伶倫楽遊/伶楽舎第十六回雅楽演奏会2023/01/28 22:14

 今日は紀尾井ホールで、伶楽舎の雅楽演奏会に行ってきた。
 紀尾井ホールだから、すこし格式のある感じの演奏会で、特別感を体験できる。
 それにしても、入場者制限をしていたのだろうか。それにしては、計画的に席を空けているようには見えず…それでいて入りは六割程度だろうか。なんだか心配になってきた。

 前半は、古典楽曲の演奏。これが目当てである。
 管弦は太食調(たいしきちょう)なので、私も演奏したことのある楽曲もある。まずは仙遊霞(せんゆうが)。斎宮が伊勢に向かう途中、琵琶湖の勢田の橋を通るときに楽人が同行してこの曲を演奏したと伝わっている。この斎宮が伊勢むかうことを「群行」というそうだ。楽人も引き連れていたというのだから、かなり荘厳、かつ華麗な物だったのではないかと想像する。
 管弦のもう一曲は「合歓塩」(がっかえん)。これは学生の時に演奏したことがあり、とても親しみ深い一曲だった。

 舞楽は、春を迎えようとする今にふさわしく、「春庭花」(しゅんていか)。四人で舞われる優雅な舞楽で、平安の春を彷彿とさせる、駘蕩とした雰囲気がまず良かった。さらに、二回繰り返しに入ると、舞人が回りながら位置を変えて舞う。その様がまた華麗で印象的だった。

 さて、後半は「いわゆる」現代雅楽である。
 現代の作曲家に、雅楽の楽曲を作ってもらって演奏するという活動を、伶楽舎はずっと続けており、これはこれで音楽的活動としてとても重要だ。ただし、私が鑑賞するという意味においては、評価がとても低い。「現代雅楽」というもので感動したこともないし、良いなと思ったこともない。例外は芝先生の古典に即した楽曲だけ。
 今回も二曲演奏された。一曲目はオノマトペをふんだんに用いた楽曲だったが。うむ、はぁ、それだけ。
 二曲目は、作曲者みずからなんとも言えない身体表現もみせてくれたが、ああ、やっぱり残念な雅楽の現代楽曲の一つに過ぎず、とっても残念。
 こればっかりは付き合いとはいえ、聞いているのが面倒ください。ただし、演奏している伶楽舎の面々の努力はたいそうな物で、そこは高く評価する。ただ、その音楽に感動しないだけである。

 もらったパンフレットによると、5月の伶楽舎雅楽コンサートは、芝祐靖先生の作品演奏会とのこと。これは期待できそうなので、いまからとても楽しみだ。

蘇莫者 / 小鍛治2023/01/03 20:10

 お正月は、テレビで雅楽や能狂言を見ることが出来る時期である。この両者は、近世邦楽に比べて、極端にテレビに取り上げられる機会が少ない。

 まず、宮内庁楽部による舞楽の放映があった。1曲目が「蘇莫者(そまくしゃ)」。これは初めて見た。唐楽で右方の舞。聖徳太子が山中で笛を吹いたところ、黄金の猿の姿をした山の神が現れて舞い踊るという演目だ。
 とても特徴的なのは、「太子」という聖徳太子役の横笛奏者が一人舞台に立つことである。これは非常に珍しい演出である。芝祐靖先生で見たかった!先生の美しい立ち姿が目に浮かぶようだ。
 そして黄金の面、黄金の鬘を身につけた山の神が神々しく、しかも走り舞という、特殊な足運びで舞い踊る。とても見応えがあった。

 「日本の伝統芸能」という番組でも伶楽舎の雅楽の演奏があるというので見たのだが、残念ながら非常に短いバージョンの「越天楽」だった。確かにあの曲は長いが…短いバージョンにもいくつかやり方があって、今回は短すぎた。始まりから終わりまでの速度感に関して収まりが悪く、消化不良な感じがした。

 能楽では、喜多流の「小鍛治」の放映があった。名工宗近が、勅使から刀を打つことを命じられるが、それにふさわしい合いの手(鋼を一緒に打つ相手)がいない。そこで稲荷大明神に参ると、不思議な童子が現れて、いずれ手助けに現れると言って去る。そこで中入り。
 後シテは稲荷明神で、今回は白頭という白い衣装の演出だった。宗近と稲荷明神が力を合わせて刀を打って勅使に渡し、明神は去って行く…という話しだったが、なんとなくキリが私が記憶していたものと違う。
 動画を見ると、観世流のキリの仕舞があって、ああこれだと思った。やはり能で演じるのと仕舞では大きな違いがある。小鍛治のキリ、この格好良さが好きだった。

