Southern Cross2017/03/28 21:29

 いよいよ、F1 グランプリが始まった。
 今年もオーストラリアが開幕戦。フェラーリのベッテルの勝利に大喜びしている。
 一方で、いつもニコニコ、F1レーサーにしては「いいやつ」のリカルドは、地元グランプリではいつも不運がつきまとう。スタンドに押しかけたリカルド・ファンたちの持つオーストラリア国旗が哀しげだ。

 オーストラリア国旗をみるにつけ、南十字座のことを想い出した。
 南十字座、通称 Southern Cross だが、星座としての英語の正式名称は Crux だそうだ。

 シンガポールに行くに当たって、一つだけ楽しみだったことがある。
 南十字座を見ることが出来るかも知れないということである。

 午後8時、空がすっかり夜の闇になったとき、南の空を見る機会が一回だけあった。
 天上にオリオン座が輝いているのには、感動してしまった。首都圏にいると、南の斜め45度ほどに見える冬のダイヤモンドの数々が、天上にあるのだ。本当に低緯度の土地に来たのだという実感が湧いた。
 肝心の南十字座だが、こちらは見られなかった。シンガポールにおける南十字座が見える季節は3月から始まるが、23時以降にならないと、水平線から昇ってこないのだ。南国とはいえ、やはり北半球なのだ。
 南の夜空は寂しいと、知識で知っていた。実際の星空は、たしかに寂しかった。シンガポールは街灯りのせいもあって、星が見づらい。真っ暗な水平線のむこうに、未だ見ぬ南十字があると思うだけでも、満ち足りた気持ちだった。

 ザ・バンドの7枚目のアルバム [Northern Lights - Southern Cross] の邦題が、「南十字星」であることは、今日はじめて知った。
 「南十字星」という呼び方はやや古い。「星」と言ってしまうと、北極星のような一つの星のように解されかねず、最近ではあまり使われないのではないだろうか。

 アメリカでは、ハワイとフロリダの南端からなら、南十字座が見えるのだそうだ。

Sweet Caroline / Amigos para siempre2017/03/23 23:01

 仕事でシンガポールに来ている。
 会議で缶詰にされており、シンガポールの有名な町の様子は全く見ていない。あまり興味もないのだが、ただ F1 のコースになっているところはちょっと見たかった。

 私の勤務先は外資系(アメリカ)の製造業。外資系の会社のパーティというと、お洒落なカクテル・パーティだの、細長いシャンパングラスを想像するかもしれないが、わが社はそうではない。
 ものすごい大宴会で、80人余りが飲めや、歌えや、踊れやの大騒ぎ。カラオケあり、コスプレあり、日本企業の忘年会どころではない騒ぎなのだ。私自身も、想像していた「外資系」とは全く違うのである。

 アメリカ人重役たちが披露したのが、こちら。ニール・ダイヤモンドの "Sweet Caroline"



 彼らにニール・ダイヤモンドのファンなのかと尋ねたら、特にそういうわけではないとのこと。ただ、非常に有名で、盛り上がり、感動的な曲なので、選んだそうだ。トム・ペティが好きだという話をしたら、ひとしきり盛り上がるのは、アメリカ人と同席したときのお約束。

 パーティの最後は、スペイン人が、ロス・モノロスの "Amigos para siempre" を熱唱した。「ずっと友達」という意味だといっていたような気がする。全員踊りまくっていたので、良く覚えていない。



 さて、私は何をしたのか。
 パーティのオープニングを飾る重責をソロで担い、ティン・ホイッスルでダンス・セットを披露し、大喝采を浴びたまでは良かった。演奏の出来はともかく。
 しかし、ジャパン・ティームとして、なぜ、ピコ太郎の衣装を着て、「スキヤキ・ソング」歌うはめになったのかは、良く分からない。

天辰保文さん2017/03/18 21:43

 私が初めて天辰保文さんの文章を読んだのは、ジョージのソロ・アルバムだった。
どのアルバムだったのかうろ覚えで、CDケースを片っ端から開いてやっと分かった。[33 & 1/3]。 1991年の文章とのことだが、私が購入したのは、市場に出まわっている最後の方の盤だろう。

