George in a White Sweater2022/05/12 21:48

 ザ・ビートルズの映画 [Get Back] ―― 配信と一部の劇場公開だけで、DVD, Blu-ray での発売はないかも知れないとも言われたが、結局発売されることになった。ものすごい価格で。
 ビートルズではあるが、これは例外的に買わないと思う。見ていて楽しくなる映画ではないし、長すぎる。

 しかし、この映画にも良いところはある。ジョージ・ファン仲間でもっぱら話題になったのは、ジョージのファッションが素敵なところだ。リンゴもだけど、やはり美男子でアンニュイなお年頃なジョージのファッション・ショーのような美しさは、際立っていた。
 基本的に、色彩はカラフル。赤、紫、緑、難しい色を難なく着こなす。フリルやパフスリーブなど、華やかでフェミニンなデザインも誰よりも似合っている。そのくせヒゲ。
 南国の極楽鳥のような鮮やかさも良いが、私が [Get Back] を見ていて一番素敵だと思ったジョージの服装は、意外にもシンプルなスタイルだった。映画の終盤に登場する、白いセーターにデニムという装いである。



 微妙に襟ぐりがあいているて、首が見えるのが…ときめくのよ…!なんかね、無防備というか、小悪魔的というか!着飾らなくても輝いているジョージ炸裂。たまらん。
 「ライブをやれと言われればやるけど、屋根の上でやるのはやだな…」とジョージがいうと、リンゴが「ぼくはやりたいよ」という。リンゴを見てちょっと微笑む。あああああああ可愛い…!
 50年経ってもまったく魅力が損なわれない、永遠の美しきジョージであった。

Mike Campbell - What's In My Bag?2022/05/08 19:47

 そもそもは、バッグの中身を紹介することで、その人を知る企画だと思う。YouTube を見ると、同じような趣旨の動画はたくさんある。
 しかし、マイク・キャンベルがその対象になると、「おれ、バッグ持ってないんだよね」と言って自宅のキッチンでお気に入りレコードの案内になった。



 私はジェイムズ・ブラウンに興味はほとんど無いのだが、ここに登場した1965年の JB はとても格好良いと思う。
 そしていまだにロックする「神のご加護のあらんことを」ザ・ローリング・ストーンズ。バートブレイカーズでもカバーした名曲の数々だ。
 次に、「当然」という風に登場する、ビートルズの [A Hard Day's Night] だが、こちらは私が馴染んでいる青く小さな写真があつまったジャケットのものではなく、どうやら US 盤らしき赤いジャケットだ。こちらもなかなか格好良い。映画のオープニング・シーンの、ジョージが転ぶところはいつ見ても可愛いと思う。

 お次は、ミスター・ボブ・ディラン。[Bringing It All Back Home] を挙げたのは実に「同感!」という感じだが、さらに同感だったのは、 [Desire] を挙げたことだ。決してディランの代表作品として評価されることはないが、熱量や充実感が素晴らしいアルバムで、私も大好きなのだ。どこまでもマイクとはとても気が合う。
 ザ・キンクスは、1964年から1970年までのベストアルバムを挙げたのもわかる。私が好きなのもこの時期のキンクスで、その後のロック・オペラ指向は好きではないのだ。うん、やっぱり気が合う。

 キャンベル家のキッチンにはいつでもレコードが聴けるように、ゼニスのポータブル・レコード・プレイヤーがあり、運が良ければちゃんと動く。これは1970年のモデルらしく、いまインターネットで買おうとしたら、30万円以上するシロモノだ。
 マイクの家には、こういう ガラクタ 宝物がたくさんあるのだろう。

