Never Enough2022/12/26 19:58

 フィギュア・スケートの全日本選手権が終わった。
 女子は念願の、坂本 vs 三原の真っ向勝負となり、世界女王の坂本が二連覇を果たした。私としてはとても満足な対決,結果だった。
 ペアはなんとエース・カップルが出場できないというアクシデントがあったが、実力的には間違いないので、彼らが世界選手権でメダルを取ることを期待している。
 アイス・ダンスは、とうとう村元・高橋組が小松原組を破って日本一になった。しかも予想外に点差がついた。本当にここまで来たのだという、感慨もひとしおである。あの高橋大輔が、アイス・ダンスで世界選手権に帰ってくる!これだけでもワクワクだが、さらに言うならフリー・スケーティングにぜひとも進んで欲しい。後半組に入るのは難しいかも知れないが、最低限フリー進出。期待している。

 男子のフリーは最終組が、ある意味考えさせられる結果だった。6分間練習では、全員4回転ジャンプが絶好調で、文句のつけようが無かったのだ。
 ところが、本番になってみるとほぼ全員がミスの連発である。実は私も先週末ピアノの発表会だった。これまたミスの連発だった。練習で出来ていたことが、びっくりするくらい再現できない。本番というものは、まったくの別物なのだと再認識した。あの絶好調の宇野でさえ得意のフリップで転倒したのだ。本当にびっくりした。
 結局、誰の演技が一番良かったかと言えば。やっぱり友野を挙げたい。確かにジャンプのミスはあった。しかし、あんなに完璧な「こうもり序曲」があるだろうか。あそこまで表情豊かに演じきれる人が、ほかに居るだろうか。私の「好み」で言うと、彼が世界選手権代表に選ばれて嬉しい。
 二位という快挙の島田は、確かに世界選手権に行かせてあげたいと言う気もするが、今回の全日本の結果だけでは難しいところだろう。ランビエール同門の宇野としては、島田も一緒に行きたいという気持ちもよくわかる。女子は坂本と三原の同門二人が揃って出場するのだからなおさらだ。ただ、演技力で言うと島田と友野の間には差があったと思う。これまでも友野は世界選手権で結果を残して、日本の三枠獲得に貢献してきた経験もある。私はそれを買いたいと思う。

 さて、今回の全日本選手権で印象的な曲を使ったのは、ショート・プログラムで5位に入った三宅咲綺だった。去年は26位に沈んだという彼女だが、今年のSPは会心の出来で、全てのSPの中で一番感動させてくれた。
 コーチは坂本、三原と同じ中野園子コーチ。中野コーチ、凄いな!しかも振り付けは私が大好きな鈴木明子と来ている。これで感動しないはずがない。

 曲は、映画 [The Greatest Showman] の "Never Enough" ―― この映画は、確か飛行機で見たと思う。有名なオープニング・タイトル曲や、"This Is Me" などはちょっと大袈裟すぎて好きではないが、"Never Enough" だけは素晴らしかった。劇中ではオペラ歌手が歌うことになっていたが、まったくオペラ的な歌唱ではなく、ポップスの発声で違和感がすごくあったが、曲と歌唱自体は良かった。
 女優自身が歌ったのではなく、ローレン・オルレッドというプロの歌手が歌っている。最近、"Briten's got talent" に出たりして、やっとスポットライトを浴びつつある。

Yesterday2022/11/18 22:08

 フィギュアスケート、NHK杯の季節がやってきた。本命は、(世界ランキング的にも、わたし的にも)女子が坂本、男子が宇野。そしてアイスダンスの日本勢の争いに注目。なにせ村元・高橋組のリズム・ダンスがイケているので、小松原組も油断はできない。それから、個人的に贔屓にしているのが友野一希。あの表情ができるスケーターは本当に少ないので、推しなのだ。
 さて、金曜日、第一ラウンド終了。本命の二人がいきなり軽く躓いたのだが、まぁ、明日のフリーで逆転する流れなんだろうなぁ…と思う。坂本も、宇野も準備段階であまり良い手応えがしていなかったらしく、あれくらいになると自己分析も精密になる。でもそこは百戦錬磨の世界チャンピオンズである。フリーでは充分に魅せてくれるだろう。
 村元・高橋組が後半グループに残ったのはびっくり。最初はおっかなびっくり、昨シーズンは派手にミスってたりしたのに。やはり高橋大輔という希有なスケーターには本当に驚かされる。大谷翔平以上の驚異である。