枕草子を聴く2022/05/28 22:28

 本題に入る前に、まずは F1 ―― いよいよ、モナコである。ルクレール!勝てよ!絶対勝てよ!!
 打倒フェルスタッペンとして、どうしてもルクレールには勝ってほしい。彼はちょっと運のないところがある。チャンピオンには強運も必要なのだ。その強運を自分で引き寄せて欲しい。
 私の贔屓たちの動向は…まず、ボッタス。絶好調。この移籍は大正解だった。ルイスは去年の最終戦に受けた心の傷が癒えていない気がする。どうか折れずに粘って欲しい。リカルドはどうしちゃったかな…あの笑顔もドッカン・ブレーキ・ぶち抜きもすっかりご無沙汰だ。
 ノリスが、体調不良をおしてスペインで出走したのには、ハラハラさせられた。それでも上位入賞するのだから、やはり彼が次世代のエース候補ではないだろうか。頑張れ。
 やたらと話題を振りまく、ベッテル君。マシンの調子は良くないが、マイアミでは入賞圏内を走っていた ―― ところにミックがぶつかる。おいおい、それ、去年キミがやらかしたのと一緒じゃん!どうしてセブが大事にしている人がちゃんとミラー見てないかねぇ。しかもセブは「ふたりとも馬鹿だった」とか言って、ミックを庇うから親馬鹿認定されてるし。そういう所も好きだけどね。極めつけは、スペインでひったくり犯をスクーターで追いかけたというとんでもない話。やめて!面白いけど、やめて!危ないじゃない!セブが強盗に何かされたら、本当に耐えられない!キミ、ちゃんと叱っておいてください。あ、そういえば、去年までキミのフィジオだったマークだっけ?彼は今年からセブについたそうだ。仲良きことは良いことかな。
 セブが今年で引退するんじゃないかとか、またヒソヒソ言う人がいるけど(毎年のことだ)、私が思うに今年のセブはそれほど悪くない。むしろ、マクラーレンがリカルドに見切りをつけた場合、セブを呼び寄せる可能性もなくない。若いランドーがエースで、セブがコーチ&サポート役。ありだなぁ…もしそうなったら、私とってはフェラーリ時代に次ぐ、超ドリーム・チームだわ。

 前置きが長くなった。F1 についてはもっと早くコメントする予定だったが、今週はひどく忙しく、連日夜の11時、12時まで働いていたので、ブログをアップできなかったのだ。もっとも、ここまで凄いのはめったにないし、どうせ自宅だし、給料はちゃんと出るから、苦痛ではない。

 忙しさの中の一瞬を突いて、伶楽舎の雅楽コンサートに行った。題して「枕草子を聴く」これは面白いテーマだ。
 COVID-19 以来、伶楽舎の演奏会には行けなかったので、今回はとても久しぶり。四谷区民ホールが改修中のため、今回は中野ZERO 小ホール。うーん、大ホールは音響が良いと評判らしいけど…いかんせん、古い。ぼろい。演奏会に来たときの特別感がないんだよな … 早く四谷に戻って欲しいというのが本音。

