Unplugged from Daryl's House Club2017/02/04 20:52

 シスター・ヘイゼルのライブ・アルバム [Unplugged from Daryl's house club] が届いたので、さっそく聴いている。ライブの様子が収録されたDVDもセットなので、とてもお得。
 このアルバムが発売されたのは、去年の9月。
 私はヘイゼルのファンのくせに、その新譜情報をキャッチするのが遅い。TP&HBは日本のファンコミュニティに参加しているし、ディランやビートルズ、ストーンズなら、情報は普通に日本語のニュースとして伝わってくる。
 しかしシスター・ヘイゼルとなると、自分で情報をキャッチする努力が必要。私は twitter もfacebook もやらないので、必然的に情報が集まってこない。
 さすがにこれはまずいので、さっきニュースレターの登録をした。

 さて、この [Unplugged from Daryl's house club] だが、その名に出てくる「ダリル」というのは、ダリル・ホールのこと。彼が自宅に作ったクラブで、小規模なライブを開き、それをインターネット番組として配信しているのだ。名だたるアーチストが出演しているが、シスター・ヘイゼルも、その仲間に加わったというわけ。
 タイトルのとおり、コンセプトはアンプラグド。ギターは三人ともアコースティックだ。ケンとライアンは日本のタカミネ、ドリューはギブスン。
 撮影機材にはそれほどお金をかけていないらしい。テレビで再生するなり、「画像粗ッ!」となってしまった。YouTubeで見た方がよほど綺麗。



 もともと、ヘイゼルの曲はアコースティックに作って、エレキで味付けする感じなので、アンプラグドにしたといって、それほどの新鮮味はない。いつもの素敵なロックをきかせてくれている。
 ライアンは少し減量したかな?首回りが、ややすっきり。やばそうなのは、ドリュー。典型的なアメリカの肥満体型。睡眠無呼吸症候群になっていやしないかと、心配になる。
 もともと、容姿で売る気がまったくないから、構わないけど。みんな良い年になっているので、健康に気をつけて欲しい。ジェットはスマートだし、いまやヘイゼルで一番格好良くなっている。

 じつのところ、90年代に猛威をふるった「アンプラグド」というアイディアを、私はあまり買っていない。ロックという単純な作りのポピュラー・ミュージックは、エレクトリック・ギターのサウンドをフルに活用して、威勢良く迫ってくるからこそ、魅力的なのだ。たまに別の側面として、アンプラグドなサウンドを聴かせるのも良いが、コンサートやアルバムのコンセプトがまるごとアンプラグドとなると、ちょっと物足りないし、やや退屈。
 ヘイゼルのライブ・アルバムとしても、同じ感想を持った。そういう観点から言えば、2003年のライブ・アルバム [Live*Live](映像作品としては [A Life in the Day])の方が、ロックバンドらしくて好きだ。
 今回の「アンプラグド」では、アンコールでドリューをピアノを弾きながら一人で "This kind of love" を歌っているけど、ややイマイチ。この曲、前のライブアルバム [20 Lives] ではオーケストラや合唱とコラボしていたが、これもちょっと空振り気味だった。

 やっぱり威勢良く、"Change Your Mind" や、"Mandolin Moon", "Happy" などを演奏している方が良い。もちろん、ヒット曲 "All for You" では大盛り上がり。
 最新アルバムからの "Something to Believe in" では、"Just a kid from Gainesville watching Petty with my lighter in the dark" という歌詞のところでちょっと盛り上がるのが良い。

 去年のアコースティックなシスター・ヘイゼルついでに、こんな動画も。ライブでの、"Listen to Her Heart"。ギターソロでライアンが失敗して、苦笑している。カワイイから許す。

Leave Virginia Alone2017/01/28 22:16

 ロッド・スチュワート1996年の曲に、"Leave Virginia Alone" があり、これはトム・ペティが作ったもの。
 話を聞くところによると、トムさん自身のアルバム [Wildflowers] 用だった楽曲を、録音までしていたが、結局ロッド譲ったのだという。
 アルバムの看板曲にはならないが、素朴で、素敵な曲だ。