 もうひとつびっくりしたのは、私が不覚にも "Yesterday" で感動してしまったことである。山本草太のSP, 歌っているのはマイケル・ボルトン。曲目もさることながら、この歌手で感動するというのもまたびっくり。すべて山本君のスケートの良さのおかげである。
 山本君、怪我に悩まされ、ジャンプがきまらず、なかなかトップ・オブ・トップには届かないスケーターだったが、独特の優雅さがあって、とても好かれている。今年はそこにジャンプの調子の良さも相まって、曲と歌手の重さに負けていない。
 何せ、"Yesterday" は「あまり好きでは無いビートルズの曲」のうちの一つである。なんというか… [Help!] というロック色の強いアルバムの中で浮いている。バラードとしては "I Need You" の方が上等だと思っている。しかもマイケル・ボルトン…私との接点がなさ過ぎで、意外な取り合わせだが、山本君のおかげで素晴らしい作品になったと言えるだろう。



 そういえば、フィギュアスケートの曲にビートルズを選ぶということを、かなり先進的にやったのは高橋大輔だ。まだヴォーカル入りが使えなかった頃に、インストゥルメンタルのビートルズ・メドレーを使ったのだ。あれもまた、高橋という希代の表現者だからチャレンジできたのであって、その後たくさんの人がビートルズやストーンズを使うきっかけになった。

 マイケル・ボルトンだけでこの記事を終わらせるのもどうかなぁと思ったが、かといってディラン様の "Yesterday" は、台無し感が半端ない。でも載せる。ディラン様とジョージの楽しい時間だからね。

Turn On Your Love Light2022/10/07 20:27

 携帯音楽プレイヤーをウォークマンに切り替え、日々Boseのスピーカーで聴いている。どうやら前代のガジェットに収納し忘れていたようで、ヴァン・モリソンのゼムが、"Turn On Your Love Light" をレコーディングしたのを初めて聴いた。



 これは格好良い。スペンサー・デイヴィス・グループを彷彿とさせるサウンドで、この曲の魂を熱く伝える。アウトロのコーラスのしつこさも、とてもソウルで、ロックで素晴らしい。
 ゼムの録音は1964年頃だが、オリジナルは1961年のボビー"ブルー"ブランド。ゴスペル歌手である。このゴスペルの信仰心の発露の仕方は、宗教の枠を越えて人の心を動かす力がある。
 ワイルドなホーンセクションから、ジャングルビートと、ピアノの細やかなリズムに乗って、熱唱するブランド。これは大人数のゴスペル・クワイアがやったら、もっと格好良いだろう。



 私が最初に "Turn on Your Love Life" を聴いたのは、映画「ブルーズ・ブラザーズ2000」においてだ。映画としてはオリジナルに遠く及ばないが、同窓会的な楽しさがあるし、やはり音楽は最高。
 バンド対決に登場したブルーズ・ブラザーズ・バンド。さすがの演奏技術である。ゼムやブランドの録音とは格が違うという上手さである。このバンドはシンガーが最高ではなくても愛嬌があって、ダンスが格好良く、人を食った感じがとても好きだ。
 そしてこういうのは、反則だと思うのだが、最後に少年のバスターが歌い出すところは、泣かせにかかっている。こういうベタな演出でも、音楽は素直に聴いて、素直に感動すると,心が晴れやかになる。ゴスペルの良いところはそういうところだ。

Queen's Piper2022/09/21 21:39

 UK史、UK文化に興味のある者として、エリザベス女王の国葬は必見であった。がっつりテレビにかじりつき、NHKが中継を終えても、CNNで引き続き追っかけ、結局ウィンザー,セント・ジョージ・チャペルでの礼拝までつきあった。
 ウェストミンスター・アビーも見所だし、紋章官たちや、ビーフィーター達が居並んでいるのも壮観。紋章官といえば、紋章院(College of Arms)の総裁は代々のノーフォーク公爵だが、現公爵の長男(アランデル伯爵。これまた中世以来の由緒あり)ヘンリー・フィッツアラン=ハワードは、2000年代にカー・レーサーをしていて、ライコネンのチームで走ったりもしていた。彼も葬儀の席のどこかに居ただろう。
 女王の棺はウェリントン・アーチで車に乗り換えたのだが、ケンジントン・ロードを西にたどったので、ロイヤル・アルバート・ホールの前(厳密には裏)を通ったときも、おお!と思った。私はここでハートブレイカーズとディラン、計5回コンサートを見ていて、とても思い出深い。