 さて、清少納言は美しいもの、イケてるもの、素敵なもの、イマイチなもの、様々な物を自分の感性で書き記している。その中に、雅楽にまつわる記述もいくらかあり、まず楽器そのものについてコメントしている。
 彼女は横笛(龍笛など)がお気に入りだった。これは彼女特有というわけではなく、今も昔も、横笛というのはなぜか魅力的なのだと思う。私が小学生から中学時代にフルートを、大学から社会人時代に龍笛を吹いていたのも、そういう横笛マジックにかかってのことだ。
 演奏は、芝先生が復曲した「獅子乱声」を会場を歩き回りながら演奏するという、面白い指向。枕草子でも、遠くで聞こえたり、近くで聞こえたりするのが良いと言っている。
 笙はなにか面倒そうで、不思議な楽器だと言っている。これは鋭い。笙というのは複雑な構造で、メンテナンスにも手が掛かる。その割にか弱い音がするし、演奏者の顔は見えない。それでいて、雅楽最大の音色的特徴を担当しているのだ。こちらも芝先生の復曲で「狛犬乱声」で単数,複数の笙の音色を堪能できた。
 篳篥は、枕草子ではとにかくうるさいと言われている。急に凄い音を出して、びっくりさせられる。悪い意味ではなく、その「びっくりする感じ」は分かる。龍笛と笙が神秘的な空気を作ったところに、猛烈な勢いで飛び込んでくる篳篥のパワフルな音は、これまた雅楽には欠かせないし、同時に弦や打楽器も一斉に飛び込んでくるのだから、その力強さも当然だろう。曲は黄鐘調調子。
 箏の調弦の違いと、「想夫恋」のことが枕草子で言及されているため、演奏されたので、これを管弦で演奏することになった。
 雅楽には歌もあるが、その一つである東遊をやってくれてのも良かった。途中で和琴の柱が倒れてびっくりしたが、よくあることのようだ。

 後半は舞楽。枕草子で言及されてる、「抜頭」と、めずらしい二人舞の「納曽利」。うーん、今回はどうかな…どちらもちょっといまいち。特に「納曽利」での二人の舞人の息が合っていないような感じがして、改善の余地あり。
 私はどうも、芝先生の文化勲章叙勲祝いで上演された「瑞花苑」があまりにも良すぎて、あれを越える舞楽があるだろうかという価値判断になってしまっている。舞楽といえば、まずお薦めなのは「陵王」なのだろうが、私は同時に「瑞花苑」をもっとたくさん上演して、入門演目に加えるといいと思う。ご検討いただきたい。

雅楽の番組2021/10/15 22:40

 今日は珍しく、NHK が雅楽に時間を割いた。主に宮内庁楽部の演奏活動である。
 そもそも、NHKの邦楽関連の放送は、近世邦楽に偏っていると思う。確かに一番盛んだろうし、人気もあるのだろうが。能楽なんてもっとやって良いと思うし、雅楽に至ってはほとんど皆無なのだ。
 そんなわけで、「雅楽とは何か」から話が始まった。皇居楽部の舞台から、巨大な火焔太鼓 ―― やはりあの巨大な太鼓の音は、あの現場に行かないと体感できない。そういえば、楽部が春秋に行う一般公開は去年、今年はどうしているのだろう?
 私が楽部の演奏会にもっとも頻繁に行ったのは学生時代で、よくカーテンの向こう側に潜り込んで、先生たちの練習室を覗いたりした物だ。当時は先生方の間で卓球がはやっていたので、部屋の片隅に卓球台があるのには笑った。

 番組では、雅楽の装束の煌びやかさにも言及している。これは良い点だと思う。ただ、装束の話になれば、舞楽には右方と左方があることくらいは、説明しても良かったような気がする。
 それから、楽士さんと研修生の稽古の様子。陵王の練習といっても、当曲ではなくて、陵王乱序(入場の曲・舞)の練習だった。あれを見ると、音大時代に陵王一具をやったことを思い出す。私は龍笛の主管だったので、仕事も多かったが、今思えば恐れ知らずの気楽な時代だった。
 芝先生、宮田先生をはじめとする先生方と、脳天気な学生たちのただただ楽しい挑戦。屈託がなくて、純粋に楽しんでいたのだから、音楽において重要な一要素を実現していたと思う。

 こういう雅楽紹介の話になると、舞楽として披露されるのは、だいたい「陵王」だ。たしかにそれに値する名曲である。
 しかし、私の中で舞楽ナンバーワンは、近年「陵王」ではなくなっている。芝先生が作った、「瑞花苑」があまりにも素晴らしく、あれが一番お気に入りなのだ。
 伶楽舎が再演してくれることを願っているし、他の雅楽団体もどんどんやればいいのにと思う。確かに芝先生の曲・舞楽だけど、名作はみんなの名作であるべきだ。

 年末にかけて、伶楽舎の演奏会も計画されている。ここ一年半、演奏会に行くこともままならなかったが、私もそろそろ演奏会を楽しむことが出来るのだろうか。自分のピアノやティン・ホイッスルのレッスンも再開しつつある。
 籠もる生活もそれなりに好きだが、音楽と共に外に出る生活も楽しい。焦りは禁物だが、そういう日常が戻ることを願ってやまない ―― そんなことを思う雅楽の時間だった。

