに対するラトルズだ。

 歌い方が似るのは仕方が無い。マイクにとって最高のヴォーカリストであり、一番よく聞いた声だから、親子の話し方や訛りが似るのと同じように、マイクがトムさんとそっくりな声、歌い方になるのは当然だろう。
 しかし、容姿まで似てくるのはびっくりである。まぁ、確かにトムさんにはサラサラ・ロング金髪という目立つ特徴があったのだが―― トムさんもマイクも、あまり押し出しの強い顔をしていないのは確かで、ちょっとつかみ所の無い、不機嫌そうな、目鼻の作りの控えめな人ではある。
 歩き方、歌いならの仕草とかも、ドキッとするほど似ている。変なたとえだが、お通夜とかに行って、故人の兄弟姉妹に会ったりすると、故人にそっくりでぎょっとする感じ。その点、トムさんとマイクは赤の他人なのだが…

 トムさんが急に亡くなったりするから、びっくり展開が始まるのだが、マイクがフリートウッド・マックの人になったのもびっくりだし、普通に「もう30年やってます」みたいな顔で「マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズ」が新譜をしれっとだして、全米ツアーをするっていうのも、びっくり展開。
 いまだかつて、フロントマンが亡くなって、こんな展開になったバンドってあるだろうか…?!

Mike Campbell and the Dirty Knobs2022/01/28 21:43

 マイク・キャンベルのバンド、ザ・ダーティ・ノブズの新曲が YouTube 公開され、同時にセカンドアルバム [External Combustion] が3月2日に発売されること、更に3月から7月にかけて、全米ツアーを行うことが発表された。
 うわぁ!2020年にファースト・アルバムを出して、もうセカンド・アルバムだなんて、凄い!マイク、よっぽど曲想が尽きないんだな…

 全米ツアーなんてアメリカ人が羨ましすぎる。まぁ、この時期に本当に出来るのかどうか分からないが、ワクチン・パスポートや、陰性証明などを活用するのだろう。いいな…いいな…行きたいな…こっちは家からも出られないというのに。思いはアメリカに飛ぶ。ブルックリンの会場の地図見たりして。ああ…近くに良い感じのホテルもある…!
 ツアーのライブ会場は主にライブハウスだが、時々けっこうな大きさのころがある。カリフォルニアの Shoreline Amphitheatre なんて、私が生まれて初めてトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズを見た、野外円形音楽堂ではないか。
 埋める自信があるんだな…思えば、マイクはどんどん「トム・ペティ化」しているし、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの曲もけっこう演奏してくれる。バンド名だって、ただの「ダーティ・ノブズ」から、「マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズ」に改めたらしい。下手したら、ゲストによっては "Handle with Care" すらやりかねない。
 「国の宝:トム・ペティ」を失ったアメリカ人や、その他の国のロック・ファンたちは、意外にも未亡人のマイクが大活躍して、しっかりハートブレイカーズ・ファンの心を掴んでくれたことに、感謝しているのだろう。少なくとも、私はそうだ。

 さて、新曲の "Wicked Mind" である。イカしたゴキゲン・ロックンロールに、珍妙なミュージック・ビデオ。マイクの微妙な演技!若いハートブレイカーズ時代の、恥ずかしそうで控えめな青年と同一人物とはとても思えない
 そしてノブズのバンド・メンバーも、表情豊かに演じてくれる。



 完全に TP&HB 楽曲のオマージュのようで、そのくせ統一感があって、格好良い。エンディングなんて完全に "You Wreck Me" だ。
 これでよく分かるのは、マイクがギターという楽器の力を心底信じていて、その響きの良さを誰よりも理解し、愛していると言うことだ。
 格好良いコードをガシャガシャ弾きまくって、切れよく決めれば、極上のロックンロールになる。ことは単純だが、意外とギターを信じ切らないと出来ない。マイク・キャンベルという希有のミュージシャンだからこそ出来たサウンドかも知れない。
 面白いことに、マイクはけっこうブリッジ(トムさんは小節数に関係なくミドル・エイトと呼んでいた)に特色があることが分かる。後にギター・ソロの見所になるのだが、やり過ぎずに済ませる潔さとのバランスの絶妙。