 [Wildflowers] と言えば、確か "You Wreck Me" もミック・ジャガーのレコーディングに検討されたという話も聞いている。この時期、トムさんやマイクの曲が各方面に求められていたのだろうか。
 もともとトムさんが書いたとなると、当然トムさんのバージョンも聴いてみたいものだ。

 そういえば、[Wildflowers – All The Rest] の情報は、その後聴かれないのだが、どうなっているのだろうか。"Leave Virginia Alone" も収録されていることを期待しているのだが。
 期待を持ちつつ、[Wildflowers – All The Rest] に収録されている(はず)の、"Somerware Under Heaven"。これがカットされたというのだから、恐ろしい。

日本の伝統芸能展2017/01/24 21:48

 国立劇場開場50周年記念,日本の伝統芸能展を見に行った。日本橋の三井記念美術館にて。
 実のところ、演劇や音楽はそのものを観賞するか、参加するかで、展覧会で見るものではなないと思っている。そう言いつつ、見に行くのを先送りにしていたのだが、見ないというのも癪なので、ぎりぎりになって見に行った。



 私が好きな邦楽は、雅楽と能楽。雅楽の演奏会にはよく行くし、ニセの新作能をでっちあげたこともある。

2015年4月1日 新作能「エルヴィス」

 そのような訳で、期待していたのは雅楽と能楽の展示。
 まずは、雅楽の舞楽面が数点。琵琶,篳篥,笙などの道具が数点。以上。
 能楽は大鼓,小鼓の胴、能管、能面数点。以上。

 物足りない。
 雅楽なら、もっと豪華絢爛な装束とか、火焔太鼓とか。もっとあるだろうに。
 能面については、旧金剛宗家から受け継いだ能面が54面、しかも重要文化財に指定されているのだがら、全部ずらりと並べれば良いのに。孫次郎の小面「オモカゲ」一つさえあれば良いとでも思ったのだろうか。
 金剛流は戦前に坂戸金剛宗家が断絶し、受け継いできた面をまとめて三井に譲渡したのだが、これは純然たる譲渡だったのか、売却だったのか、ちょっと気になっている。もっと気になるのは、せっかくの能面が美術館に収まっているということだ。面は舞台で用いられるからこそ生きる。ぜひ積極的に使って欲しい。

 屏風の展示室には、「舞楽図」が数点あった。「舞楽図」とくれば期待するのは、俵屋宗達なのだが、もちろんそんなビッグネームは無い。私が見た時は狩野探信でもなく、輪王寺蔵の作品だった。
 描かれている舞楽の数が多くて面白いのだが、どうせなら俵屋宗達が見たい。

 屏風以降の展示は浮世絵などになってしまう。私は近世邦楽に興味が無い。

 結局、やはり音楽,芸能はその演じるものを聴く、見るものであって、展覧会で見るものではないということを、確認するに至った。

Mudcrutch Live 20162017/01/19 22:16

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファンクラブ,Highway Companions Club の豪華プレゼント第二弾が届いた。2016年,マッドクラッチ・ツアーから、トムさんの選曲による16曲をおさめたライブ・アルバムのダウンロードだ。
 16曲なんて、なんて豪華な!マッドクラッチの2枚のアルバムからはもちろん、名曲のカバーもある。さっそくダウンロードしてリピートしている。



 こんな、引き裂かれそうなアルバムはない。まさに、心が引き裂かれそうになるアルバムだ。

 音楽を聴いていて、こんな感想を持つことは、ほとんど経験がなかった。
 心が引き裂かれるというのは、「良い」という感想と、「悪い」という感想がせめぎ合って、どうしようもないということである。

 良いというは、素晴らしい曲を、素晴らしく演奏し、私を感動させる、そういう力が音楽に宿っていると言うこと。
 「悪い」というのは ― ここは言葉を選ぶのが難しい。もの凄く無遠慮に、鋭く、直裁に言えば、演奏が下手だということ。もう少し言葉を選べば、演奏の評価に対する価値感,センスが合わない。

