David Crosby2023/01/24 19:53

 デイヴィッド・クロスビーが亡くなったのだが、自分との距離感でいうと、ジェフ・ベックよりもクロスビーの方が近い感覚がする。やはりザ・バーズが好きだし、クロスビー・スティルス&ナッシュ、もしくはクロスビー&ナッシュのアルバムも持っているからだろう。

 彼を偲ぶ動画としては、まずザ・バーズの "Mr. Tambourine Man" からチェック。彼の楽曲ではないが、数年後からしたら「詐欺!」という次元に若く可愛いデイヴィッド・クロスビーは、まず視覚に覚えさせる価値があるだろう。



 こうして改めてカラーで動く初期バーズを見ると、彼らかなりイケていたなぁとしみじみと思う。

 お次は、クロスビー自身の楽曲,ヴォーカルである、[Younger Than Yesterday] からの曲 "Everybody's Been Burned" ―― かなり独特なマイナー曲調で、かつ不気味というか、不穏な雰囲気がクロスビー独特の個性になっている。こういう個性の人は私が愛好するロックンロール・ジャンルでは少ない方だ。これを当時25歳くらいだったクロスビーが作ったというのは、かなり独自の道を行っていたと思う。



 最後に、やはり盟友と言うべきグレアム・ナッシュとのデュエットを見よう。
 人格者として有名なナッシュにとっても、クロスビーは難しい存在だっただろう。逆にナッシュというロック界随一の人格者がいたからこそ、クロスビーもこの世界で孤立しなかったのではないかと、赤の他人ながら思わずにはいられない。
 1971年のこの演奏、クロスビーの豊かな声が際立ち、ナッシュのサポートも美しい。これを見ると、ロック界は一つの豊かな音楽的存在を失ったのだ、でもその音楽は残り続けるのだという、思いを強くした。

Via resti servita2023/01/20 20:26

 ジェフ・ベックが亡くなった時は、そういう時代が来たのだから仕方がないなどと言っていたが、こうも立て続けによく知っているミュージシャンが亡くなると、けっこうこたえる。デイヴィッド・クロスビーの訃報に接し、寂しい気持ちでいっぱいだ。

 一番好きなオペラは、モーツァルトの「フィガロの結婚 Le Nozze di Figaro」―― そもそも、大してオペラ好きという訳でもないが、クラシック音楽全般の中でもかなり上位に来る、大好きな作品だ。
 ウィーンで「フィガロ」を見たときの感想で、この作品はかなり百合っぽいということを書いた。まず女声の主役にスザンナと伯爵夫人があり、さらにケルビーノという男性役の女性が華のある役柄で活躍する。この三人がとにかくイチャイチャする。ほかに、年増女のマルチェリーナと、ケルビーノのガール・フレンドのバルバリーナも登場する。
 物語は、フィガロがスザンナと結婚式をあげる当日に、主人である横暴で好色な(今で言うセクハラ)伯爵を懲らしめるドタバタ劇として展開する。伯爵という旧来の権力に対して、フィガロという逞しい庶民が、伯爵の被害者である女性達と協力して立ち向かうという構図には、18世紀の貴族批判、啓蒙思想、そして革命への機運などが盛り込まれている。
 そのような訳で、主従であり、親友でもある伯爵夫人とスザンナは策を練り、伯爵宛の偽手紙をでっちあげるのだが、そのシーンは「手紙の二重唱 Sull'aria」として有名で、映画「ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption」でも使用された。

 「手紙の二重唱」が聞きたくて YouTube を見ていたのだが、途中で第一幕のスザンナ(ソプラノ)とマルチェリーナ(アルト)による、二重唱「お先にどうぞ Via resti servita」の聞き比べを始めてしまった。
 マルチェリーナは、フィガロとは「親子ほど」年の離れた年増女だが、借金帳消しと引き換えにフィガロとの結婚を企んでおり、スザンナとは恋敵ということになる。伯爵の屋敷ではち合った二人は、互いに道を譲りつつも、心にも無いお世辞、皮肉、当てこすりの応酬の末、スザンナが「お歳も l'eta!」と一撃を食らわし、マルチェリーナを激怒、退場させるという短いシーンだ。