 音楽的にも何か興味深いことがあるのではないかと期待していたが、こちらの方はそれほどサプライズもなかった。お祝い事の時は何でもありだが、さすがに葬儀となると、そうは行かないか。ヘンデルの曲くらいは聴きたかったかも知れない。
 しかし葬儀全体を通しても、もっとも印象深かったのは、"Queen's Piper" という、「女王のためのハイランド・バグパイプ奏者」の演奏だった。物の記事を読むと、女王のお目覚めのために窓の外で演奏する人が居たらしい。本当に日常的にそうしていたのかどうかはともかく、「スコットランド」のパイパーが、UK国王の棺が地下に降ろされようとするときに、別れの一曲を奏で、そして去って行ったのはかなり良かった。



 ところで、「70年ぶりの英国王の国葬」というが、果たしてそうなのだろうか。2015年にレスターでリチャード三世の葬儀が執り行われたではないか!現グロースター公爵(エリザベス女王の従弟)も出席したし、ベネディクト・カンバーバッチも来てくれた(そこか!)。リカーディアンの端くれとしては、一応強調しておかないと。
 厳密に言うと、これは funeral ではなく burial だったので、「埋葬式」とでも言うべきだろう。



 そんなこんなで、色々と動画を見ていたら、プラチナム・ジュビリーの時のオープニング映像,「女王陛下とくまのパディントンのお茶会」を改めて見て、気付いたことがある。
 女王とパディントン、そしてもう一人の登場人物である給仕。この給仕、サイモン・ファーナビーではないか!
 思えば、あの可愛くなくて、やや不気味 ――「そうじゃない感」満載 ―― でもUKカルチャー好きとしては、けっこう楽しめる映画「パディントン」の監督は、ポール・キングだ。「ザ・マイティ・ブーシュ」に、「バニー&ザ・ブル」の監督でもある。そうなると、この辺りのコメディ作品でお馴染みのファーナビーは自然なキャスティングだったわけだ。それこそ、リチャード三世の発掘ドキュメンタリーの案内役も、彼だった。
 ブーシュ・ファンとしては、ジュリアン・バラットだったらもっと面白かったな!

Her Majesty2022/09/09 21:33

 広く報道されているように、英国のエリザベス女王が亡くなった。イングランドではエリザベス二世。スコットランドではエリザベス一世。ランカスター公爵、およびマン島領主。そのほかにも色々。英国史に興味のある者として、多少の思うことがある。
 96歳。つい先日まで新首相を任命していた。まさに、自らが誓ったように、一生涯を女王としての責務に投じた。

 在位70年 … 途方もない長さである。ビートルズも、ストーンズも、どの UKロックも、モンティ・パイソンも、映画も、ドラマも、コメディも、みんな英国に女王陛下が君臨していることを基本背景としていた。
 女王陛下のネタ、好きだったなぁ。モンティ・パイソンズ・フライングサーカスのシーズン2エピソード13が、ロイヤル・エピソードと言われ、「女王陛下がご覧になる」…ことになっていた。ローワン・アトキンソンも、映画で殺し屋と間違えて襲いかかっていた。「ミニオンズ」でキンクスに乗って大爆走する女王陛下も良かった。
 ヴィクトリア女王が在位した時代、そのヴィクトリア朝文化が思い浮かぶように(ディケンズとか、シャーロック・ホームズとか、ボートの三人男とか)、きっとエリザベス二世の時代は「ロックの時代」として後世に記憶されるのだろう。

 動画はまず、"God save the Queen" ―― 2009年プロムスのザ・ラスト・ナイトから。



 そして、どうしても外せないのはビートルズの、 "Her Majesty" だろう。ビートルズのというか、ポールのなのだが、とにかく超名作アルバム [Abby Road] の最後にそっと添えられた短いラブ・ソングは、とても愛らしくて、お茶目で良かった。

The HU / Yuve Yuve Yu2022/08/11 20:04

 音大時代は、仲間の間で色々なもの(音楽、楽器、曲, etc.)が流行ったが、ホーミーもけっこう流行った。たしか楽器学の講義で、モンゴルの喉歌、ホーミーが紹介されて、一生懸命真似しようとしたのだ。楽器学の先生曰く、下手にやると具合が悪くなるらしい。
 ホーミーのみならず、民族音楽全般も人気だった。モンゴル、ホーミーとくれば、日本人の間では「馬頭琴」という名前で有名なモリンホールである。―― と来れば、モンゴルのロックバンド、ザ・フー (The Hu)である。「匈奴ロック」というネーミングは安直だが、これはけっこう格好良い。