さよなら Moto2021/05/09 20:07

 連休中に、本と CD の整理をした。俗に言う断捨離だが、別に部屋が散らかっているわけではない。数をいくらか減らさないと、新たに購入した分を収納できないので、不要,聞かない CD は売却することにしたのだ。
 そして、とうとう全ての邦楽を処分するに至った。

 以前、時々洋楽に混じって邦楽を聴くことがあったが、最近はすっかり聴かなくなった。本当に自分は洋楽好きなんだなぁと実感する。
 そんな中でも、最後まで残っていた邦楽が、佐野元春だった。

 佐野元春を知ったのは、たぶん中学生の頃だったと思う。ビートルズに出会った後だろう。兄が佐野元春を聴いていた。代表曲の "Someday" は既に「永遠の名作」と呼ばれていた。中学生にとって、"Someday" は心に刺さらずにはいられない曲だろう。
 高校生のころ、お金をためてシングル集を購入して、聴き倒していた。
 やがてもっと自由に CD が買えるようになると、欲しい洋楽に混ざって、佐野元春のアルバムも集めていった。
 初期の名作アルバム群も良いし、90年代の [Sweet 16] や、[Barn] なども好きだった。

 しかし、2004年、[The Sun] が発表されたとき、佐野元春と私の分かれ道がやってきた。このアルバムは、発表されると同時に購入したのだが、聴いてみると、失望感が広がった。
 そこには、私の好きな佐野元春がいなかった。これは違う ―― 私の心が彼から離れた瞬間だった。あの悲しいような、空しいような体験は、忘れられない失望感として覚えている。
 そのときから、私と佐野元春の音楽は離れていった。かつて感動した数々の音楽がなんとなく空々しく思えるようになった。
 iPod のアルバム・シャッフルをして、偶然、佐野元春のアルバムになったときも、最初は懐かしく聴き始めるのだが、すぐに飛ばしてしまうようになった。
 [The Sun] というアルバム一枚が、私には合わなかっただけなのに。どうしてこうなってしまったのだろう。そう思いつつも、名曲揃いの大量の洋楽に押し流されて、私の心が佐野元春のところに戻ることはなかった。新譜も、ふっつり買わなくなってしまった。

 そして今年の春。
 私は佐野元春のアルバムを、全て処分することにした。どこかで、心の痛みや、後ろめたさを感じていたような気がする。でも、手元に残しておこうという、強い理由もなかった。
 なんとなく、また聴きたくなったら、買い直せば良いと思っている。
 こうして、本と CD 併せて90点は、6,650円の現金となり、収納スペースが増えた。たぶん、これで良かったのだと思う。

 さよなら、Moto ―― さよなら、中学生だった私。さよなら、確実に、ある時期ファンだった佐野元春。また、いつか。会う日が来るなら、その日まで ――

Quijada / Vibraslap2021/04/11 20:06

 ラテンアメリカの打楽器に、キハーダというものがある。
 馬やロバの下顎の骨を用いたもので、歯肉がなくなった分、顎の骨と、歯の間に隙間が出来て、そのため叩くとそれらが細かくぶつかって、独特な音がする。



 しかし、大量生産に向いていない上に、壊れやすい。私は昔、テレビで斉藤ノヴ(当時はたしか「斉藤ノブ」だったような気がする)が、キハーダの現物を叩いたと同時に、壊れたのを見たことがある。

 キハーダの代替品として開発されたのが、ヴィブラスラップである。
 日本では、なぜか時代劇の効果音で多用され、そして一番有名なのは、「与作」だろう。開始17秒、右奥のボンゴを前にして立っている、パーカッショニストさんと、その音に注目。



 デーモン閣下は、拍子木と一緒に、もっと分かりやすくやってくれる。



 最近、自分の好きなロックをランダムに聴く機会があった。ある曲で、ヴィブラスラップの音がするなぁと、何となく分かった。しかし、ちょうど取り込んでいたので、それが誰のどの曲だったのか、すっかり分からなくなってしまって、気持ちが悪い。たしか、ストーンズだったと思うのだが、結局わからない…
 あれこれググっていたら、エアロスミスの "Sweet Emotion" で、ヴィブラスラップが使われていた。言われてみれば、確かにそうだ。
 こちらの動画の冒頭では、スティーヴン自ら、「ヴァイブラ」スラップの使用を解説してくれる。ついでに壊れた時の音も入っているとか。