Best Boxed Or Special Limited Edition Package2022/04/19 20:03

 ジョージ関連のニュースで知ったのだが、今年のグラミー賞で、ジョージの [All Things Must Pass: 50th Anniversary Edition] が、 Best Boxed Or Special Limited Edition Package (最優秀ボックス,スペシャル,限定版パッケージ)を受賞したそうだ。そんな部門があるとは、知らなかった。
 [ATMP 50th] のボックスが受賞したと言うことは、あの一番高い通称「木箱」が受賞したのだろう。さすがの私も、金額よりもスペースがネックで買わなかった。あの本秀康さんですら買わなかった…と思う。
 なんかご立派な賞なんて獲得しちゃうと、いまさら欲しくなった。しかし、そもそもとんでもない価格だったが、今やさらにとんでもないことになっているだろう。



 これまで、どんなアイテムが受賞したのかと思って見ると、ウッドストックの記念箱とか、アル・ヤンコビックのアコーディオン型全集箱、ポールのウィングス・USツアーの箱なんて物もあった。

 そんな中で、去年受賞したウィルコのボックス [Ode to Joy] がなかなか凄かった。

WilcoOdeToJoy from Lawrence Azerrad on Vimeo.



 こういう紙モノ、印刷物、デザイン系が好きな人などにはすごく受けるだろう。
 この曲もなかなか良い。思えばウィルコというバンドは、名前は聞いたことがあるけれど音楽は知らなかった。ちょっと気になるバンドの発見になった。

Jim Horn2022/04/15 20:13

 偶然、80年代に作られたジム・ホーンの紹介動画を見た。
 いかにも80年代風で緩い感じだが、出てくる面々は豪華。ありがたくも日本語の字幕が付いており、ウィルベリーズの表記が定まっていない頃のようだ。



 ジム・ホーンという人は、名前からして管楽器を吹くべく地上に使わされたに違いない。ジョージのキャリアには欠かせない人で、その存在感たっぷりの姿、演奏が印象的だ。
 ビートルズの全員とソロワーク期に仕事をしたと言うことになっているが、ジョンはハリー・ニルソンのアルバムを一緒に作っていたときの話だそうだ。
 「こんにちは、ジョージ・ハリスンです」って固く言うジョージがチャーミング。「これでいいの?」と、おちゃらけるところも含めて最高。同じ事がリンゴにも言えるのが、さすが魂の兄弟。
 ジェフ・リンも登場するが、これってフライヤー・パークのお庭なのでは?

 ジム・ホーンの良い仕事というのは無数にあるが、あえて一つあげるなら、[Concert for George] での "Wah Wah"。そもそも何十人もステージ上にいてもの凄い音量をぶちまけるとんでもない演奏なのがだ、中でもジム・ホーンとトム・スコットのサックス隊が全体をキリっと締めている感じで素晴らしい。
 ここでは音だけだが、これはぜひとも動画で見て欲しい。全てのロック・ファンはこのコンサートの映像を見なければならない。

Willie Mays2022/04/10 20:02

 フィギュアスケート・シーズンの終盤に F1 が始まったものの、私のセバスチャンが欠場で物足りない想いもあったが、今週末のオーストラリアから復帰した。マシンに慣れないという低次元でもう散々な結果ではあったが、彼が帰ってきたことをみんなが歓迎し、良くも悪くも目立ち、大好きな二輪を乗り回し、ああ、セブが帰ってきたなぁと思う。
 私が好きなドライバーで言うと、ボッタスはアルファ・ロメオでも強さをそれなりに発揮し、ノリスとリカルドのマクラーレンは苦労し、ハミルトンのマシンは盛大に "porpoising" をおこし、セバスチャンは超出遅れる。
 でもまぁ、いいや。私は今シーズン、フェルスタッペンがチャンピオンにさえならなけりゃなんでもいい。(そこまでフェルスタッペンが嫌いなのかというと…嫌いというか、好きになれないのだ。)フェラーリが復活してルクレールなり、なんなんりチャンピオンになれば盛り上がるだろう。

