The Phantom of the Opera2017/06/30 22:14

 ニューヨーク・ブロードウェイのミュージカル2本目は、[The Phantom of the Opera]「オペラ座の怪人」。
 実は当初、見る予定はなかった。音楽はよくフィギュア・スケートで聞く(私はフィギュアスケートが結構好きだ)し、良いと思う。しかし、どうもストーリーが好きではない。ガストン・ルルーの小説が原作だが、なんだか気持ちの悪いストーカーの話としか思えない。
 しかし、音楽仲間が強力にプッシュしてくる。曰く、「音楽のあまりの素晴らしさに泣いた。」
 そして、今回ニューヨークで落ち合うことになった会社の仲間曰く、「ロンドンで見た時、余りに良かったので、翌日も見た」のだという。
 ここまで言われて見ないというのもどうかということで、マチネーで観賞。劇場は、44丁目のマジェスティック・シアター。



 予習のために、2004年の映画を見たのだが、ファン達曰く、「映画はだめだ!舞台の方が断然良い!」
 それは正しかった。たしかに、「劇場」を舞台とした作品なだけあって、「劇場」で生で見ることに意義がある。
 確かに良いのだが…どうにもしっくり来ないところも多い。

 音楽は総じて素晴らしいのだが、時々ひどく安っぽいサウンドで勝負してくるのが、なんとなく居心地の悪い思いにさせられる。特に大迫力を狙って、PAを駆使しすぎたバス・ドラムや、場違いなエレクトリック・ギターの大活躍。ちょっとついて行けない。まともなオーケストレーションで、さらにPAの力を借りた方が良い。
 「オペラ座」を舞台とし、さらにモーツァルトの有名作品を念頭においているストーリーなだけに、本家クラシック・オペラとの対比に晒されるのも、このミュージカルの弱点だろう。

 歌手としては、まずクリスティーヌは素晴らしかった。はっとするような可憐な声質で、しかも音量がある(もちろんPAもあるのだが)。特に墓地のシーンの歌唱は素晴らしかった。
 ファントムの方は、ベテラン名優の役どころで、上手いとは思うのだが、やや期待はずれ。映画でも同じ事を思ったし、フィギュアスケートを見ていても同じ事を思うので、歌手のせいではない。音域の設定のせいだ。かなりテノール寄りのバリトンのようだが、高音はどうしてもきつい。蚊の鳴くような声で、素晴らしいとは言いがたい。
 テノールはラウルに任せて、バス~バリトンにした方が、役柄的にも合っていると思うのだが。それとも、ミュージカルには、それほどのバス~バリトンの歌手が居ないのだろうか。

 豪華な舞台装置、衣装、仕掛け、それらは素晴らしく、観客の間からたびたびため息や感嘆の声が聞かれた。
 ただし、墓場の中途半端な火気は残念。特にファントムの銃が「パンっ」と鳴ったときは、会場から笑いが起きた。
 シャンデリア落下も、期待したほどの迫力ではなかった。これは映画を見ているせいだろう。

 ファン達が絶賛する理由も分かるし、音楽も良いと思う。さて、もう一回見るか?同行の友人はロンドン公演が素晴らしかったと言っているので、ロンドンに行く機会があったら、検討しよう。

Chicago - the Musical2017/06/25 13:09

 もともとミュージカル好きではない。ただし、ニューヨークのブロードウェイだけは、世界で最高のものが見られるという、ミュージカル好きのお勧めに従い、今回も2作品見た。
 まずは、「シカゴ」。1975年以来の人気定番演目であり、2002年の映画化で、さらにメジャー化した。1920年代のシカゴのショービズネス界と、犯罪者のセレブ化を風刺したストーリー、セクシーでクールな俳優たちの歌とダンスが見所となっている。



 劇場は、49丁目のアンバサダー劇場。



 先に映画を見ていたので戸惑ったのだが、いつから「ロキシー=カールしたブロンド=キュート」,「ヴェルマ=ストレートのブルネット=クール」というイメージが定着していたのだろうか。2002年の映画からなのか、それ以前からなのか。
 私が見た舞台では、ロキシーがブルネットの引っ詰め髪で、ヴェルマがプラチナ金髪のショートカット。ヴェルマはともかく、ロキシーはちょっとイメージが合致しづらい感じだった。

 通常バンドはオーケストラピットに入る物だが、ここでは舞台上にバンドがあがり、指揮者も一部演技に参加する。
 出演者たちは黒のセクシーな衣装で様々な役を演じ分けるのだが、この演出がこの作品の重要なところだろう。ただし、豪華衣装の展開で圧倒するという醍醐味は無い。