 ここでいちど、マッドクラッチというバンドが何者であるかを、振り返っておこう。
 元々は、1970年代初頭に、トム・ペティと友達のトム・レドンが組んだバンド。このトムトム・コンビはかなり仲が良かったらしい。レドンは、イーグルスのバーニー・レドン(リードンとも表記する)の弟。
 そのマッドクラッチに、ドラマーのランドル・マーシュとギターのマイク・キャンベルが加わった。後にレドンが脱退し、ベンモント・テンチが加入する。
 他にも数人のメンバーが在籍したことがあるマッドクラッチだが、LAに出てレコード会社と契約,録音も行ったものの、上手くきっかけがつかめず、解散。マッドクラッチ・メンバーのうち、トム・ペティとマイク・キャンベル,ベンモント・テンチが、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズを結成して、大成功したというわけ。
 2006年にデビュー30周年企画でハートブレイカーズのドキュメンタリー映画が制作された際、トム・レドンとランドル・マーシュがインタビューに登場。これがきっかけとなり、トム,マイク,ベンモント,レドン,マーシュの5人で「第二期マッドクラッチ」が再結成され、2枚のアルバムを発表し、ツアーを行うに至る。

 さて、以上を踏まえて。
 ライブで演奏される曲はどれも最高。トム・ペティのヴォーカルも、いつものとおり素敵。マーシュも1曲でリード・ヴォーカルを務めるが、これもなかなか上手いし、自作の曲もかなり良い。レドンとマイク,ベンモントのヴォーカルは素人の域を出ず、まぁ、ご愛敬というところか。バーの常連のおじさんがステージにあがった感じ。コーラスは、サポート・メンバーのハーブ・ピーターソンもいるので、けっこう上手く行っている。
 バンド演奏のほうも、だいたいOKなのだ。トムさんのベースに問題はないと思うし、マイクとベンモントは、当然素晴らしい。レドンのギターに難も無いし、ピーターソンのサポートも相まって、うまくまとまっている。

 しかし。しかしなのだ。
 ランドル・マーシュのドラムだけが、どうしても受け入れがたい。
 普通に刻んでいるうちは良い。しかし、やたらとフィルイン(「おかず」とも言う)が入り、それがどれも気に入らない。バタバタして、収まりが悪く、締まりがない。悪目立ちが過ぎて、イライラする。"The wrong thing to do" などはあまりのメチャクチャぶりに、発狂しそうになった。
 感性ではなく、理性で判断すれば、マーシュもそれなりのドラマーであるはずなので、これは、たぶん音楽的価値感の違いでしかないのだろう。彼のドラミングが気に入らないと言うことは、スタジオ録音アルバムの時から、ずっと思っていたのだ。
 とにかく、スタン・リンチやスティーヴ・フェローニの時は、心地よく聴いていたのに、このバンドのドラムとはどうしても合わない。

 "Scare Easy" や、"Hope" など、マッドクラッチのオリジナル曲はどれも素晴らしいし、"Lover of the Bayou" や "Knockin' on heaven's door" のカバーなど、涙が出るほど感動的。なのに、どうしても駄目なドラムのフィルインがついて回る。
 まさに心は引き裂かれ、どうしようもない気持ちになる。胸が一杯になりながら、身もだえするほど、気持ちが悪い。

 普通のバンドなら、「ドラマーをかえろ!」ということになるのだろうが、マッドクラッチは結成の経緯からして、それはあり得ない。これはそういうバンドなのだと諦めて、良さのほうに耳と心を傾ければ、何度も聞けるアルバムなのだ。実際、何度も聴いている。
 ヘッドホンから聴いているから、ストレスなのであって、ライブ会場で興奮しながら聴いていれば、きっと幸せなままなのではないだろうか。とにかく、ヴィルトゥオーソとそうでない人のバンドは、存在しているだけでも大した物で、それがなかなか興味深い存在でもある。

Honda Racing / Queen2017/01/15 22:16

 2015年にF1復帰したホンダ・レーシングを追ったドキュメンタリーが、お正月に再放送された。最初の放映の時に見損ねていたので、良い機会だった。
 見て驚いたのが、レース様子の動く映像がほとんど無いこと。フジテレビの権利があるからだろう。それにしても、レースの映像無しにF1を追うというのは無理がある。ホンダの技術者たちの奮闘や、パワー・ユニットの話は面白かったが、F1ファンとしては消化不良な番組だった。