 そして野球も始まる。野球が始まると困るのが、ダラダラとテレビで野球を見てしまうことだ。しかも、今日のような大記録に限って見ていないときている。(だってF1の決勝だったんだもん…)困った物だ。
 そういえば最近、仕事中にボブ・ディランの "Theme Time Radio Hour" を再聴している。バラカンさんの解説付き。第1シーズンの序盤で、「野球」がテーマになる。ディラン様があれでけっこう、野球好きなのは有名だ。息子だか、孫だか、だれかの野球の試合を熱心に見に行っていた。
 それでバラカンさんは解説の最後に、そのときのテーマに合う、ディラン自身の曲を一曲流すのだが、野球の時は選曲に困ったという。さすがに野球がテーマの曲というのもはない。
 ただ、歌詞に "Willie Mays" が登場する、"I Shall Be Free" を見つけ出して、流してくれた。



 ウィリー・メイズは1950年代から60年代にかけてジャイアンツなどで活躍した名プレイヤーだ。打率、本塁打、盗塁に優れた日本の最近の選手で言えば、「トリプル3」を達成したホークスの柳田や、スワローズの山田のようなタイプだろうか。
 実は彼を最も有名にしたのは守備の方で、1954年のワールドシリーズで大飛球を捕球したことで、相手チームの勝ち越しを阻み、このプレイが "The Catch" として伝説化しているのだ。確かにまっしぐらに走っており、完全にボールが落ちる場所を把握していた名プレーだ。日本の高校野球にも「奇跡のバックホーム」というのがあるが、その手の印象的な守備だろう。
 このプレーでジャイアンツはピンチを脱し、この年のワールドチャンピオンに輝いている。
 こういうのがあるから、野球ファンってのもやめられないんだ…

Hard Times Come Again No More2022/04/05 19:45

 "Hard Times" と言う曲は、すっかりボブ・ディランのオリジナル曲だと思い込んでいた。実際は、スティーヴン・フォスターが1854年に発表した曲で、当時からそれなりに売れたらしい。正式には "Hard Times Come Again No More"という。
 この曲のことを確認するに至るきっかけは、ラジオでこのバージョンを聞いたからだ。



 美しいハーモニーが印象的。
 "Hard Times" の A メロは同じくフォスターの "My Old Kentucky Home" と非常に似ているが、サビは大きく異なる。かつ、この曲最大の特徴となっているのが、サビの "the sigh of the weary" ―― 半音進行するするところだ。原調は G-dur だが、一瞬 D-durに転調して、Cisを聴かせるのだ。
 YouTube で色々な演奏を見たのだが、中にはハイランド・バグパイプで演奏している物があったが、この楽器だとこの一瞬の転調を特徴付ける半音進行ができなくて、ちょっと消化不良になる。

 ボブ・ディランは 1992年の [Good as I Been to You] で歌っている。この録音ではちゃんと半音進行している。
 しかし、ライブとなると、そこは「さすが」というかなんというか、ボブ・ディラン。ちゃんと半音進行するのが照れくさいのか、ちょっとごまかし、しまいにはメロディラインを上げてしまう。
 格好良い。この時期のディランのライブ・パフォーマンスが大好きだ。

17th October 1987 Monday London2022/03/18 23:56

 ここ数日、YouTube がなんとなく私に見ろと促しているような気がする動画がある。どうやらジョージのライブ映像らしい。
 何の気なしに見たら、素敵な物だった。
 1987年10月17日ロンドン。ボブ・ディラン with トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのステージに飛び入り参加したジョージとの、 "Rainy Day Women # 12 & 35" である。



 何が凄いって、ステージに立っている面々が凄すぎる。最初から、ボブ・ディランとトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズという取り合わせで豪華すぎるのに、さらにジョージと…後ろにいるのは、ロジャー・マッグインだろう。
 あまりにも迫力がありすぎて、トムさんが映り込まない。遠慮しているのだか、場所が狭いのだか、とにかく舞台右手のほうに居るのだろう。
 マイクが満面の笑みを浮かべているのが最高。もう夢のような気持ちだったのではないだろうか。この時点で既にウィルベリーズは結成されたも同然で、その序章がこのロンドンでのライブというわけだ。