 その1991年の文章は、とても印象深かった。というより、当時周りに同じ音楽が好きな仲間がいないなか、天辰さんだけは、自分を理解してくれていると感じた文章だった。ちょっと長いが、引用してみる。

   もともと、ぼくは、ビートルズ時代から、4人の中では、いちばんの贔屓で、何処となく、甘い翳りがあって、独特のムードを放っていた彼が大好きだった。中学、高校の頃だから、これと言ってしっかりした理由があるわけではかったが、彼の作品はビートルズであると同時に、ちょっぴりそこから逸脱していて、ジョージというひとりの個性を備えていた。股を開いてギターを弾く恰好も、悪くなかった。
 たとえば、ジョンが、ありとあらゆる意味で、歌をメッセージにまで高め、人間の弱さを露呈したものでさえも、そこに示唆的な意味が見出せたのに対して、何処となくだらしなさそうで、ジョージはむしろ、共感を覚えさせてくれるようなところがあった。と言って、ポールほど俗っぽくもない。彼の歌には、聴き手と、痛みを共有するようなデリケートなところがあった。そういうジョージをして、ぼくの周囲の女の子たちは、「年をとるととてつもなくいい男になるか、あるいはまったく駄目になるか、どちらかよ」などと、煙草をくゆらせながら、意味深げに喋るのであった。彼には、そういった大人びた女の子のファンが多かった。ロック好きな少年が次第に、大人の領域に足を踏み込み、人生の苦い味や切ない味、奥行きの深さや神秘と言った類いのものに触れていく。そして、新しい世界を少しづつ体験していく。彼のアルバムとの出逢いは、ぼくにとって、いつもそういうものだった。


 私は煙草をくゆらせながら、意味深げに喋りはしないが、「そう、まさにそれ!」と言わずにはいられなかった。
 ジョージを好きなる女の子と男子たちの、ごく微妙で密やかな愛情の機微を、うまく表現したのが、この解説文だった。ジョージの独特のムードを、「甘い翳り」と表現したのは絶妙である。

 学生時代、ビートルズ・ファンの仲間はいた。しかし、ジョージのファンとなるといない。そういう時に、天辰さんの文章は、ここに私を理解してくれる人がいると、心強く思わせたのだ。
 そういう意味では、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの解説文は、さらにもっと心強かった。私が買った彼らのアルバムの最初は、たしか [Greatest Hits]だった 。その解説を書いたのも天辰さん。
 最後のところで、TP&HBというバンドの存在について表現した文章は、何度も何度も読み返した。

 腕を振り上げたり、仰々しく叫んだりするようなことは一切ないけれど、ロックン・ロールが備えているダイナミクスと、と同時にデリケートな側面を見事に照らしだしながら、ロックン・ロールがいつの時代においてもしたたかに生命力を宿した音楽であることを実感させてくれる。ひょっとすると彼ら以上に歴史に名を残すグループは沢山あるけもしれないけれど、そういった栄光や業績と呼ばれる類いを抱え込みすぎることなく、時代が強要する贅肉など一切身に着けずに、ロックン・ロールの核心に触れようとするときにはいつもこのグループのことが想い出されるような、そういう気がする。

 トム・ペティがこだわる「ロックン・ロール」という言い方が繰り返されているのが、まず良い。「ダイナミズムと、デリケートな側面」、これこそTP&HBの魅力を凝縮した言葉だ。そして、バンドとしての潔さを「時代が強要する贅肉など一切身に着けずに、ロックン・ロールの核心に触れようとする」と表現する。
 TP&HBを好きになったばかりのころ、さすがに仲間はいなかった。(音大なので、「知っている」人はいた)そういう時に触れたこの天辰さんのこの解説文によって、私は一人ではない、完全な孤独ではなく、素晴らしき音楽を理解してくれる人は、この世に確実に存在するのだという確信を得たものだ。

 天辰さんの文章ということで、もうひとつ。これはおまけ。
 ロジャー・マッグインの [Back from Rio] は、吉祥寺のディスク・ユニオンにて600円くらいで購入したと思う。その一節。

 こうやって、この1,2年のロジャー・マッギンの動きを眺めていると、この新作『バック・フロム・リオ』は、出てくるべくして出てきたと言った感じのアルバムだ。彼のカムバックを呪うように、トム・ペティが、ザ・ハートブレイカーズの面々を率いて協力

 「祝う」のまちがいだろう。可愛い誤植。

ジョージの紙ジャケがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!2017/03/10 22:15

 お待ちかね、ジョージの紙ジャケットが届いた。[All Things Must Pass] から、[Brainwashed] までのソロアルバム、11タイトル。私は苦行をする趣味はないので、[ATMP] の前二つのインスト・アルバムは買わない。必要なし。

 ジョージてんこもり!