 まずは往年の名演。スザンナはルチア・ポップ、マルチェリーナはジャーヌ・ベルビエで。



 この曲は別名「喧嘩の二重唱」とも言うそうだ。スザンナは飽くまでも若々しく、マルチェリーナは貫禄が必要で、聴く方も年を取るとマルチェリーナに共感してくるから面白い。
 もう一つ思い出すのは、音大時代のこと。声楽科(歌科「うたか」という)の連中が授業で、よくこの二重唱を演じていた。学生とは言えさすがは歌科、みんな演技が上手で、その巧みさはスザンナよりも、歳のこと言われて「キィー!」と怒るマルチェリーナの方によく反映された。このシーンでのマルチェリーナの切れっぷりはオペラ全体の評価にも影響すると、個人的に思っている。そしてこの二重唱もまた、「フィガロ」の大事な百合要素だとも思う。

 こちらのデトロイト・オペラは比較的最近の演奏だが、歌手の個性が強くてかなり面白い。思い切ってこれくらいやった方が、「お先にどうぞ」はすかっとする。ただし、第三幕、第四幕の演出はどうするのかがちょっと読めないが…

Jeff Beck (vol. 2)2023/01/15 19:24

 R.I.P. 高橋幸宏さん。日本のジョージ・ファンの代表者のひとりだった!

 とくにファンだったというわけでもないのに、さすがジェフ・ベック。大物である。いろいろ話題になるし、まだ動画をチラチラ見ている。
 昨日、ウクレレのレッスンだったので先生と話したのだが(ウクレレのレッスンは、単なる楽器のレッスンではなく、先生との音楽ダベりが楽しい)、やはり先生にとってもジェフ・ベックはダントツに上手かったそうだ。
 先生の言うジェフ・ベック伝説の中で印象的だったのは、彼のアーム使いのこと。ストラトキャスター型のギターにはだいたいアームがついているが、だいたいの人は外してしまうそうだ。アームを使うと、簡単にチューニングが狂うからだ。確かにフレット楽器でそれはきつい。
 その点、ジェフ・ベックは有名なアーム使いで、彼が弾いた後のギターはチューニングがグチャグチャになっているという話しだった。当人はコンサートの間、アームで音程を調整していたというのだ。とんでもなく耳の良い人でないとできない神業である。

 ジェフ・ベックというと、歌を歌わないし、あまり雄弁な方ではなかったが、ちょっとコメントさせると面白いセンスの持ち主だったという印象も強い。
 音大の図書館にあったロック史に関するドキュメンタリーのなかで、ジェフ・ベックがザ・ヤードバーズに加入する経緯について話していて、
「ある人に超ビッグなバンドに入れてやると言われてついていった。ビートルズに入れるのかと思った」というコメントが楽しかった。やっぱり、ビートルズが憧れだったらしい。

 1995年の Rock 'n' Roll Hall of Fame のテレビ放送の時、冒頭に「これまでの歴史」みたいな短い授賞式のハイライト見たいのがあって,ジェフ・ベックがやたらと映る。演奏している姿もそうだが、コメントも面白い。
 まずヤードバーズに関しては、「(殿堂入りに関して)名誉なことだ言われたけど、俺にとってはそうでもない。連中、俺をクビにしたんだから」で爆笑を取り、背後ではジミー・ペイジがゲラゲラ笑っている。
 そしてロッド・スチュワートの殿堂入りのインダクターとしては、「ロッドとは愛憎関係だといわれる。確かにそうだ。あいつは俺に惚れてるけど、俺はあいつが嫌い!」と満面の笑み。惜しい人を亡くしたなぁ。

Jeff Beck2023/01/12 19:42

 ジェフ・ベックが亡くなった。驚いたが、残念ながらそういう時代に入っているのだろう。早弾きとか、技巧とか、そういう空々しいこととは無縁で、すごく歌心のあるギタリストだった。
 ジェフ・ベックのライブは少なくとも1回は見ているという認識があった。自分のブログを確認してみると、どうやら2回見ているらしい。インストゥルメンタルに興味が無い私にしては、珍しいことだ。ライブでは、"Beck's Bolero" や、"A Day in a Life" がとても印象深かった。

 CD は [Truth] と [Beck O-La] が一枚になったお買い得盤だった。昨今の CD 売り飛ばしを免れて、ちゃんと保管されている。
 聞き直したが、ジェフ・ベックだけでも凄いのに、ヴォーカルはロッド、ベースはロニー、ピアノはニッキー・ホプキンズである。とんでもないメンバーで、バランスのとれたウィルベリーズ状態だ。
 中でも、"Jailhouse Rock" が凄かった。ジェフ・ベックを聞くつもりが、ニッキーのパワー・プレイのすさまじさに圧倒されてしまった。