 もう最高。このクォリティのアルバムが届くのかと思うと、待ち遠しくて仕方がない。
 ありがとう、マイク。マイクのおかげで、どれほどトムさんを失った喪失感から救われているか、計り知れない。

I Fought the Law2022/01/12 12:25

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ,1978年のライブで、"I Fought the Law" が、動画サイトにあがっている。これが凄まじく格好良い。



 こういうのを聞くと、心底スタン・リンチがドラマーだった時代が懐かしい。もっとも、私は現役ファンとしてスタンの時代を知っているわけではないのだが。あのドタバタした疾走感、上手さより熱さと無邪気さが輝く感じで、これぞロックの青春!という醍醐味があって高なのだ。
 1978年だから、コーラスもスタンだろう。ベンモントやロンの声とは思えない。遠慮の無い大爆発的な演奏で、ギターとオルガンの容赦ない響きも、イカしてるとしか言い様がない。

 私はてっきり、この曲はザ・クラッシュがオリジナルの曲だと思い込んでいた。テレビ・コマーシャルの影響が強いのだろう。しかし、クラッシュがカバーしたのは、1979年だそうだ。だから、ハートブレイカーズのこの演奏より後、ということになる。クラッシュがハートブレイカーズの演奏に影響を受けた可能性は、排除できない。



 そもそものオリジナルは、バディ・ホリー亡き後のクリケッツで、ヒットさせたのは、1965年のボビー・フラー・フォーだそうだ。トムさんたちが聞いたのは、こちらの方だろう。



 他にも、ロイ・オービスンや、ストレイ・キャッツなどのカバーがある。
 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの、カバー曲集というアルバムがあるといいと思う。ストーンズやキンクス、ビートルズのカバーなどは、まだ公式になっていないが、ブートではけっこう出回っている。それこそ、ハートブレイカーズ、デビュー当時などのカバー・ソング集なんて、すごく聴き応えがあると思う。2,3枚組にしても喜んで買う。

Tom Petty & the Heartbreakers Up on the Roof2022/01/08 21:11

 ビルの屋上でライブをするロック・バンドのことが、去年から話題に上っているが、あきらかなコピーをした人も多い。1985年のトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズもその一つである。
 場所はフロリダ州中部、セント・ピーターズバーグのリゾート・ホテル,ホテル・セザールの屋上である。



 元祖ビートルズのルーフ・トップとは対照的すぎて面白い。
 本家が真冬のロンドンの曇天のもと、寒さに震えてコートを着込み、鼻を赤くし、こわばった表情で演奏していたのに対して、こっちは常夏のフロリダ!青い空と海、輝く太陽、ピンク色の軽薄なホテルで、短パンにサングラス!夏だぜ、Yeah!
 最後に登場する警官(?)も明らかに緊張感がなく、本家ロンドン・スコットランドヤードの青年警官とは正反対の、おなかがまん丸く突き出したおじさんではないか。

 曲目は、まずデビューアルバムからの "Strangered in the Night"。故郷フロリダを案内する画像を挟んで、最新アルバム [Southern Accents] の "Dogs on the Run"――
 1985年なので、女性ファンの間で史上最悪と評判のもみ上げスタイルだが、幸いにもトップハットを被ってサイドが抑えられているので、美人な「女優」トムさんである。
 ハウイがヘフナーのベースを使っているのは、比較的珍しいのではないだろうか。少し変わったカラーリングで面白い。やっぱりルーフ・トップなので、選ばれたベースなのかも知れない。

 こっちなんて、カナダ,オンタリオの「ロンドン」での、本家ルーフ・トップ40周年演奏なので、雪である。見ているだけもぞっとする!(そう、私はあの程度の雪で混乱する首都圏在住。雪かきで背中が筋肉痛)
 しかし、根性は見上げた物で、TP&HBの南国ルーフ・トップなんて、軟弱この上ないのではないだろうか。