 買い込んでおいて言うのもなんだが、私はジャケットや箱をためつすがめつ、愛でるという習慣がない。要は音楽が記録された盤さえあれば良い。それじゃぁ、紙ジャケを買った意味が無いが…
 でも、帯は面白い。たぶん、これは最初にアルバムが世に出たときと同じなのだろう。売り文句が時代を反映しているようで面白い。

All Things Must Pass
 ロック界に不滅の金字塔

Living in the Material World
 (なぜか売り文句は無し。かわりにジョージの写真)

Dark Horse
 エリック・クラプトン、アルヴィン・リー、リンゴ・スター、ビリー・プレストン、トム・スコット、ウィリー・ウィークス、ニッキー・ホプキンス他の超強力陣を配した、ジョージの鮮やかなロック・セッション!!含蓄のある詞に絡みつくジョージ独特の滑らかサウンドはまさに孤高の境地か!!

ジョージ・ハリスン帝国
 (参加ミュージシャンの名前を連ねただけ。それにしても凄い邦題だ)

33 & 1/3
 約一年の歳月を費やし遂に築きあげたジョージ・ハリスンの新しき境地。ダーク・ホース・レーベル、移籍第1弾!!自分の音楽を求め続け、孤高の人生を歩むジョージに、さらに新しい世界が開かれた。

慈愛の輝き
 二年以上の空白を吹き飛ばす夢の共演!!親友エリック・クラプトン、スティーヴィー・ウィンウッド等を迎え ジョージ・ハリスンが作りあげた待望のニュー・アルバム!!

想いは果てなく-母なるイングランド-
 ジョージ・ハリスンの愛が、優しさが世界を包み込む!!ジョン・レノンを歌った超話題曲、「過ぎ去りし日々」を含む待望のニュー・アルバム!!

Gone Troppo
 ★輝く太陽の下、爽やかな風がジョージの愛を運ぶ!!ロマンの香り漂うニュー・サウンドにジョージの新しい魅力を発見する改心の意欲作!!

Cloud Nine
 ジョージ・ハリスン、5年振りの凱旋。「ゴーン・トロッポ」('82年)発表後の長い沈黙を破って、全世界待望のジョージの傑作ニュー・アルバム、遂に完成!エリック・クラプトン、エルトン・ジョン、リンゴ・スター他、豪華ゲスト・スターが夢の協演!!

Live in Japan
 '91年12月、日本列島を熱狂と感動の嵐が駆け抜けた ジョージ・ハリスンの25年ぶりの来日、17年ぶりのコンサート・ツアー、そして、親友エリック・クラプトンとともに…あの感動、興奮のステージを収録した待望のライヴ・アルバム

Brainwashed
 悠久の輝きを放つ崇高な魂の旋律 ―。1999年から亡くなる直前まで3年の歳月をかけ制作されたジョージ・ハリスン最後のオリジナル・アルバム。静かな魂の慟哭がスピリチュアルで無限の優しさに包まれた感動の傑作。

 なに言ってんだか分かりません状態の物も多数。[Brainwashed] なんて、静かな魂の慟哭がなぁんだってぇ?![Gone Troppo] に至っては、最初に★なんぞつけて、ふざけているとしか思えない。
 あと、「親友エリック・クラプトン」でて来すぎ。[Live in Japan] はテレビ欄のストーリー紹介みたい。
 はじめは「約一年を費やし」とか言っていたのが、「二年以上の空白」、「5年ぶりの凱旋」となる過程も興味深い。

 帯も再現したのなら、中身の日本語解説も当時のものが欲しかった。今回のリイシューのために、天辰さんの新しい文章が読めるのは嬉しいが…
 天辰さんの文章で思い出したことがある。長くなるので、また次回。