 かなり突き抜けた感じが良い。バンドイメージ的にやや中二病でなくもないが、音楽としては骨格がしっかりしていて、スカっとする。
 モンホールはかなりアレンジを施しているが、「草原のチェロ」の異名を取る以上の力強さ。
 さらにホーミーを用いた独特の歌唱法が、印象的だ。こうなると本当に血と地のなせる技で、なかなか真似が出来るものではない。

 この "Yuve Yuve Yu"が2018年後半に公開され、世界中に認知されるに至っただのだが、その後の世界が COVID-19 の時代になってしまったのが惜しい。落ち着いたら、さらに面白いものをひっさげて日本のフェスなどにも顔を出したら受けるのではないだろうか。

オタマトーン2022/07/21 20:08

 オタマトーンが欲しい。
 オタマトーン自体は、2009年からあるが、最近この動画を見てしまい、俄にめちゃめちゃ欲しくなっている。



 "Got Talent" はある程度の演出も入っているだろうから、上手く盛り上げているのだが、とにかくこのギタリストのお兄さんの演奏が凄すぎる。あの可愛くて間抜けなオタマトーンの見た目と、上手すぎる演奏、素晴らしすぎる歌声(?)しかも、超名曲 "Nessun dorma" なので、何度見ても感動してしまう。
 演出上、おじさん審査員は渋い顔をしなければならないのだが、あきらかに頭を抱えて笑うのをこらえている。その後の展開はお約束通りで、無用に感動してしまう。とにかくこのお兄さんと、オタマトーンは圧巻だ。さすがプロは違う。

 オタマトーンは、あの明和電機の開発した楽器,玩具である。明和電機としては、間抜けな味わいとオンチな楽器という馬鹿馬鹿しさを狙ったのだろうが、その上を越える人が居るのだから、びっくりである。
 そもそもあのネック(?)の短さで、あの音域の広さである。音程調整がかなり微妙だろう。F1 で言うと、オーバーステアリング状態で、オンチになることを前提としているような気がする。

 明和電機の土佐社長はさすがに上手 … なのだが、途中でオタマトーン演奏を放棄(?)するのが最高。



 欲しいな~欲しいな、オタマトーン…器楽好きとしてはたまらない…だが、ギタリストのお兄さんのように上手に弾けるはずがない。それは分かっているのだが、"Nessun dorma" を熱唱するオタマトーンをまた見てしまう、そして欲しくなる…!

I Forgot More Than You'll Ever Know2022/06/30 20:54

 仕事中に少しラジオも聴くが、ちょっと気になる曲があると、咄嗟にメモを取ることがある。しかし咄嗟すぎてどういう脈絡でメモを取ったのか、後で分からなくなることも多い。
 "I Forgot More Than You'll Ever Know" もその一つ。知っている曲だが、なにか訳があってメモったのだろう。

 カントリーの有名曲で、最初にヒットさせたのは、1953年、スキータ・デイヴィスのデュオだった。



 デイヴィスはともかく、バンドメンバーのキメッキメの衣装が凄い。正直言 って趣味が合わない。

 無論、私が最も印象深く認識している "I Forgot More Than You'll Ever Know" は、ボブ・ディランとトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズによるパフォーマンスである。ディランは [Sefl Portrait] でも歌っているが、なんと言ってもこのトムさんとのデュエットが最高だ。



 ディランの [Self Portrait] は美声バージョンのディランなので、このライブでの歌い方が本家(?)と言うべきだろう。なんと言っても、ディラン様とトムさんという、ダミ声対決の真っ向勝負が最高である。双方一歩も引かず、鼻を突き合わせるように歌い切る。なかなかできることではない。大抵はどちらかが調和を取ろうとするのだが、この二人は意地になって突き進む。
 特にトムさんの明らかに高すぎるキー。一応、出る音域なのだろうが、ある程度の長さのあるフレーズには用いず、ハーモニーとして必要ならハウイに任せるべき所だ。
 しかし、相手はボブ・ディランである。トムさん自ら高音を張り続け、最後まで付き合うのがすがすがしいほどに格好良い。

 やはりファンとしては、ボブ・ディラン with トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのツアーは、決定版としての映像再販と、アルバムを出して欲しい。それこそ、どんな巨大な箱でも買ってしまうに違いない。

