Movie: Into the Great Wide Open (Directed by Brent Carradine)2017/04/01 00:00

 ブレント・キャラダイン監督の映画 [Into The Great Wide Open] の公開が決まった。

 これは、キャラダイン監督が1970年代にマッドクラッチがフロリダからLAまで車で向かった時のエピソードをもとに、ロック・スターを夢見る青年たちの珍道中を、コメディ・タッチで描いたロード・ムービーだ。
 キャラダイン監督によると、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのドキュメンタリー [Runnin' Down a Dream] に登場した、マッドクラッチのゲインズヴィルからLAまでの苦労多き旅の様子を見て、インスパイアされたという。
 お馬鹿コメディとのことだが、ポスターは一見、真面目なロード・ムービー風。そのギャップがなんとも言えない。



映画 [Into the Great Wide Open] あらすじ
 1970年代、フロリダの田舎から、スターになることを夢見て、ロックバンド,ダーティレンチの五人組は、LAへ旅立つことを決心する。しかし旅費が足りず、ありとあらゆる物を売り飛ばし、家族の車を強奪するはめに。
 出発するや、初めて見るサボテンや、雪に大はしゃぎしつつ、道中様々な事件を起こしながら西に向かう。しかし、オクラホマでのトイレ爆破事件をきっかけに、警察に追われることになる。
 音楽あり、カーチェイスあり、乱闘あり。涙と笑いと友情の珍道中は、果たして夢のLAまでたどりつくのか?!

登場人物
トミー:ダーティレンチのボーカル兼ベーシストで良きリーダー。度胸も決断力もあり、年寄りにも可愛がられるが、車酔いをするため、車中では役に立たない。

ミック:ダーティレンチのギタリスト。無口で大人しいが、いったん乱闘になると一番強い。LAには文通相手の彼女がいる。爆弾の解体が得意。

ランディ:ダーティレンチのドラマー。行く先々で女の子たちのハートをわしづかみにするが、それがトラブルの元となる。

ベン:ダーティレンチのキーボーディスト。バンドで唯一、金持ちのお坊ちゃまだが、大学からトミーによって拉致され、無理矢理LAへ向かわされる。

ジミー:ダーティレンチのローディー。彼女に振られて自暴自棄になっているときに、宇宙人のお告げを聞いて勝手にローディーとなり、LAへ同行する。

モンティ:ミックの飼い犬。ミック以外の人にまったくなつかない。特にトミーとは仲が悪く、ミックをめぐって争ってばかりいる。

デル:怪しい自称音楽プロデューサー。言動が支離滅裂だが、ダーティレンチで一攫千金を狙っている。

バートン:ダーティレンチを追い回す警官。偶然ラジオで聴いたダーティレンチの熱烈なファンになるが、バンド名を聞き逃したため、正体が分かっていない。

 音楽担当はもちろん、TP&HBおよび、マッドクラッチ。
 アメリカでの公開は夏。日本では秋公開予定で、邦題は「爆走!俺たちロックンロールな珍道中」。もう少しマシな邦題は思いつかなかったのだろうか。

Un Sospiro2017/04/06 20:26

 去年、ピアノでスカルラッティを弾いた後、リストの「三つの演奏会用練習曲 第3曲」を弾いていた。
 タイトルをこう書くとピンと来ないかも知れない。「ため息」という通称で良く知られている曲だ。
 「ため息」はショパンの「別れの曲」のように、日本でだけ通じる通称なのかと思ったら、どうやら "Un Sospiro" でも広く知られているようだ。ウィキペディアによると、リスト自身がつけたわけではなく、フランスの出版社がつけたらしい。特にこの「ため息」は素晴らしいネーミングだ。

 どういう訳だか、この曲が収録されているCDを持っていない。ルービンシュタインのリスト集に入っていると思い込んでいたのだが。
 YouTubeでいくらかの演奏を聴いてみたが、いずれも「ため息」というには、やや威勢の良い、賑やかな演奏が多い。冒頭に関しては、もっと密やかで、静かな演奏が好きだ。
 ここでは、チリ出身、20世紀の伝説,クラウディオ・アラウの演奏。



 ちなみに、この動画に使われているリストの肖像画は、ハンガリー,ブダペストにあるリスト記念博物館所蔵のもの。悲鳴をあげる女性に追い回される音楽家のルーツのような人なので、この肖像画もそういう雰囲気を意識しているに違いない。

 アラウの演奏は、コーダのところが、私が弾いた版とは異なる。
 
 「ため息」には、古い古い想い出がある。
 まだ私が 4, 5 歳の頃のこと。生まれて初めて、ピアノの発表会というものに出た。椅子から両足をぶらぶらさせている初心者なので、当然発表会の冒頭に弾いたと思う。
 その発表会のトリが、この「ため息」だった。あれを弾いたのは、現役音楽大学生だったのだと思う。音大生というものは、こういうものなのだ、これがピアノだという印象を強くしたと同時に、「ため息」というタイトルが記憶に焼き付いている。
 あれから数十年、私が「ため息」を弾いている。あの音大生だった人は、いま、どこでどうしているのだろうか。知る術もないが、ただ名曲「ため息」の美しいメロディだけが、今もかわらず流れている。

12-String Guitar2017/04/13 22:43

 チャック・ベリーが亡くなったり、J.ガイルズが亡くなったり。
 そうかと思ったら、15年以上前に亡くなったジョージが、未だにリンゴ・ラブラブ爆弾を投下したり。


Olivia Harrison Discovers George Harrison Song Written For Ringo Starr

 ジョージもジョージだが、絶妙に投下してくる当事者である、オリヴィアもなかなかのものだ。さすがは最強の嫁。次はどんなラブコールが飛び出すのか、ドキドキしているおじさん方も多いのでではないだろうか。
とにかく。この世は色々なことがある。

 そんな中で、いつもお世話になっているトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの日本のファン組織,Heartbreaker's Japan Partyに教えてもらった、「12弦ギターを使ったロック史上・最高の曲」というランキングが気になった。

The Top 30 12-String Guitar Songs of All Time

 まてまてまてまて、ちょおっと待て!
 納得がいかないぞ。この雑誌と趣味が合わないのだろうが、とにかく納得がいかない。1位の曲はたしかに偉大だが、12弦と限定して強調するべき脈絡の曲だろうか?(もっとも、このバンドが好きではないという事情もあるのだが…)

 バーズとビートルズの曲でトップ5を固めるべきだ!そもそも "If I Needed Someone" がランクインしていない時点で、論外だ!