 名だたるミュージシャン達が追悼コメントしている。マイク・キャンベルもその一人で、写真のチョイスが良い。



 YouTube でジェフ・ベックの動画を色々見ていたら、こちらの動画に出くわし、すごく良かった。



 どうやらロッドは飛び入り(?)だったらしく、本気で驚いているジェフ・ベックが笑える。一瞬かたまり、え?!なんでお前、ここに居るの?!曲が終わっても「いやーん!」という仕草が可愛い。もうこんなシーンも見られなくなるのだと思うと、とても寂しい。

You Ain't Goin' Nowhere2022/12/22 21:59

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの [Live at the Fillmore 1997] の、ロジャー・マッグインとの共演 “You Ain't Goin' Nowher” を繰り返し聴いていて、ふと思った。この曲はすっかりザ・バーズによる演奏がすり込まれているが、オリジナルはボブ・ディランのはずである。そのオリジナルって、どのアルバムに入っているのか、ピンとこないのだ。
 確認してみると、公式に発表したのはザ・バーズの方が先で、ディランの公式録音は “The Greatest Hits II” (1971) に入っていた。私はこの二番目のグレイテスト・ヒッツを持っていなかったので、ピンとこなかったらしい。
 その後、”The Basement Tapes” そのまたブートレッグシリーズなどに収録されたが、公式なオリジナルはこのバージョンということになるようだ。



 1992年のボブ・フェストでは、三人の女性による演奏が印象的だった。改めて見ると、豪華なバンドで、G.E. スミスのリードギターもかなり華やかだ。
 この時のライブの特徴なのだが、ホスト・バンドとゲストとのリハーサルがやや不十分だったようで、この曲も終わり方で一斉にスミスを振り返るのがおかしかった。




 [Live at the Fillmore 1997] では、ハートブレイカーズによる豪華なコーラスがかなり控えめにミックスされ、ロジャー・マッグインの声を引き立てるように響き、この上なく美しい。ギター・ソロはたぶんマイクだと思うが、彼の個性を押し出す感じはせず、あくまでもザ・バーズへのリスペクトに溢れていて、とてもすがすがしい。

Fillmore with Roger McGuinn2022/12/18 21:20

 もし、できることなら。時を遡り、好きなところに行けるとする。でもただ一日一か所。1997年2月サンフランシスコ。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのライブを見られるとしたら、どの日にするだろうか?
 "Heartbreaers Beach Party" の日も楽しそうだし、"American Girl" の感動もぜひ味わいたい。

 曲目もさることながら、ゲスト・アーチストは誰の日が良いだろうか?カール・パーキンスか、ロジャー・マッグインか、ジョン・リー・フッカーか。私がこの三者で選ぶなら、だんとつでロジャー・マッグインがゲストの日にしたい。
 ハートブレイカーズとロジャー・マッグインなんて、ウィルベリーズ並みの豪華さだ。特に今回のライブ・アルバムに収録された "Eight Miles High" は、どのバーズ自身のライブアルバムよりも、素晴らしい演奏で、一番好きだ。
 ロジャー・マッグインと、トムさんだけでも豪華なのに、その上トムさんもう一人分であるハウイに、スコット、されにはベンモントもいるのだ。しかもギター専任がマイクなのだから、こんなに豪華な演奏はないだろう。
 "Eight Miles High" にはインド音楽や、ジャズの要素が取り入れられ、一説にはサイケレリック・ロックの最初の一曲とも言われているらしい。確かにそういう曲だし、同時に複雑で不可思議な演奏に対して、コーラスの美しさの対比も素晴らしいと思う。



 もちろん、純粋な(?)フォーク・ロックである "It Won't Be Long"も素晴らしい。コーラスの完璧なハーモニーもさることながら、奏でられてるギターが何なのかも気になる。ロジャーは例のリッケンバッカーだろうか?まさかトムさんとマイクもリッケンバッカー?スコットは何を選ぶのか?
 実際にその場に居てステージを見たら、きっとそんなこともわかっただろう。

Johnny B. Goode / Bye Bye Johnny2022/12/14 22:16

 ブッコロー柄のブックカバー、ゲット!!
 普段、ブックカバーは使わないのだが、これだけは欲しかった!