Tom Petty: Somewhere You Feel Free - The Making of Wildflowers2021/11/14 23:04

 「2020年初頭、トム・ペティ・アーカイブから、16ミリ・フィルムのコレクションが発見された。これは1993年から1995年にかけて、ペティの長年のフィルモグラファーを務めたマーティン・アトキンズによるもので、ペティの [Wildflowers] アルバムをレコーディングと、それに続くツアーをとらえている。その多くが初公開である。」

 これは、このたび公開された音楽ドキュメンタリー映画[Tom Petty: Somewhere You Feel Free - The Making of Wildflowers] の冒頭に出てくる字幕の内容である。
 映画はこの16ミリフィルムを中心に、そのほかの既存の映像や、新しく撮影したリック・ルービン,マイク・キャンベル,ベンモント・テンチ,スティーヴ・フェローニなどのコメントを追加し、編集した物だ。
 トム・ペティのファンはぜひとも、YouTubeで鑑賞して欲しい。英語の字幕もあるが、音楽と映像を楽しむだけでも良いだろう。



 印象的だったことが、いくつかある。
 まずトムさんがとんでもないチェーン・スモーカーだったこと!時代もあるが、あれは吸い過ぎでしょう?!まじで、ピアノがある場所でタバコとか、あり得ないんですけど?!あなたたちの大事なギターにも悪影響だと思うなぁ。しかもベンモントも吸ってるし。調律師さんに超怒られるよ。
 でも困るのが、そんな嫌煙家の私でも、トムさんたちがタバコを吸う姿が、妙に格好良いってこと。あれはなんなんだろう?ちょっとした「隙」みたいなものかなぁ。

 いままでも断片的に見たことがある、トムさんと、ベンモントによる "Wildflowers" の演奏シーン。とにかくベンモントのピアノが美しくて、この人は本当に天才だなぁと思うのだが、今回印象的だったのは、ピアノがボールドウィンだったこと。
 ベンモントのピアノというと、ヤマハか、スタインウェイだが、このアルバムのスタジオにあったのは、ボールドウィンだったのだ。

 リック・ルービンがハウイをベーシストとして用いたがらなかった話も、興味深かった。スタンはいない、マイクとベンモントはトムさんのレイドバック・モードに完全にシフトしている。しかし、ハウイのベースはハートブレイカーズそのもの過ぎたのだろう。その話になったとき、マイクが無言で春日みたいに胸を張って「おれおれ」サインをしているのが可笑しかった。
 そうは言っても、トムさんはハウイの声だけは絶対に外せなかった。

 そして、若きスティーヴ・フェローニ!トムさんやマイクよりも実際には年上だが、茶目っぽくて少年の輝きがあって、うわぁ、若いって感じだった。何人ものドラマーが来ては、トムさんにダメだしをされたけど、スティーヴが叩いたら、トムさんとマイクが顔を見合わせて、「こいつだ!」――と、なる。
 もっとも、最初に「良いドラマーがいる」と言ってスティーヴを持ち出したのはマイクである。どうせなら、そうなる経緯である、ジョージの話もしてくれれば良かったのに。ジョージ・ファン的な贅沢である。

 ジョージと言えば!一番の収穫は、ウクレレを弾くトムさんの映像である。トムさん、ウクレレ好きを公言している割に、その写真、映像はいままでほとんどなかったと思うのだが、今回は "I Won't Back Down" をウクレレで面白おかしく歌って、ジョージ・ドゥラコウリアスが馬鹿ウケ(泣くほど)していた。