 衣装はセクシーだが、踊る女性たちはセクシーというよりは、マッチョ。強くでしなやかな筋肉の表現力を遺憾なく発揮する。
 音楽はヴォードヴィル調。ここで困るのが、私があまりその手の音楽のファンではないということ。楽しいけど、音楽的にはそれほど入れ込めないのは残念だった。ここは純粋に、ダンスを楽しむべきだろう。

 先に映画を見ていたのだが、やはり映画俳優が「頑張って」歌って踊り、編集とカメラワークで盛り上げても、本職のミュージカル俳優が生で演じる迫力には、だいたい及ばない。ただし、派手さという点でいうと、舞台は分が悪い。とくに最後のロキシーとヴェルマのステージは、もっと派手に爆発してくれても良かった。

 さて、もう一度「シカゴ」を見てみたいだろうか?まぁ、それほどではないかな。

Sweet Caroline / Amigos para siempre2017/03/23 23:01

 仕事でシンガポールに来ている。
 会議で缶詰にされており、シンガポールの有名な町の様子は全く見ていない。あまり興味もないのだが、ただ F1 のコースになっているところはちょっと見たかった。

 私の勤務先は外資系(アメリカ)の製造業。外資系の会社のパーティというと、お洒落なカクテル・パーティだの、細長いシャンパングラスを想像するかもしれないが、わが社はそうではない。
 ものすごい大宴会で、80人余りが飲めや、歌えや、踊れやの大騒ぎ。カラオケあり、コスプレあり、日本企業の忘年会どころではない騒ぎなのだ。私自身も、想像していた「外資系」とは全く違うのである。

 アメリカ人重役たちが披露したのが、こちら。ニール・ダイヤモンドの "Sweet Caroline"



 彼らにニール・ダイヤモンドのファンなのかと尋ねたら、特にそういうわけではないとのこと。ただ、非常に有名で、盛り上がり、感動的な曲なので、選んだそうだ。トム・ペティが好きだという話をしたら、ひとしきり盛り上がるのは、アメリカ人と同席したときのお約束。

 パーティの最後は、スペイン人が、ロス・モノロスの "Amigos para siempre" を熱唱した。「ずっと友達」という意味だといっていたような気がする。全員踊りまくっていたので、良く覚えていない。



 さて、私は何をしたのか。
 パーティのオープニングを飾る重責をソロで担い、ティン・ホイッスルでダンス・セットを披露し、大喝采を浴びたまでは良かった。演奏の出来はともかく。
 しかし、ジャパン・ティームとして、なぜ、ピコ太郎の衣装を着て、「スキヤキ・ソング」歌うはめになったのかは、良く分からない。

Great Day2016/08/04 20:17

 アメリカのコメディ・グループ,ザ・ロンリー・アイランドのメンバー,アンディ・サムバーグによる "Great Day"。
 公開されたのは数年前だが、私はこの映像を昨日はじめて見た。これに関する情報をどこかで見ていたのだろうか。すっかり忘れていたのか?

 鼻の下に「白い粉」をつけたデニスが朝っぱらからハイになって、「訳もなく今日は良いになりそう!」と歌いまくるミュージカル映画のパロディ。
 部屋は荒れ、別れた妻や子供から手紙は来ない。でもどういう訳だが超ハッピー!仕事もクビになったけど、どこへでも行けそうな気分。どこに居たってハッピー、楽屋でも大親友たちとつるんじゃう!



「出て(ピー!)行け」
「はぁ?!」
「今すぐ」
「トム!」

 この動画、SNLで公開されたので、トムさんが出てきてもおかしくはない。そこらに居た大スターだったのか。
 飄々とご本人登場。しかも一瞬。スターの無駄遣い。楽しい。やはりコメディとロックは切り離せない。

Woman in Gold2016/07/22 20:15

 去年公開された映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」([Woman in Gold])のDVDを購入した。一度見てみると良い映画だったので、5回も見てしまった。
 クリムトの有名な肖像画,通称「黄金のアデーレ」をめぐる実話を元にした映画で、主演はヘレン・ミレン。