 有名な逸話によると、このボブ・ディランとトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのツアー最終日、楽屋ではトムさんの誕生日祝いが行われ、ジョージがケーキを持ってきた。このときの記念写真は、トムさんの宝物である。



 必死に映り込もうとするノーベル文学賞受賞詩人…ちなみに、この写真を撮影したのは、マイクである。マイクとディランのローディさんが入れ替わったバージョンもあるのだ。
 そしてこの打ち上げの後、ディランはジョージのおうちにお泊まりしている。他にもだれか泊まりに行ったのか?いや、ディラン様のジョージ独占特権が発動されたのか?
 とにかく想像するだけでもワクワク、ドキドキな1987年10月17日だった。

Echo in the Canyon / The Philosophy of Modern Song / If Not For You2022/03/10 21:40

 興味深いニュースが、いくつか入ってきている。
 まずはこちら。待望の "Echo in the Canyon" の日本での公開だ。

『エコー・イン・ザ・キャニオン』5月27日(金)公開決定!

 わーい!これは心待ちにしていた。まさにロック最盛期「ウェストコースト・ロックの聖地、ローレル・キャニオンの歴史的音楽シーンのルーツを紐解くドキュメンタリー映画」である。
 トム・ペティ関係の映画ではあるが、彼はちょっと当時の音楽の偉大さをジェイコブ・ディランに向かって、リッケンバッカーを抱えて語るだけである。それだけでも要素過多だが…重要なのは、おそらくこの映画に登場するトム・ペティのインタビューが、彼の生前最後の「動画によるインタビュー」であろうことである。
 無論、ザ・バーズ、ビーチボーイズ、CS&N などなど錚々たる面々の音楽を、大物ばかりが揃って証言するのも面白いし、ジェイコブとその仲間たちとのライブも見応えがある。楽しみだ。

 ボブ・ディランは久しぶりに本を出すらしい。

『The Philosophy of Modern Song』11月8日に発売

 「スティーブン・フォスター、エルヴィス・コステロ、ハンク・ウィリアムズ、ニーナ・シモンなどのアーティストの楽曲についてディランが執筆した60本以上のエッセイが収められています」とあるので、一つ一つのエッセイは短そうだ。これは英語読書再開だな…
 それはいいけど、ディラン様。バイオグラフィーの続きはどうなったの?さらなるジョージ・エピソード、トムさん・エピソードを待っているのですが。

 ジョージとディラン様といえば、[Concert for Bangradesh] での "If Not For You" の様子が、ファンによってレストア,公開されたというニュースも流れてきた。一ファンの行動が翻訳ニュースになるのだから、たいした物だ。

ボブ・ディランが71年にジョージ・ハリスンと「If Not For You」をリハーサルしている映像 ファンが4Kレストア化

 肝心の動画が、こちら。



 いいね…いつ見てもいい…。最高。
 ジョージの顔に視線を釘付けにするディラン様に釘付け。ジョージを見つめてないと窒息でもするかのようだ。しかめっ面のようで、実は終始ニヤニヤしている。二人で "I judt wouldn't have a clue" のところで、笑い声を上げてしまうのも、可愛さ大爆発。
 この動画、うまくジョージやスティル・カメラマンのコメントなどを前後につなげて、このときのディランやジョージの様子を伝えている。
   さらに、これまで見ていたものより、演奏後のざわついた感じのシーンが長く、3分30秒ぐらいで、ジョージの右手がアップになるのなんて、たまらーん!ジョージの美しい腕,手の甲,浮き出た血管がはっきり見えるともう、発狂しそう。ファンというのは、そういったものだ。