 ちょっと謎だったのが、マイクが「リックと、俺と、トムがプロデューサーで、ベンは…貢献者 contributor で…」と言ったら、ベンモントが "Layabout" と言ったところ。マイクもそれを受けて、「そう Layabout で…」と何でも無かったように話を進めたので、思わず、そして唯一このときだけ、動画を停止して辞書を引いた。
 layabout:名詞≪略式≫ 怠け者,不精者;浮浪者
 これはどう解釈するべきか?ベンモントは自虐的に「プロデューサーという重責はなく、気楽にそこらで楽しんでいる人」という意味で言ったのか?マイクの言う "contributor" とはちょっと離れた言葉だと思うのだが…ううむ、外国の、そしてロックンローラーの言語は難しい。

 ちょっと物足りなかったのは、マイケル・ケイマンについてはあまり突っ込まなかったところ。まぁ、当人が故人なので仕方がないが… [Wildflowers] というアルバムのサウンドを特徴付けるオーケストレーションをした人なので、とても重要だと思う。

 嬉しかったのは、[Wildflowers] のサポートツアー (Dogs with wings だっけ?)の映像もけっこう多かったところ。私はこの時期のトムさんを、「フワフワシャツ時代」と呼ぶことにした。
 このライブ映像、まとめてリリースしてくれないだろうか?[Wildflowers] 以外の曲もあれこれ演奏しているはずだから、すごく見たい。

 映画鑑賞の一回目としては、ちょっと英語字幕を追いすぎたので、もう一度、字幕無しで見る機会を設けたいと思う。

Somethin' Else2021/11/04 22:02

 引き続き、所有する CD をアルファベット順に聴いて、処分するするものがないかチェックしている。
 先日から、レッド・ゼッペリンが始まった。
 始まる前は、少し心配だった。私はそれほどゼッペリンの熱心なファンというわけではない。音大時代ロック師匠が、「レッド・ツェッペリンは、一枚目のアルバムから順々に聴いていき、もういいかなと思ったところで、立ち止まればいい」と教えた。私はその教えに従い、五枚目までで、アルバムの購入は止まっている。
 例外的に、BBC ライブの2枚組 CD も持っていたので聴いていたら、おなじみの、懐かしい曲が流れたので、ちょっと面白かった。
 "Somethin' Else" ―― 1969年の BBC セッションだそうだ。



 私はこの曲を、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのカバーでよく知っている。
 オリジナルは、早世した伝説のロックンローラー,エディ・コクラン。発表されたのが1959年7月というのだから、当時20歳だったわけだ。ずば抜けて格好良い。



 素晴らしきオリジナルを聴いても、私にとっての一番はやはりTP&HBである。
 1980年ロンドン,オデオンでのパフォーマンスが、[Damn the Torpedoes] のデラックス・エディションに収録されている。
 "Woo!" と軽やかに歌うトムさんのヴォーカルが最高だし、バランスが良く、出しゃばらないマイクのギターも、この曲を完全に理解している。
 ゼッペリンを聴いてそう思うのも失礼な話だが、やっぱりTP&HBは最高だなぁと再認識するに至る。

I Won't Back Down / Ich geb nie auf2021/10/23 21:54

 トム・ペティは10月20日が誕生日だった。1950年生まれなので、生きていれば71歳 ―― 
 彼が亡くなったとき、たくさんの人たちが彼の功績を讃えてその歌を歌い、捧げたが、一番多かったのは、 "I Won't Back Down" ではないだろうか。どんな逆境にも負けず、生き抜いてゆこうとする人々とその勇気への賛歌。
 トムさんの死をも乗り越えなければならない私たちにとって、無ければならない曲だ。