 美術物,歴史物,法廷物,友情物として盛りだくさんで、面白い。ミレンの衣装も良いし、いろいろ美しいものも登場。
 要するにナチスに収奪された叔母の肖像画を、老婆になった姪,マリア・アルトマンが、若い弁護士とともに法廷闘争の末に取り戻す話。
 色々なところで見覚えのある俳優が出てくるのも面白かった。「刑事フォイル」や、「ダウントン・アビー」などが好きな人にとっては特に。F1映画 [Rush] でニキ・ラウダ役だった、ダニエル・ブリュールが出てきたのも嬉しかった。
 やや残念なのは、絵を手放すまいとするオーストリア側がちょっと印象悪く描かれているところ。マリアに協力してくれた人は、実際にはもっと居ただろうし、最終的にオーストリアは絵を返還する。その決断をもっと丁寧に描いても良かっただろう。

 さてこの映画、音楽的にも面白い。
 まずは、アルノルト・シェーンベルク。オーストリア出身のユダヤ人で、アメリカに亡命したこの有名な作曲家の存在は、非常に重要。登場人物の存在そのものに大きな影響を与えている人物であり、その代表曲「浄められた夜 Verklärte Nacht」も重要な場面で出てくる。
 演奏シーンは、ウィーンのコンツェルトハウス。オーケストラへの編曲もよく演奏されるが、映画ではオリジナルの弦楽六重奏が用いられた。



 登場人物の一人がバリトン歌手で、歌声を披露したのは、「ドン・ジョヴァンニ」の、セレナーデ "Deh, vieni, alla finestra"(窓辺においで)。
 映画ではピアノの伴奏で歌われていた。実際の舞台では、歌手がマンドリンの弾き真似をしながら歌う。ここでは、コンサート形式の演奏。本物のマンドリン奏者が隣りで実際に弾いてくれているのが嬉しい。



 主人公の名前が「マリア」なので、「メアリー」の曲も出てくる。
 "Mary Don't You Weep" は、ゴスペルや、アレサ・フランクリンのバージョンで有名だが、この映画では、ブルース・スプリングスティーンのバージョンを、デロン・ジョンソンが歌っている。この人が何者だか、まったく分からない。



 ウィーンに行ってみたくなるし、ニューヨークに「アデーレ」を見に行きたくもなる。英語の勉強にも良いのだが、英語の字幕が無いのが惜しい。

Nobody knows you when you're down and out2016/04/10 21:07

 相変わらずマイペースに続けているウクレレ。
 信条は…
   ハワイには興味が無い。
   Low Gは決して張らない。
   少なくとも3本指で弾く。

 さて、ブルースっぽい物が弾きたいと思い、何となくで "Nobody Knows You when you're Down and Out" を選んだ。
 基本的に難しいコードはないので簡単なはず。しかし、格好良いブルースっぽい細工も入れたいので、そこが難しい。
 例によって自分で譜面を書き、先生がつけてくれたソロパートもある。本来、譜面なんて書くべきではないのだろうが、私のことなので、仕方がない。
 編曲もまぁまぁの出来なので、発表会で弾くことにした。



 今回の "Nobody Knows You" の元になったのは、エリック・クラプトンのバージョン。 [Layla] の時のではなく、[Unplugged] の時のものだ。
"Layla" のアコースティック・バージョンは身の毛もよだつほど嫌いだが、"Nobody Knows You" はとても好き。



 そもそも、ウクレレの先生はクラプトンが好きなギタリスト。ウクレレなのにチョーキングをしよう!と言い出す。曰く、大丈夫だ、コリングスならできる!
 いやしかし、私の貧弱な指ではどうしても弦が持ち上がらない!指が痛い!
 さらに、ソロのところで、クラプトンのソロを再現しようとする。いやいやいやいや、無理だから。ウクレレだし、弾くの私だから。
 そうかと渋々、クラプトンの再現は諦めてくれた。

 それにしても、アンプラグドも遠い昔のことになった。みんなとても若いし、ドラマーはTP&HBに入る前のスティーヴ・フェローニだ。
 この曲自体が書かれたのが1920年代。ベッシー・スミスの歌が代表的だ。ブルースが生まれて間もない頃のこの名曲は、100年たっても色あせないし、弾いてみたいという魅力を持っている。

武蔵と鮭2016/01/15 23:10

 人に、「武蔵と小次郎はどうして決闘したの?」と訊かれた。
 そんな素朴なことを訊かれると困る。
 そもそも、佐々木小次郎って実在なのか?まぁいい。そこは適当に、やれ関ヶ原後は合戦もなく、身を立て仕官をするには名を挙げる決闘が手っ取り早くて、さらに戦国の風が残っていたので実際の斬り合いが盛んだったとか、そんなことを喋った。

 そもそも、なんだってそんな質問をしたかと言うと。コレらしい。
 「武蔵の遅刻理由」をご覧あれ。

びじゅチューン!