 番組中に、クイーンの曲が使われていた。いずれもUKにあるマクラーレンの拠点が登場したところ。英国つながりというものだろうか。
 先に聴いた方は、クイーンであることしか分からない、知らない曲だった。確認してみると、"Hammer To Fall" とのこと。私はクイーン前期のアルバムしか持っていないので、1984年のこの曲を知らなかったわけだ。



 クイーンのことはあまり知らないが、ジョン・ディーコンの姿は好きだ。

 もう一曲は、すぐに分かった。"Seven Seas of Rhye"



 この映像を見ると、クイーンがいかに日本で愛され、日本での人気が起爆剤になったのかが良く分かる。
 そして、ブライアン・メイが時々、マイク・キャンベルに見えるというのは、ハートブレイカーズ・ファンとしてのお約束。

Wah-Wah2017/01/11 20:52

 ジョージの公式ツイッターによると、1969年1月10日は、ジョージが「バンドから抜け出して家に帰り、"Wah-Wah" を作った」日だそうだ。
 ツイッターにはそうとしか書いていないが、どうしてバンドから抜け出したかというと、もちろんポールにムカついたからである。
 そんなわけで、まずはスタジオ・レコーディングの "Wah-Wah"。収録アルバムは、もちろん名作 [All Things Must Pass]。



 ジョージの曲のなかで一番好きな曲はと聴かれたら、一応 "Isn't it a pitty" と答えることにしているが、実のところ "Wah-Wah" も捨てがたい。これらの曲が同じアルバムに収録されているところが、ジョージの凄まじさなのだ。
 クールだけど熱くて、煌びやか。こんな名作が生み出されるのだから、ポールに感謝しても良いかも知れない。
 ジョージにとっても自信作だったのではないだろうか。[Concert for Bangladesh] ではバンド・パートのオープニングを飾っている。あれだけの人数がステージ上に揃っていれば、やりがいのある曲だ。

 ライブといえば、"Wah-Wah" の一番の名演は [Concert for George] だろう。



 目一杯の人数をステージ上に揃え、ありったけの音を響かせまくる。この曲の演奏はこうでなくてはいけない。このコンサートはジョージの追悼コンサートだが、とてもそうとは思えないほどの、ハッピーな祝祭感。音楽監督を務めたエリック・クラプトンと、ジェフ・リンに拍手喝采である。
 そして動画で見るたびに笑うのだが、トムさんの位置取りが最高。ダニーとクラプトン、どちらを捉えてもしっかり映り込むニコニコ・トムさん。金髪も目立つし、大口開けて笑っているし。大好き。

 "Wah-Wah" にはカバーも多いが、私の印象に残っているのは、オーシャン・カラー・シーンによるカバーだ。2004年のレコーディングだというから、[Concert for George] の演奏を見て、録音する気になったのではないかと、推察している。
 オリジナルの良さをよく理解して、カラフルに、ハッピーに、華やかな音作りをしているところが、とても好感触だ。

Some Other Guy2017/01/07 22:06

 ランダムにiPodでアルバムを聴いていたら、ビートルズの [Live at the BBC] になった。
 このライブ・アルバムは思い出深い。発売された時はまだ学生で、CDを自由に買うことは出来なかった。ビートルズのアルバムも、まだ全て揃えきってないころだった。このアルバムは、就職してから購入したと思う。
 ビートルズの「新曲」が聴けるのも嬉しかったし、カバーデザインや、リーフレットの写真も格好良い。



 曲目として一番印象的だったのは、"Some other guy"。ビートルズのドキュメンタリー作品では必ず登場する、キャバーン・クラブでの演奏曲目が、この "Some other guy" だった。BBCライブの綺麗な演奏にまず、感動した。
 そして改めて、キャバーンでの演奏を見てみると、ライブハウスの熱量が溢れていて良い。どうやら、テレビ局もカメラが入った関係でこの時は2回演奏したようだ。たぶん、動くビートルズ演奏の映像としては、いまだに最も古いものではないだろうか。



 "Some other guy" はもともと、リッチー・バレットによる R&B の曲だった。女性コーラスが賑やかで、オルガンとブラスがゴージャスだ。



 "Please Mister Postman" もそうだが、ビートルズがカバーした途端に、唯一無二のロックンロールに仕上がり、疾走感、軽快感、幸福感が増すから不思議だ。