譜面台2022/06/26 20:06

 生まれて初めて、譜面台を買った。
 ピアノはともかく、10歳からのフルートに始まり、ホルン、龍笛、バロック・リコーダー、小鼓(能楽)、ティン・ホイッスル、ウクレレと様々な楽器を習っていながらにして、譜面台を所有していなかった方が不思議だった。
 これまで、適当な椅子を引っ張り出して、譜面をおいていたのだが、最近 Work from Home のために椅子を新しくしたのだ。コクヨのワーキング・チェア ing Life。お高い買い物だったが、長時間座るので、妥協はしない方がいい。さらにインテリア的にキャスターが無い方を選んだので、気楽に引っ張り出して譜面を置くには不便になった。
 そこで、遅ればせながら譜面台を購入したというわけ。

 譜面台を出しっぱなしにしておく人は、かなり頑丈で立派なものを購入するのだろうが、私は使うたびに取り出して、使い終わったらしまいたい。そうなると、当然折りたたみ式になるわけだ。
 この折りたたみ譜面台というのが、クセモノ。小学生のころから、いろいろな折りたたみ譜面台をあつかってきたが、だいたいどこかネジが緩んでいて、不安定だったり、台がひっくり返ったりする。音高、音大時代も、ダメダメな譜面台をだましだまし使ったものだ。

 今回購入したのは、安心と信頼の日本製、しかもヤマハ MS-250ALS アルミで軽く、黒いマットな仕上がり。正しい扱い方の動画で、白衣のお兄さんが真面目くさって譜面台を出したりしまったりしてるのが、なんだか面白い。



 ネジが緩くなりにくい構造で、安心感もある。折りたたんで袋に収納。コンパクトに!



 我ながらなぜ、これまで購入していなかったのか不思議だ。
 道具を揃えて、楽器練習にも熱が入る ―― はず。

5分で弾ける!?2022/06/22 19:08

 YouTube でチャンネル登録しているものに、有隣堂しか知らない世界 がある。毎週火曜日と金曜日の16時頃に更新される(「カッキーン!イチロー!」と覚える)のを、とても楽しみにしている。
 有隣堂は某地域の書店チェーンで、私もお世話になっている。下手なテレビよりも面白い、高クォリティの公式 YouTube チャンネルを運営しているという訳だ。ちなみに、私がこのチャンネルを知ったきっかけは、「キムワイプ」をググったことだ。(キムワイプは化学系の友達とのジョークに良く出てくる)

 何はともあれ、2022年6月7日の動画を見てほしい。



 うわ、ブッコロー・モデルが出たら、アクリルのサンレレちょっと欲しいかも!
 しかし、この動画を見せられたウクレレの先生(ギタリスト)曰く…

「ええ~だめっすよ~コリングス・オーナーがこんなん、だめっすよ~え~なんすかこれ、ぜ~ったい音痴な楽器っすよ~防水とか言って、ネック木製じゃないっすか~」

 …とまぁ、けちょんけちょんだが、けっこう楽しんでいた。ブッコローの影響で、先生のところにもサンレレを抱えた人が来るかも知れない。

 そしてまたある人は、「ミンミンの方がよくない?」と言う。ミンミン?
 「みんなの民族楽器」ことミンミンは、2005年生まれと言うからサンレレとおなじくらいの歴史だろう。楽器の大きさの割に響きが豊かで、三弦のフレット付き。



 そもそも、演奏が容易なギター型の新しい楽器としては、一五一会が知られている。こちらも調べてみると、できたのは2003年だそうだ。つまり、サンレレやミンミンと、ほぼ同時期ということになる。



 ブッコローが、「指がつって F を抑えられず、窓からギターをぶん投げたと」言っていたように、多くの人がギターに挑戦しはては、夢砕かれてきたのだろう。そんな人たちのために、より容易に弾ける、お手軽な撥弦楽器が色々考案されているらしい。世界に目を向ければ、もっとたくさんあるだろう。
 先生曰く、「弓を使うのでなければ、この手の楽器は大抵弾ける」とのこと。そういえば、トムさんもマイク先生のことを「フィドル以外の弦楽器は何でも弾ける」と言っていた。
 確かに、ピアノが弾ける身としては、あの手の鍵盤楽器はそれなりに練習すればなんとかなるだろう。
 結局は、どんな楽器にしろモノにするには「それなり」の練習,努力が必要というわけだ。どうせ楽器を習うなら、「簡単」や「5分」がウリの安っぽい楽器よりも、まともな楽器を一日も早く習い始めることをお薦めする。退職したらなどと言っている場合ではない。ブッコローの人は若くもないが、かなり器用な方である。
 私は結局、根がクラシックなんだと思う。