 そしてこれ。リッケン馬鹿はかくあるべし!



 どうやら、私の頭では12弦ギターというと、リッケバッカーのエレクトリック・ギターしかないらしい。やはりアイドルの存在は大きい。
 どうでも良い事だが、ウクレレにも8弦というシロモノがあるそうだ。冗談半分で買ってやろうかとも思うが、先生に全力で止められそうだ。

ロックファン、京都へゆく2017/04/23 15:58

 木曜日から、二泊三日で京都へ行き、昨日帰ってきた。

 京都は中学校の修学旅行以来である。私は歴史好きな割に、現地に足を運ぶと言うことをしない。音楽が徹底的に実践主義である(自分で演奏する、聴きに出かける)一方、歴史は本で読んで、頭の中だけで思いを馳せるのが一番楽しいようだ。
 そもそも旅行にも観光にもさほど興味がない私が、なぜ観光地中の観光地に出かけたのか。

 きっかけはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズである。
 本当は、6月にニューヨークでの彼らのライブが見たかった。しかし、仕事のプロジェクトの予定があり、泣く泣く諦めた。もちろん、チケットはあっという間にソールド・アウト。しかも、今になってそのプロジェクトが頓挫しそうだという。
 余りの悔しさに、発狂しそうになった私は、突然「そうだ、京都に行こう」と思い立ったというわけ。たぶん、ロックの神のお告げだ。

 京都で思ったことが幾つかある。とりわけ、「観光」という産業について。
 ある地域について「主な産業は観光」といわれると、ちょっとピンときていなかった。「観光」は、本当に「主な産業」になり得るのだろうか?
 ところが、自分が純然たる観光客になってみると、これがなかなか、凄まじい消費力であり、一大産業であることが良く分かった。
 国内外から押し寄せる膨大な観光客は、まるで狂ったかのように消費をする。普段の冷静さを保っていれば、決して払わないようなものに、平気でお金を払う。非日常への憧れのパワーを思い知った。

 それにしても、レンタル着物で京の街を歩き、写真を撮りまくる人の多いこと!
 これはある種のコスプレで(事実、和装でありながら観光客ではない人は、容易に見分けがつく)、キーワードは「SNS映え」。SNSにアップした写真がさらに観光客を呼ぶのだ。
 今や、どの観光地もPR手法としてのSNSを、重要視しなければならない。

 さて、私は京都で何をしたのか。
 外国人観光客に頼まれて写真を撮ること数知れず、中学生に降りるべきバス停を教え(堀川今出川に一体何の用があるのかと思ったら、晴明神社だそうだ。陰陽師、恐るべし)、岐阜から来たマダム・グループにJR八条口を案内する。好物である豆腐と湯葉と生麩、老舗のお弁当、にしん蕎麦を食べまくり、1日2万歩以上も歩いても体重が増える。
 そして寺社仏閣巡り。司馬遼太郎のようにタクシーを駆使して、普通は入れないような所まで行くことは出来ないので、オーソドックスに有名寺社仏閣をめぐることになる。

 東寺、伏見稲荷大社、東西・本願寺、下鴨神社、慈照寺(銀閣)、南禅寺、八坂神社、高台寺、六波羅蜜寺、三十三間堂、智積院、豊国神社、二条城、北野天満宮。

 清水寺と鹿苑寺(金閣)に行っていない以外は、かなりコテコテのコースではないだろうか。  個人的なベスト3は以下の通り。

1位 智積院
 これはダントツに良かった。午前中に行ったということもあるが、とにかく空いていて静か。修学旅行生がいない。長谷川等伯の本物が見られる。レプリカも上手く展示してある。境内や庭が綺麗。修行僧のみなさんと挨拶できる。

2位 三十三間堂
 当初、人の多さを予想して敬遠していたのだが、やはり仏像の数の多さには魅力がある。朝の8時から公開しているので、朝イチに出かけた。これが正解。13世紀の物である本堂にひしめく千手観音と風神・雷神、二十八部衆は圧巻。

3位 東寺
 弘法市を翌日に控え、車が多くて地元のおっちゃん、おばちゃんが賑やかだが、意外と観光客は少ない。午前中で、他の観光地から離れているからだろうか。ここも仏像が量で迫ってくるので、見応えがある。

 ほかには、南禅寺も比較的人が少なくて良かった。六波羅密寺の建物は新しいが、持っている彫像はやはり見逃せない。

 さて、このブログは音楽雑記である。何か京都で音楽的な収穫はあったのかというと。これが全くなかった!雅楽も能楽もあるはずの古都だが…そもそも、TP&HBを見に行けないことへの、腹いせのような衝動旅行だったので、何も調べていなかった。
 伏見稲荷大社で神楽を奉納している人がいたのだが、背後の拝殿でグワングワン鳴りまくる鈴の音で、何も聞こえない。結果、収穫なし。
 次回があるとしたら、せめて金剛流の能くらいは調べて見ることにしよう。