 ビートルズの "Some other guy" は当時リリースされなかったが、ブライアン・エプスタインと契約していたマージービートバンド,ザ・ビッグ・スリーがリリースした。それが、こちら。



 ビートルズを知ってから聞いてしまうと、やはり少し気の毒。ぼんやりした印象で、パワーに欠ける。容姿も、やはりビートルズにはるかに及ばない。

八仙 / Start Me Up / Painkiller2017/01/02 11:54

 いつものとおり、ダラダラしているだけの正月である。
 去年末の第九のテレビ放映は、合唱が母校ではなかったのが祟って、まだ見ていない。ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートは、ちらっと見たが、楽友協会の黄金の大ホールを見ただけで、満足している。曲目が面白くないのが、ニューイヤー・コンサート。いつものことだ。

 元日の朝、テレビで雅楽(舞楽)が放映された。去年は詩吟だったので、がっかりしたのだが、今年はしっかり宮内庁楽部の演奏が放映された。
 曲目は、「八仙」という、ちょっと馴染みのなかったもの。四人の舞人が、鮮やかな冠をかぶり、鶴を模した面をかける。鶴と言うよりは、カラス天狗なのだが。要するに、酉年なので鳥を題材にした舞楽にしたらしい。装束は、鯉の柄に、網を掛けたような、これまた独特な物。
 曲としては、たいして面白くもない。笙が入らないので、音の厚みとしてもやや寂しい。迦陵頻のほうが華やかで可愛くて良かったのではないだろうか。童子舞なので、ハードルが高いのだろうか。

 新年にあたってHPを更新したのは、ザ・ローリング・ストーンズ。"Start Me Up" の動画があがっただけだが、すかっとする。2013年のハイドパーク。夕暮れ前の光溢れるステージに、輝くストーンズ。なんだかありがたい。



 最後に、ちょっとした話題。
 ベンモント・テンチが年末にアップしたインスタグラムのコメントによると、3,4年前に膝を痛めて、今も手術あとが痛いとのこと。スマートで健康そうなベンモントにそんなことがあったとは、知らなかった。
 「今回の痛み止めはイブプロフェン。オーピエイツほどは効かない」と言っている。
 Opiates はあへん系の鎮痛剤なので、市販薬にもなっているイブプロフェンよりは、もちろん強い。
 今年は大規模なツアーがある。痛みは辛いだろうから、大事にしつつ、乗り切って欲しい。

Live at Fenway Park2016/12/28 23:13

 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのファンクラブ,Highway Companions Clubが、2014年ボストンのフェンウェイ・パークでのライブ音源ダウンロードという、クリスマス・プレゼントをくれた。



 2014年は、私もニューヨークで見ている。しかし、盛り上がりと混沌と喋りまくるアメリカ人に紛れて分からなかった音がしっかり鳴っていたことが、良く分かる。
 まずはオープニング・チューンだった "So you want to be a rock 'n' roll star"。80年代よりもたっぷりとしたテンポ感であることは分かっていたが、スコットのコーラスがかなり頑張っていることを、今回初めて認識した。
 他の曲でも、スコットを中心にベンモントとロンが頑張ってコーラスをしてるのが健気だ。確かに、スタンとハウイがいた頃のようはできないが、みんな60代になって、しっかりバンド・コーラスワークを支えようという意気込みが格好良かった。

"A woman in love", "Mary Jane's Last Dance" などは、お馴染みの曲。後者では、トムさんが "pigions" で声が裏返ってしまったのがカワイイ。

 "American dream plan B", "Forgotten man", "U get me high", "Shadow people" の4曲は、この時の新譜 [Hypnotic Eye] からの曲。これらは、アルバム収録曲の忠実な再現という感じ。現在進行形のハートブレイカーズのフレッシュな作品で、とてもしっくり来る。
 お馴染みのヒット曲を、年を取ったバージョンでプレイするのも嬉しいが、こういう現役感のある選曲も格好良い。しかも演奏はかなり練習しているようで、ほぼ完璧ではないだろうか。
 このライブを聴くと、改めてアルバムを聞きたくなる。