 なかなか効果的な使われ方なので、エアロスミスのコピーバンドの方は、ぜひともヴィブラスラップも取り入れて欲しい。

雅楽ライブ配信公演2020/11/27 23:46

 伶楽舎が、11月17日に、ライブ配信公演を行った。音楽ホールから生で YouTube に動画を配信した、この演奏会。ライブで見られなくても、五日後までは視聴することが出来た。
 私はライブ当日、都合が悪くて、オンタイムで見られなかったので、後追いで試聴しようとしたのだが ―― 
 残念ならがら、10分で演奏の鑑賞を止めてしまったため、多くの感想は述べられない。

 演奏が始まる前、プログラムの内容を画面に出してくれたのは親切で良かったが、バックに流れるピアノのやすっぽいムード音楽が良くなかった。雅楽の演奏会に臨む雰囲気が削がれるので、ほかのものにしてほしかった。
 しかし、問題はこれではなかった。

 ホールからの中継が始まるなり、なんと、ものすごい音量の空調音 ―― ゴバァーッ!という音が鳴り響いたのだ。パソコンのスピーカーの音質は当てにしていなかったので、ヘッドホンを使ったのだが、この轟音で、もう雅楽を聴く気が失せた。
 これまで意識してこなかったが、音楽と静寂は、不離のものなのだ。特に雅楽のように繊細な音色を特色としていると、なおさら静寂の重要性が高まる。とんでもない空調音を聞かされるのには、我慢が出来なまった。

 雅楽の演奏が始まってみると、空調音の向こうで笙が鳴るのだが、まったく響きの豊かさを感じることが出来ない。音の厚みが全くないのだ。
 さらに、篳篥と龍笛が入ると、高音域が振り切れてしまい、音が割れる。まったく話にならなかった。

 そのようなわけで、好きな音楽で苛立たしい思いをするのは、まっぴらごめんなので、10分で諦めた。

 曲目が、芝祐靖先生の作品群だったので、ものすごく残念。ただ、カメラワークは面白かった。まともな音で聴きたかった。
 雅楽は生で聴くに限ると、思った今回のネット配信だった。

Koto2020/04/21 19:53

 マイク・キャンベルは、自分が持っている楽器を引っ張り出しては、フェイスブックで色々な動画を公表している。
 お琴まで出てきた。普通は弦(糸)を束ねたところを丸くきれいにまとめるのだが、そこまではできないらしく、かなりぐちゃぐちゃ。



 日本の「こと」と言われる楽器には「琴」と「箏」の字があって、厳密には使い分けられるそうだ。
 私はこの楽器に詳しくないので、とりあえず「お琴」ということにしておく。
 音大時代、「日本音楽研究会」なる大雑把な名前の同好会があって、彼らはお琴を合奏していた。軍手をはめての特訓を見て、優美な外見のわりに、けっこう悲壮なんだなと思っていた。

 トム・ペティ曰く、マイクは弦楽器なら何でも弾ける(フィドル以外)。ヘンテコな楽器も色々持っていて、ある日はお琴を持ってきたというのだ。
 そのサウンドが堪能できるのが、TP&HBの楽曲の中でも異色のサウンドで有名な "It'll All Work Out"。トレモロ(ちゃんとした日本語の奏法名があるのだろうが、知らない)が効いた、印象的なイントロから始まる。マイクはけっこうお琴を研究して演奏に臨んでいるようだ。



 さて、同じくお琴を使っているということになっているのが、ザ・ローリング・ストーンズの "Take It, or Leave It" なのだが…



 Wikipedia などを見ると、ブライアン・ジョーンズがお琴を弾いているというのだが、どうしても聞こえない。BoseのプレイヤーにBoseのヘッドホンを入れて、大音響で聴いても分からない。かすかにハープシコードは聞こえるのだが、お琴だと自信を持って言える音がつかめない。
 これはちょっとした謎だ。