Mike Campbell for "Jumpin' Jack Flash"2017/03/05 19:53

 昨日は、お世話になっている日本のトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ・ファン・コミュニティ,Heatbreakers Japan Party のオフライン・ミーティングだった。年に3回のペース、今回で記念の60回目となった。
 これほど長く、コンスタントに活動を続けている洋楽ファン・コミュニティがあるだろうか。本当に凄い事だと思う。

 TP&HBのファン同士で楽しく交流したり、情報を交換したり、TP&HB以外の音楽でも大いに盛り上がったり。
 知らなかった映像や、音源の情報を得るのも、貴重な体験だ。昨日、そういう新発見で一番良かったのが、これ。
 2013年5月23日に開催された、ザ・ローリング・ストーンズのトリビュート・ライブ,[Stones Fest] での "Jumpin' Jack Flash" にマイク・キャンベルが登場したのだ。ステージ上でも貫禄とオーラが全然違う。



 聞こえるエレキは主にマイクの音。凄まじく格好良い。そもそも、ストーンズの曲ということで、とっくに格好良いのに、ストーンズにも負けない世界最高のロック・バンドのギタリストである。イカしてないはずがない。

 "Jumpin' Jack Flash" の著名なカバーと言えば、アレサ・フランクリンが有名だが、ちょっとソウル風に上手すぎる。ロックの良さの中には、ある種の「拙さ」があると思う。アレサは上手すぎて、私が "Jampin' Jack Flash" に求める方向とはちょっと違う。
 やはり、[Concert for Bangla Desh] でのレオン・ラッセルが最高だろう。

 TP&HBには、1997年フィルモアにおける、"Time is on my side" と "Satisfaction" という伝説のストーン・カバーがある。"Jumpin' Jack Flash" もぜひともTP&HBで披露して欲しいものだ。

All Things Must Pass2017/02/26 19:40

 CRTジョージ祭りで、本秀康さんがお勧めしていたドキュメンタリー映画が、「オール・シングス・マスト・パス」。タワーレコーズの誕生と隆盛、そしてその終焉までを追っている。



 監督はコリン・ハンクス。名前でピンと来るが、トム・ハンクスの息子だそうだ。
 インタビューに登場するのは、タワーの創始者であるラス・ソロモンをはじめとする、草創期のスタッフたち。彼らが、タワーレコーズがいかに発展していったのかを楽しげに語る。そして、ブルース・スプリングスティーンや、エルトン・ジョン、デイヴ・グロールなどが、巨大レコード店で膨大な在庫に目を輝かせた想い出を懐かしむ。デイヴ・グロールという人は、この手のドキュメンタリーには必ず登場する。
 タワーの隆盛は、まさに60年代から始まったポップミュージックの爆発的な発展と、歩みを共にしていた。そしてその雰囲気も、自由ではちゃめちゃ。服装も髪型も自由だし、アルコールやドラッグ、パーティの日々も謳歌していた。それでも誰もが音楽を愛し、その知識も豊富で、若者たちと情報を交換していた。
 あぶなっかしいが、とりあえずは絶好調で、アメリカ西海岸を足がかりに、まずは日本、さらにアメリカ東海岸、ヨーロッパ、南米へと店舗を広げる。
 80年代のCDの登場は、さらなる業界の発展を予感させたが、それは終わりの始まりだった。音楽のデジタル化は、ディスクというものを介さない、インターネット上の音楽の拡散となり、それがタワーレコーズの店舗を維持することを不可能にしたのは、周知のとおり。もっとも、それだけが原因ではないかも知れないが。

 勢いのある頃を語る人々が、やがて会社の解体となると、人を非難しがじめるのが、辛い。何事にも、そういう時期はある。このドキュメンタリーは、まだタワーの終焉の傷が癒えないうちに作られたことが分かる。
 アメリカのタワーが消滅し、悲しみだけが残る中、日本ではタワーの看板が輝いている。その不思議さにも思うところがある。もっとも、日本のタワーがこれからどうなるかは、私にも分からない。