 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの [Live at Fillmore 1997] に関して、日本のファン組織である Heartbreakers Japan Party さんの解説するところによると、あの刷り物に "Bye Bye, Johonny" と印字さてしまった "Johnny B. Goode" だが、実は歌詞が "Bye Bye, Johnny" と "Johnny B. Goode" のミックスになってしまっているとのこと。
 そこで歌詞を確認するために、まずはオリジナルのチャック・ベリーから聞いてみる。





 うーん、これは混同するなぁ。コーラスはともかく、Aメロは意図的に音節もコード進行も同じにしているから、ごっちゃになる気持ちもわかる。トラディショナル・アイリッシュの楽曲でも同じようなことが良く起きる。



 Aメロの1番はちゃんと "Johnny B. Goode" だが、2番から "Bye Bye Johnny" になり、3番は "Bye Bye Johnny" の断片がミックスされて、一部何を歌っているのかもよくわからなかったりする。
 トムさんの歌詞の記憶が曖昧だったために、リハーサルでの確認が必要だったらしい。多分トムさんはみんなに「俺が何を歌っても構わずに Jonny B. Goode で押し通してね!」と言ったに違いない。だからバンドの演奏も、コーラスも微動だにせずに突き進んだのだろう。

 もう一つ気になるのは、この曲のイントロだ。どうも1ヴァーズ分長いような気がする。映像が無いので確認できないが、本来の歌い出しでトムさんがマイクロフォンに付かなかったのではないだろうか。「あー、ちょっとまった」みたいな。それで慌てず騒がず、ベンモントがソロを弾いて、おもむろにトムさんが歌い出したように思われる。
 ハートブレイカーズが腕の良いバンドマンたちだったということでもあるし、同時に入念にリハーサルをやった結果でもあると思う。Practice, practice, practice. やるべきは練習である。そこらの素人でも、伝説のロック・バンドでも。

Tempo of Satidfaction2022/12/06 19:48

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの待望のライブ・アルバム [Fillmore 1997] の聴き所はたくさんあるが、ザ・ローリング・ストーンズ・ファンも必聴である。ストーンズのバージョンで有名な曲もあるし、なんと言っても "(I Can't Get No) Satisfaction" の演奏があるのだ。これがもう最高。



 Heartbreaker's Japan Party さんによる曲目解説によると、「(ストーンズの)オリジナルではなく70年代以降の速い演奏」とのこと。
 確かに、"Satisfaction”は年を追うごとに速くなっているという印象がある。1965年、オリジナルの演奏は、だいたい四分音符=132くらいだ。(だいたいというのは、私がデジタルのメトロノームを持っていないため、アナログの刻みでしか確認できないのである。)同じく、1965年の BBCレコーディング [On Air] でも同じテンポだ。



 それが1981年になると、なんと約168という、ぶっ飛んだテンポになる。これはかなり極端。ライブ会場が巨大スタジアムになったりして、ストーンズのライブ観の変化が反映されているのだろうか。ほとばしるアドレナリンのなせる技か、いかにも乱入者をギターでぶん殴りそうな速さだ。



 1989年の [Flash Point] になると少し落ち着いて、144になる。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの [Fillmore 1997] もだいたい144だ。ハートブレイカーズの場合は、オリジナルをちょっとノリ良く、軽やかに演奏としているという感じだろうか。ハウイという優れたハイ・トーン・ヴォーカル兼ベースの存在が大きいだろう。

 それで、一番最近はどうなのかと思って、今年のヨーロッパ・ツアーの動画を見てみた。
 これがびっくりするほどゆっくり。オリジナルの132より更に遅くて、128~129くらいではないだろうか。これもまた、彼らのライブ観の変化かも知れない。
 それにしてもこの動画、キースが長い間映っているので思うのだが…やっぱり老いたなぁと思う。ミックがちょっと異常なのであって、キースの佇まいが「お若い79歳」というところで、ロニーもまた、「お若い75歳」なのだろう。

I Need You2022/12/01 21:45

 11月29日はジョージが亡くなった日ということになっているが、私の実感では30日である。2001年のあの日、11月末日だった。翌日にはお能を見る約束をしていた。やはり実体験として記憶すると、日本時間で意識するようだ。逆に実体験していないジョンの亡くなった日は12月8日である。

 亡くなった翌年の2002年の11月29日には、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、史上最高のトリビュート・ライブ [Concert for George] が開催された。当時からそのメンバーからして凄いということはわかっていたが、その全容が明らかになったのは、そのまた翌年2003年11月末に発表された映画、フル・パフォーマンスの映像、そして CD によってだった。
 この [Concert for Goerge] ―― CFG が良すぎて、何回見たのか、そして買ったかすらもわからない。DVDを何セットも人にプレゼントしているし、モンティ・パイソン布教(そういうこともしていた)にも使った。パイソンの総仕上げで CFG を見た人は、特に音楽好きでもなかったが、CFG にはいたく感動していた。

 CFG をまだ見ていない人も、だまされたと思って見て欲しい。ジョージ・ファンではなくても全然大丈夫。映画ではなく、フル・コンサートがお薦めだ。びっくりするほど素晴らしく、感動的で、友達って、人間っていいなと思える。