The Inner Light Challenge (その2)2020/04/09 19:05

 "The Inner Light" のいろいろな楽器の演奏を見てみる。
 原曲がインド風のエキゾチックな曲なので(「ラーガ・ロック」という言葉もある)、特徴のある楽器の活躍が面白い。

 まず、ハーディ・ガーディと、謎の三孔木管。
 この人、ハーディ・ガーディをメインにしてタイトルをつけているのだが、むしろイントロの木管の方が凄いと思う。三孔だけであれだけの音程を出せるのだから、かなりの習熟度だ。



 お次は、日本代表、笙。雅楽で用いる楽器だ。
 実はこれ、私がけしかけた。笙は "The Inner Light" との相性が良いに違いないと思ってのことだが、その通りだった。




 最後は、打楽器代表、ミック・フリートウッド。どうするのかと思ったら、トーキング・ドラム(?)を鳴らしまくりながら、語る、語る!
 だがしかし、私の目を引いたのは、フリートウッドのパフォーマンスそのものではなく、スクリーンの左側に置かれた謎の楽器だ…



 そっ、それは…!マイク・キャンベルが鳴らしていた、謎の四弦楽器ではないか!
 これは一体何なんだ?フリートウッドマックの中だけで流行しているのか?すごく謎だ。

盤渉参軍 全曲演奏会2020/01/09 22:14

 1月6日、四谷区民ホールで、伶楽舎の雅楽演奏会が開かれ、芝祐靖先生が復曲した、「盤渉参軍(ばんしきさんぐん)」の全曲が演奏された。
 午後の部と夜の部、あわせておよそ六時間かかったという、大演奏会だった。
 私は仕事があったので、夜の部のみ鑑賞。午後と夜両方は、演奏する方はもちろん、聴く方も大変だっただろう。

 「盤渉参軍」は、十世紀に源博雅(通称、博雅三位 はくがのさんみ)が編纂した笛譜に記されている楽曲で、その演奏は絶えていたが、芝先生が譜面から復曲し、序だけで十三帖、破が十帖。さらに芝先生が作曲した急(参軍頌)という構成になっている。
 繰り返すようだが、六時間近くかかったたという大曲だ。これは、やりもやったりという感じで、伶楽舎の快挙と言えるだろう。
 私は現代雅楽音楽というものが苦手で、古典と復曲ものが好きだ。だから今回の演奏会は大満足で、まさに雅楽を浴びるように聞き、浸ったというに近い。

 さて。
 演奏会の翌日は、偶然、音大時代のクラス会だった。クラス会と言っても、小さな学科だったので、少人数の集まりで、ほとんどが芝先生や、宮田まゆみ先生にお世話になった連中ばかりである。

 当然、前日の演奏会の話になった。
 あれはもう、やった、というだけで意義があるよね、という意見で一致。
 集まった同級生の中には、伶楽舎のメンバーがいるので、ついでに私は訊いてみた。どうも幕の降りるタイミングが早かったような気がする。観客が拍手喝采しようとするタイミングを逸するほど、幕が早く降りるのだ。あれはどういう訳か。
 明確な答えがあった。
 楽員の足腰が痛いのだという。
 みんな、一刻も早く胡坐を解いて、足腰を伸ばしたい。痛くてたまらない。だからできるだけ早く幕を下ろすよう、仕掛けているのだという。これには大笑いした。

 話できくだけなら笑えるが、実のところ長時間、固い床の上で胡坐をかいたまま、微動だにせずに演奏しなければならないというのは、きつい仕事だ。
 私が雅楽を音大でやっていたときは、授業せいぜい90分ぐらい。若かったからそれほど苦痛ではなかったのだが ―― 楽員である友人は、最近あまりにも足腰が痛むので、これからの演奏活動も考えて整体に行っているという。
 演出によっては、演奏後、幕が上がったまま、しずしずと立ち上がって、退場しなければならず、これがまた辛いのだそうだ。そういえば、能をやっていたころ、「清経」のような長い素謡を終えたとき、何事も無かったように立ち上がるのが、結構な真剣勝負だったことを思い出す。

 今回の演奏会は、はからずも芝先生の追悼演奏会になってしまったのが、寂しい。それと同時に、芝先生を共通の思い出とする仲間とのひとときが、最高に楽しい。
 五月には、また伶楽舎の雅楽演奏会で芝先生の曲が演奏される。今から楽しみだ。