 アンコールは、お馴染みの "You wreck me" と、"Amerian girl"。  今回のダウンロードで一番驚いたのは、"American girl" だった。何と、キーがD!オリジナルのキーで歌っているのだ。
 数年前からCに下げていたのだが、2014年はDだったのだ。これはびっくり。ニューヨークでは全く気付かなかった。
 お馴染みの曲をいつものように演奏しているように見えて、実はいろいろ変えたり、挑戦しているハートブレイカーズ。来年のライブは見に行けないのが残念だが、その活躍が楽しみだ。

Maggie May2016/12/23 21:53

 ウクレレで何を弾こうかと先生と相談したとき、一度はやってみたかった曲を提案した。それがロッド・スチュワートの "Maggie May"。
 要は、あのマンドリンのパートがやってみたかったというだけ。



 この曲は私にとって、ロックの名曲中の名曲。ウクレレに編曲してみて分かったのだが、メロディは大した音域もないし、ダイナミックさもない。コードも単純で、これと言った特徴はない。歌詞はロッドの実体験に基づく、少年時代の恋だ。
 "Maggie May" を名曲にしているのは、何と言ってもロッドの上手さと、編曲の良さだ。

 私はアルバム・バージョンで聞き慣れているので、イントロのアコースティック・ギター無しに "Maggie May" は想像できない。ウクレレの先生と意見が一致したのだが、このアコギは決してロニー・ウッドではないだろう。確認してみたらその通りで、ロッドと共同で曲のライターに名を連ねている、マーティン・クイッテントンだそうだ。
 ドラムをはじめとするパーカッションのドタバタとした雰囲気が、甘く流れないロックな格好良さを保っている。
 そして、本来ギタリストである、ウクレレの先生を爆笑させた、ロニーのギターソロ。このぐにゃぐにゃ加減、上手いのだか、下手なのだか、良く分からない。しかし耳の良いロニーらしく、この曲にはこれしかないという、素晴らしいソロだ。

 バンド、ヴォーカル、どちらも素晴らしく揃い、その上にコーダのマンドリン。このマンドリン・ソロがなかったら、この曲はロックの「けっこう良い曲」の一つにとどまっただろう。マンドリン・ソロこそが、"Maggie May" をロック最高峰の大名曲にしたのだ。
 肝心の演奏者について、スリーブにはこうある。

 "The mandolin was played by the mandolin player in Lindisfarne. The name slips my mind."
 マンドリンはリンデスファーンのマンドリン奏者が弾いている。名前は忘れた。

 凄いクレジット。「リンデスファーンのマンドリン奏者」とまで分かっているなら、書けば良さそうなものだが。
 マンドリンを弾いているのは、レイ・ジャクソン。"Maggie May" を収録しているアルバム、[Every picture tells a story] の中では、"Mandolin Wind" でも弾いているようだ。
 実はこのレイ・ジャクソン、2003年に "Maggie May" のライターとしてのクレジットに自分を加えるべきだとして、ロッドを相手取り、訴えたそうだ。曰く、あのマンドリンフレーズは自分のアイディアなのだからとのこと。
 ジャクソンによれば、完成していなかった "Maggie May" に関して、ロッドからなにかアイディアはないかとスタジオで相談され、その結果があのソロなのだという。
 これはちょっと無理のある訴えだったようだ。その後この訴えがどうなったか良く分からないが、いまでもライターとしてのクレジットは、ロッドとクイッテントンのみである。セッション・マンが、いちいち自分の演奏を根拠に作曲者に名を連ねるべきだと言い出したら、ポップスは作曲者欄が異常に長くなってしまうだろう。

 個人的には、"Maggie May" を名曲たらしめたマンドリン・ソロの奏者は、あのヘンテコで謎めいたクレジットで良いのではないかと思う。「名前は忘れた」などと書かれたからこそ、私はリンデスファーンが何者かを調べたのだし、彼らのアルバムを買うことにもなったのだから。

 ロッドの代表作だけあって、"Maggie May" のライブ・バージョンは、当然たくさんある。私にとって印象的なのは、[Unplugged] の時だ。ロッドもまだ良い声をしているし、何と言ってもロニーとの何とも言えない和やかな空気が良い。曲の最後に、ロッドがロニーにキスする、いつものお約束も果たされている。