 トムさんは言うまでもなく、アメリカ,フロリダ州ゲインズヴィルの出身。フロリダ大学があるこの街は、トム・ペティを輩出したことを誇りにしている。フロリダ大学のスポーツチームはだいたいワニのマスコットの、「ゲイターズ」なのだが、マイクはマスコット柄のギターを持っているし、ハートブレイカーズもゲイターズの本拠地で何度かライブを行っている。(スポーツドリンクの、ゲータレイドも、このゲイターズが由来である)
 トムさんが亡くなった後、(アメリカン)フットボールのフロリダ・ゲイターズの試合会場で、観客たちが "I Won't Back Down" を大合唱したシーンは、本当に感動的だった。
 トムさんへのみんなの愛情が一つになってこだまし、魂を震わせる素晴らしき瞬間だった ―― と、思ったら、どうやらゲイターズのホームゲームでは、インターミッションで、"I Won't Back Down" を大合唱してトム・ペティに捧げるのが、恒例になっているらしい。
 この動画は、今年2021年9月4日である。まさに、この曲は追悼曲ではなく、ゲイターズの、ゲインズヴィル市民の、そして全てのTP&HBファンのアンセムになったのだ。



 "I Won't Back Down" ついでに、こちらもどうぞ。
 なんと、ドイツ語版!その名も "Ich geb nie auf" いっひ、げぷ、にぃ、あうふ!いつか辞書を引いて読み解こうと思う。(私のドイツ語はまだそこまで行ってないのだ…)

I Won't Back Down2021/10/03 19:49

 2017年、トム・ペティが亡くなった日は、いまだに10月3日の昼頃(日本時間)と認識している。同様のことは、ジョージでも言える。彼が亡くなったのは、11月29日ではなく、11月30日だと思っている。
 あれから4年。思えば、トムさんが亡くなる3ヶ月前に、ニュージャージーでハートブレイカーズのコンサートを見てから以降、いわゆるロックのコンサートを見ていない。
 時代は COVID-19 の時代に突入し、歴史の変わり目を迎えていた ――

 これは、私が最後に目にした、トムさんの姿である。



 この困難な時代に、トム・ペティは私たちにどう語りかけるだろうか。

Angel Dream (Songs and Music From The Motion Picture "She's The One")2021/07/06 21:02

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの [Angel Dream] が届いてからずっと聴いている。
 "105 Degrees" が格好良い。これがどのアルバムにも収録されなかったのは不思議だが、よく聴くと、サビが尻切れトンボなのかもしれない。歌詞ができあがらなかったようにも思えなくもない。
 それにしても、バンドとしての完成度は素晴らしい。



 それはそうと…この [Angel Dream] というアルバムは、一体何なのか?
 こんな時、頼りになる Heartbreaker's Japan Party さんの情報によると、「元々は 6月12日開催の<Record Store Day>のための限定アナログ盤を、一般発売することになった」ものであり、その CD 版ということえらしい。
 RSD 向けのアナログって、せいぜいミニアルバムか、シングル程度のものが通例だったような気がするが(アナログに興味がないので詳しくない)、今回は12曲も収録されており、しかも未発表曲もある…から、CD 派のためにも、発売してくれたという点においては、実にありがたい。

 しかし、副題についている Songs and Music from Motion Picture "She's the One" というのが、しっくりこない。
 映画のサントラとして発表された [She's the One] を、ハートブレイカーズの正式なスタジオ録音アルバムに改めて並べたいなら、ちゃんと "Walls (Circus)" などの全ての曲を網羅してリミックス・リマスターし、再発特典として未発表曲や別バージョンを添えた、盤(箱?)を作れば良かったのに。
 去年出した [Waildflowers & All the Rest] と、企画が中途半端に被ってしまったようで、どうにも据わりが悪い。

 要するに、トムさんはこの時期、トムさんのソロ・アルバムを作っていたつもりだけど、マイクなんて最初からべったり一緒だし、バンドも、スタッフも、結局ハートブレイカーズを形成することになる、メンバーも揃ったスタジオ仕事が、膨大にあって、まとめるのが難しいみたい ―― ということは分かる。
 セッションとしては一貫性があるが、後年そのまとめ方としては、とっ散らかっていると。まぁ、そういうことらしいなぁ…

 最後につけくわえるが、"French Disconnection" はとても名曲。尺が合っていないので、合わせる形で録音して欲しかった。ティン・ホイッスルかなにかと、合奏したくなる。