 かなりジワジワくる。他の作品と比べても、武蔵は頭抜けている。一番意味不明なのは、「武士と言えども聞き上手」!しばらく頭にこびりつく。

 某テレビ局はこの手の短いが、ヘンテコな物をよく発信してくる。
 それで思い出したのが、名曲「サーモンUSA」。これは凄い。



 海苔はさすがにUSAではないらしい。ビールがいきなり「アメリカさ!」と大雑把になる。
 何が凄いって、ちゃんと作詞・作曲者の名前が日本人で表示されること。大丈夫なのか。しかし元ネタには無い、超お洒落なブリッジがあるだけでも大した物だ。
 そして異常に歌の上手い杉山清貴。才能の無駄遣いなのか、素晴らしい使い方なのか。多分、後者。
 一番謎なのが、日本画風の鮭図で「シャケは英語でサーモーン!」と力説するのだが、落款が「鮭」なこと。シャケが描いたのか…
 こうなると、オリジナルも「一切合切USA!」にしか聞こえなくなるから、恐ろしい。



 シャケと言えば、これも好き。シャケ缶を作るために、メーカーがどれほど危険を冒して、シャケを入手しているかを知らしめるCM。

Christmas All Over Again / Jingle Bells2015/12/20 19:56

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファンとしては、クリスマスと来て必ずイメージする曲、それが "Christmas All Over Again"。
 季節物の曲なのでライブ演奏の機会は殆ど無いが、幸運なことに2000年のチャリティ・イベントでの演奏動画が残っている。



 ハウイの声がまだ健在な頃と言えるだろうか。やっぱり彼の声は素晴らしいと思う。ホーンセクションも付いているし、ベンモントのピアノも豪華バージョン。
 何と言っても、トムさんとマイクがそろいもそろって短髪。どうしてそんなシンクロをしてしまったのやら。でも可愛いから許す。
 トムさんは顎の辺りに、翌年の体重ビッグバンを予感させる。でも可愛いから許す。

 テンポが速く、ゴキゲンで華やかで、ウキウキとした気持ちにさせる名曲。そんな曲調に、トムさんとマイクのリッケンバッカーがさらなる輝きを加えてくれる。
 有名なエピソードだが、この曲はジョージがプレゼントしてくれたウクレレで書いたとのこと。[Playback]に載っているトムさんのコメントによると、「ジョージ・ハリスンがやって来て、僕にウクレレをくれて、その日の午後ずっと付きっきりでコードを教えてくれたんだ。」
 いつ、どこでとも言っていない、なんだかちょっとお伽噺めいていて、突然ジョージが降って来るようなエピソードで好きだ。ジョージは時々、友人のところにひょっこり現れたという。エリック・アイドルが南の島のビーチでくつろいでいたら、突如ジョージが現れて、エリックが「どうしてここに?!」と言うと、「誰だってどこかにはいるもんだろう」と答えたという。私はそういうジョージが好きだし、彼の友人達もそうだっただろう。

 "Christmas All Over Again" のスタジオ録音版も、ライブ版も、最後は「ジングル・ベル」のメロディで締めくくる。
 「ジングル・ベル」というのは、有名なクリスマス・チューンだが、オリジナルはクリスマスとは関係ないそうだ。原題は "One Horse Open Sleigh" といって、馬にひかせるソリの歌。特にクリスマスを想定したわけではないらしい。実際、英語の歌詞にもクリスマス関連の言葉は出てこないそうだ。
 しかし、冬と、雪、人が集い、楽しく過ごす様子、曲調がクリスマスとちょうどぴったり合ったのだろう。いまやすっかり "Jingele Bells" というタイトルで、クリスマス・ソングとなった。
 日本語の訳詞の中には、「今日は楽しいクリスマス」という歌詞のあるバージョンも存在し、私もこれで覚えている。

 小学生の時、ハンドベルをやっていて、この曲もやったような気がするなぁなどと思っていたら、こんな物が引っかかった。
 エレガンス&インテリジェンスを宗とする当ブログ(←うそ)にはどうかと思ったが、余りの馬鹿馬鹿しさに、笑ってしまった私の負けだ…!