 音楽は、ディスクという「盤」を完全に必要としなくなるのだろうか。音楽を愛する人は、「物」を集めたがるはずだという考えは、個人的には賛成だ。確かに、かつてほど多くの人がディスクを必要とはしていないし、その商業が衰えるのは仕方が無いことだろう。
 しかし、かつてエジソンがレコードを発明したとき、演奏を生業とする人が職を失うことを心配しつつも、100年以上経過した今でも、「演奏家」は存在する。映画が登場しても舞台芸術は滅びていないし、テレビが普及しても、映画は滅びていない。
 確かに、インターネット普及前ほどの爆発的な利益は得ないかも知れない。音楽にお金を払わずに楽しむ人も多いかも知れない。しかし、音楽にお金をかけたい人も、必ずいると私は信じている。
 音楽が好きな人なら ― ディスクを買う人も、買わない人も ― 一度見てみて欲しい作品だ。

 さて、タイトルでも分かるとおり、このドキュメンタリー作品は、ジョージ・ハリスンファンには必見の作品でもある。アルバム [All Things Must Pass]や[Cloud Nine] が良いところで登場するし、楽曲 [All Things Must Pass]の使われ方など、最高で、かなり涙腺に来る。
 エンディングクレジットの Special Thanks の冒頭に、オリヴィア・ハリスンの名前がある。映画のタイトルを拝借する許可をもらったのだろう。

 All Things Must Pass
 万物は変わりゆく。すべては移りゆく。それでも、音楽と、音楽を愛する人々は存在し続けるに違いない。

CRT & レココレ ジョージ・ハリスン誕生祭2017/02/21 17:55

 年に一度のお楽しみ、レココレ・プレゼンツ CRT ジョージ・ハリスン祭りが開催され、例年のとおり参加した。

 今回の話題の中心は、2月24日に迫った"THE VINYL COLLECTION"の発売。ジョージのオリジナル・アルバムと、日本公演のLPレコードセットの発売だ。



 ジョージ大好き、本秀康さんが会場に集ったジョージファンたちに、「レコードボックス買う人!」と訪ねたところ、まさかのゼロ!なんと誰も予約もしていないし、買う人も居なかったのだ。ショックを隠せない本さん。
 さらに追い打ちを掛けることに、日本限定CD紙ジャケを購入予定なのは、二人だけだったのだ。ちなみに、そのうちの一人が私。
 「この場に居る人が買わなかったら、誰が買うわけ?!」とは、萩原健太さん。

 思うに、どうやらCRTに集まるジョージファンは、ジョージのファンではあっても、コレクターではないということのようだ。殆どの人が [Dark Horse Box] と[Apple Box] を持っているわけだし、かさばる上に高額で、聴くにはターンテーブルが必要なLPボックスには食指が動かないのも分かる。
 私はトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのLPボックスも購入していない。もしCD紙ジャケセットがあれば買うのだが。ジョージも小さいのなら持っていていても良いだろうと思い、予約している。もっとも、発送は3月以降だそうだ。

 アンケートコーナーでは、イベントについて「マニアック過ぎでは?」との意見があった。
 確かにその通り。「あえて」メジャーでポップな曲を流すことを避けているし、「電子音楽の世界」と「不思議の壁」を苦行のように聴こうとするのは、あまり意味がないと思う。
 我等こそはジョージのファンだという力みは否めない。気持ちは分かるが、もっと気楽に、好きな曲、多くの人に分かり易い曲を楽しんだ方が良さそうだ。
 「ジョージを世に広めるには、どうすれば良いか?!」と大まじめに考えているが、よく考えれば、既にジョージは世に広まっているし、音楽が好きな人が素晴らしき音楽を探索する過程に、ジョージが居ればそれだけで良いと思う。

 そうは言っても、欧米と日本での知名度に落差のあるTP&HBのファンである私としては、「もっとよく知って欲しい!」と努力したい気持ちも良く分かる。このブログだって、そういう意義が無いとは言えない。
 「いくらか知識があって、それを前提とした音楽の話」も良いが、もっと基本的な「彼らの良さ」から語るのも、重要な切り口だと、改めて思った。

Ringo and Benmont2017/02/18 11:46

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのベンモント・テンチは、すっかりリンゴ・ファミリーである。先日も、リンゴのレコーディングに参加したとかで、twitter に写真が挙がっていた。
 Love and peace! 家業さえなければ、すぐにでもオールスター・バンドに入りそう。オールスター・バンドで来日してくれてもいいよ。



 リンゴ、自分のスタジオの壁に、自分の巨大写真を飾っているの?