Here Comes the Sun / Don't Bother Me2022/03/02 19:11

 何週間か前のニュースで、Spotify でもっともダウンロードされているビートルズの曲は、"Hey Jude" でも "Let It Be" でもなく、"Here Comes the Sun" だという記事があった。
 「意外かも知れないが、コロナ禍において、この曲の明るく希望に満ちた曲調が好かれている」という脈絡で話が進むが、結局はコロナ禍以前からも ―― ビートルズが音楽配信に登場したときからこの曲が一番人気だったという結論に至る。
 つまるところ、ビートルズで最も人気のある曲は "Here Comes the Sun" ということになる。
 そりゃそうだろう。意外でも何でもない。

コロナ禍下、Spotifyで最多DL数の「意外な」ビートルズ楽曲とは

 私だって、究極的にビートルズの曲を1曲だけ選べと言われれば、"Here Comes the Sun" にする。ジョンのファン,ポールのファン、という人たちにとっては違うだろうが、「ビートルズのファン」もしくは、「ビートルズのファンではない」人であれば、"Here Comes the Sun" を無人島に携えていけば間違いない。

 名曲なので、カバーも多い。中でも私がかなり好きなのは、ジョージが亡くなった後、トリビュートアルバム [He Was FAB] に収録された、フィル・アンゴッティのカバーだ。
 ウクレレや、インド風味、ジョージのあの曲、この曲のリフを取り混ぜ、カラフルに展開して、アウトロはうるっとくる。とても上手だ。



 実は、トリビュートアルバムで次に収録されている、エイタン・ミルスキによる、"Don't Bother Me”もかなりの名演奏である。
 ジョージが最初に発表した、まさに最初期の曲を、こんなに格好良くしてくれて、ありがとう!という感じ。このノリでTP&HBが演奏したら良いなぁと、夢見たりもした。



 ジョージの才能の開花はビートルズ解散後に爆発したように思われるが、曲数が多くないだけで、ビートルズ時代も十分に開花していた。それはレノン=マッカートニーとともに、ビートルズにとって欠かせない要素であって、彼もリンゴもいなければ、世紀の巨星,ビートルズは存在し得なかったのである。

Gary Brooker2022/02/25 21:43

 2022年2月19日、ゲイリー・ブルッカーが亡くなった。76歳だった。

 とにもかくにも、まず [A White Shade of Pale] の CD かレコードを取り出し、大音量で聞かなければならない。大きな音が出せないなら、イヤフォンを使って。持っていないなら、ストリーミング・サービスからでもいいから、とにかく大きな音で聞く。
 最悪でも、この YouTube で聞く。パソコンやスマホのスピーカーを使ってはいけない。外部スピーカーか、イヤフォンを使うのだ。
 何もかも、文句のつけようのない完璧な、完全無欠の名曲を浴びるように聴かなければならない。
 「ほかにも良い曲がある」などと、ひねくれたことを言ってはいけない。ゲイリー・ブルッカー,プロコル・ハルムと言えば、この曲、一曲だけで音楽史にその名を刻むのである。



 世にも難解な歌詞で(ブルッカーが作ったわけではない)、なおかつ超名曲という珍しい作品だ。叩きつけるようなドラムス、引きずるようなベース、靄のかかったようなブルッカーの声と重厚で胸を刺すようなオルガン。これ以上、何を望むというのだろうか。

  [A White Shade of Pale] のアルバムを持っていたら、"Repent Walpurgis" も、なかなかの聴き応えのある曲だ。私はインストゥルメンタルが嫌いなのだが、この曲はなんとなく最後まで聞いてしまう。途中で、バッハの平均律第1巻1番のプレリュードが挿入される。



 「カンタータ・ロック」というネーミング・センスはともかく、バッハに非常に強い影響を受け、それをロックで昇華したことは間違いない。

 ゲイリー・ブルッカーと言えば、ジョージとも親しい仲だったことも重要だ。
 [Concert for George] では終始ステージ上にあって、存在感を発揮していた。彼が歌った "Old Brown Shoe" はエンディングに使われたが、その格好良さは絶妙だった。
 また一人、ジョージのところへと旅立った。