The Mousetrap2015/10/15 22:26

 舞台作品のロングラン ― しかも世界最長記録を持っているのは、ロンドンで上演が続いている、[The Mousetrap] 。邦題では「ねずみとり」と言う。原作はアガサ・クリスティ。

 舞台は、マンクスウェル荘というゲストハウス。ホテルに近い下宿屋といったところだろうか。結婚から1年、モリーとジャイルズがこのゲストハウスを開業したその日、予約客達がやってくるが、降り続く雪のため、孤立状態になる。さらに、雪道で立ち往生した旅行者も含め、主人夫妻と、5人の客があつまる。
 そこへ、警察から一人の刑事が派遣されてきた。刑事の説明によると、ロンドンで起きたある殺人事件と、このゲストハウスに何らかの関係があるのだと言う。やがて電話までもが不通となり、完全に外界と遮断されたゲストハウスで、事件が起きる ―



 いわゆる「クローズト・サークル物」の典型。
 クリスティは、1947年に小説 [Three Blind Mice] 邦題は「三匹の盲目のねずみ」を執筆。これを原作として、1950年に舞台化したのが[The Mousetrap]で、それ以来65年にわたって上演され続けているのだ。
 そもそも、「三匹の盲目のねずみ」というのは、UKで有名な童謡,マザーグースの一曲だ。
 よくあることだが、歌詞がやや不気味。

Three blind mice. Three blind mice.
See how they run. See how they run.
They all ran after the farmer's wife,
Who cut off their tails with a carving knife
Did you ever see such a sight in your life
As three blind mice

三匹の盲目ねずみが走る姿を見てごらん
農家のおかみさん、ねずみを追っかけ
ナイフでしっぽをちょん切った
そんなの見たことがあるかい

 この曲の動画をはりたいのだが、どうにもろくなバージョンがない。



 クリスティお得意のマザーグースの歌詞をミステリーに取り込んだ趣向で、舞台化したときに、[The Mousetrap] に改題された。
 [The Mousetrap]「ねずみとり」というのは、シェイクスピアの「ハムレット」に登場する。ハムレットが父の仇である伯父に、奇妙な演劇を見せたとき、伯父にそのタイトルを訊かれて答えるのが、"The Mousetrap"。敵である伯父を罠にはめようとする意図が隠されている。
 クリスティの舞台作品に「ハムレット」は直接的には関係しないが、舞台作品の題名としては秀逸だ。

 なにせ60年以上もロングランを続ける名作演劇作品だ。クリスティ・ファンとしては、一度は必ず ― いや、二度は見たい作品だろう。

The Great Silkie of Sule Skerry / I Come and Stand at Every Door2015/08/23 23:07

 F1ベルギーGPの興奮冷めやらず、まだドキドキしている。やれやれ。

 今日は、アイリッシュ・パブでのセッションだったのだが、食事中に聴いたBGMが、ふと気になった。確か、ザ・バーズで覚えている曲だ。アイリッシュ・パブで聴いたということは、アイリッシュ・ミュージックか、少なくともケルトの曲なのだろうか?

 この曲の原曲は、グレイト・ブリテン島の北方に位置する、オークリー諸島から伝えられたフォーク・ソング "The Great Silkie of Sule Skerry" だと言う。
 オークニー諸島は、ノルウェイやデンマークなどの北欧との接触が多く、簡単にケルトとはくくれないようだ。オークニー諸島の人々自身は、自分たちを「オーカディアン」と呼び、独自の文化,言語を持っている。
 "The Great Silkie of Sule Skerry" の歌詞は非常に不気味。父親の知れぬ子を産んだ女が、やがてその子の父親が海にあってはアザラシだという男だと知る。そして黄金の詰まった財布と引き替えに子供を父親に渡す。しかし父親が予言をする。女はやがて鉄砲の射手と結婚し、その射手が父子を殺すだろう ― 
 民話のような、神話のような、人間とアザラシ、文明と自然、生と死が溶け合った不思議な世界を、美しくも暗く、妖しく歌い上げている。

 この"The Great Silkie of Sule Skerry" も何人ものアーチストが歌っているが、どうやら私が今日聴いたのは、ジョーン・バエズのバージョンだったようだ。



 この曲に、ピート・シーガーがナジム・ヒクミットの詞を組み合わせて歌ったのが、"I Come and Stand at Every Door" だ。
 この曲の主題は、広島の原爆で死んだ七歳の少女。幼くして命を奪われ、その魂がこの世を彷徨い、平和を願う。やはり生と死、戦争と平和、全く違うようで、境界が曖昧なような。不思議なイメージがこの曲と詞を融合させている。

 ザ・バーズは、1966年のサード・アルバム,[Fifth Dimension] で、この "I Come and Stand at Every Door"をカバーしている。