 リンゴのアルバム・レコーディングに参加するだけではなく、コンサートに参加したこともあるし、お誕生日イベントにもお邪魔。さぁ、ベンモントを探せ!ついでにジム・ケルトナーも探せ!



 ベンモントがリンゴ関係の画像に最初の登場したのは、いつなのだろうか。1992年の "Weight of the World" のMVではないかと思うのだが。最初にこのMVを見た時は、ベンモントが出ているとは知らなかったので、度肝を抜かれた。
 ベンモント、そのヒラヒラな紫ブラウスはどうしたの?家業の時は着ていないと思うのだが。

The MusiCare Gala2017/02/12 22:01

 トム・ペティがグラミー・アウォードの MusiCares Person of the Year を受賞。ガラ・コンサートが賑々しく開かれた。
 ジェフ・リン,ドン・ヘンリー,スティーヴィー・ニックス,ジェイコブ・ディラン、ダニー・ハリスンほか、大勢の豪華メンバーが揃い、客席にはリンゴ・スターもいた。
 リンゴなど、さっそく twitter に動画をアップしていた。楽しそうだ。

トムさんのスピーチも動画でアップされている。

 LAに出てきたばかりの頃、リオン・ラッセル,ジョージ,リンゴ,ジム・ケルトナーなどと出会った想い出も語っている。サングラスがちょっとずれていても、ジム・ケルトナーみたいで格好良いだろう?そしてリオン曰く、夜にサングラスってのは、イカして見せるもんだぜ。そういうわけで、サングラスをかけます!



 トムさん可愛い…!でも緊張して、顔が引きつっている!姿勢も悪いし。やだ、可愛い。
 豪華な演奏シーンも、細切れながらアップされつつある。

 

 ダニーの位置取り、最高ね。さすがだわ。以前は、ジジイ転がしと言えばトムさんだったが、いまやダニーがジジイ転がしね。

 写真も色々あがっている。
 マイク…いいよ…マイク…!


ウクレレ・トムさんがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!2017/02/08 21:34

 ウクレレ弾きお待ちかね、"Tom Petty for Ukulele" がアメリカから届いた!
 ワクワクしながら包みを開ける。
 じゃじゃーん!



 ええと…なんですかねぇ…この微妙な写真は。ウィルベリーズの頃かな?帽子は "Inside Out" の時のに似ているが。
 そもそも、この楽器はウクレレなのか?謎の4弦楽器…?ジョージから山ほどもらったウクレレ(ギブスン)を構えている写真がどうしても無いのか。私も画像検索したことがあるが、確かに見当たらない。むしろ、ベンモントがギブスンのウクレレ持っている画像とかある。あれは、ジョージ・ウクレレが流れた物だと思っている。
 まぁ良い。若くて可愛いトムさんなので全て許す。

 いよいよ、ワクワクの中身。



 ああ…え?これだけ?
 メロディの五線譜に歌詞、コードが書いてあって、ウクレレ用の各コードのポジションが添えてあるだけ。
 要は、コードをチャカチャカ弾きながら、歌えということか。
 それだったら、わざわざ一冊の譜面にしなくても…別に…良さそうだが… "American Girl" から "Walls" まで。"Walls" なんて、わざわざ(Circus)って但し書きがあるが、それってこの程度の譜面だったらどうでも良さそうな物じゃないか?

 私が期待したのは、ウクレレ一本でリフから、メロディから、ギターソロもバリバリ弾けちゃうイカしたウクレレ・ソロの楽譜だ!。

 ウクレレの先生曰く
「そりゃ、NIぶちさんが作って出版するしかないっすね…」

 そうっすか…。いや…薄々わかってはいたが…。リフもソロもないなんて… "The Waiting" なんて特に、期待していたのだが。私は歌が駄目だから、やたらと器楽をやるのだ。ウクレレを弾きながら歌う気なんてさらさら無い。
 まぁ、仕方がない。ウクレレを取り巻く環境など、そんなものだろう。自分で弾きたい曲は、自分で編曲するしかない。先生も面白がっていることだし、いま作っている "Crossroads" が出来上がって、暇ができたら、またトムさんに挑戦しよう。