 CFG で名曲を一つあげるというのは、とても難しい。全てが名演だからだ。
 でも、あえて今年一曲挙げるなら、"I Need You" にしておく。この曲は、私が音大時代、図書館の映像資料室で何十回も 映画 [Help!] を見ていた最中に、ビートルズの中で実はジョージが一番美男子であることに気付いた曲だ。映画全編にわたって、ジョージは格好良いのだが、特にこの "I Need You" のシーンのジョージに魅了された。
 その場面を切り取った動画もあった。ちなみに、なぜミリタリー・ファッションに戦車、狙撃兵なのかというと、カルト集団がビートルズの(と、いうかリンゴの)命を狙っているからである。地下では爆弾の設置が着々と行われている。カイリー!



 素晴らしいラブ・バラードだ。
 これだけの名曲なのに、意外とカバーが少ない。調べてみると、スティーヴ・ペリーがカバーしているとのこと。ステゥーヴ・ペリー?それってちょっと違わない…?と思って動画サイトで確認したけど。やっぱりちょっと違った。あれは違う。そうじゃない!
 やはりここは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの出番だろう。なんと言っても、まずこの曲を選曲したトムさんたちのセンスが最高だ。CFG で演奏された曲の中で、もっともジョージの作曲年代が古いのがこの曲だ。
 トムさんの健気で、可憐で、繊細な面が良く出ていて、女子はこういうところにキュンとくるし、たぶん男子もキュンとするのだと思う。何も特別なことはない素直な演奏だが、限りなく美しく、ジョージへの愛情に溢れていて、泣き所の多い CFG の中でも、かなり感動的で心を揺るがす演奏だ。
 よく見るとマイクとスコットがエレキなので、アコースティックなのはトムさんだけ。よくある「アコギ押し出し&しんみり強調系」でもない。ちゃんとロック・バラードしているところが良い。

Yesterday2022/11/18 22:08

 フィギュアスケート、NHK杯の季節がやってきた。本命は、(世界ランキング的にも、わたし的にも)女子が坂本、男子が宇野。そしてアイスダンスの日本勢の争いに注目。なにせ村元・高橋組のリズム・ダンスがイケているので、小松原組も油断はできない。それから、個人的に贔屓にしているのが友野一希。あの表情ができるスケーターは本当に少ないので、推しなのだ。
 さて、金曜日、第一ラウンド終了。本命の二人がいきなり軽く躓いたのだが、まぁ、明日のフリーで逆転する流れなんだろうなぁ…と思う。坂本も、宇野も準備段階であまり良い手応えがしていなかったらしく、あれくらいになると自己分析も精密になる。でもそこは百戦錬磨の世界チャンピオンズである。フリーでは充分に魅せてくれるだろう。
 村元・高橋組が後半グループに残ったのはびっくり。最初はおっかなびっくり、昨シーズンは派手にミスってたりしたのに。やはり高橋大輔という希有なスケーターには本当に驚かされる。大谷翔平以上の驚異である。

 もうひとつびっくりしたのは、私が不覚にも "Yesterday" で感動してしまったことである。山本草太のSP, 歌っているのはマイケル・ボルトン。曲目もさることながら、この歌手で感動するというのもまたびっくり。すべて山本君のスケートの良さのおかげである。
 山本君、怪我に悩まされ、ジャンプがきまらず、なかなかトップ・オブ・トップには届かないスケーターだったが、独特の優雅さがあって、とても好かれている。今年はそこにジャンプの調子の良さも相まって、曲と歌手の重さに負けていない。
 何せ、"Yesterday" は「あまり好きでは無いビートルズの曲」のうちの一つである。なんというか… [Help!] というロック色の強いアルバムの中で浮いている。バラードとしては "I Need You" の方が上等だと思っている。しかもマイケル・ボルトン…私との接点がなさ過ぎで、意外な取り合わせだが、山本君のおかげで素晴らしい作品になったと言えるだろう。



 そういえば、フィギュアスケートの曲にビートルズを選ぶということを、かなり先進的にやったのは高橋大輔だ。まだヴォーカル入りが使えなかった頃に、インストゥルメンタルのビートルズ・メドレーを使ったのだ。あれもまた、高橋という希代の表現者だからチャレンジできたのであって、その後たくさんの人がビートルズやストーンズを使うきっかけになった。

 マイケル・ボルトンだけでこの記事を終わらせるのもどうかなぁと思ったが、かといってディラン様の "Yesterday" は、台無し感が半端ない。でも載せる。ディラン様とジョージの楽しい時間だからね。