All Things Must Pass / Day 1, 2 Demos2021/08/20 20:10

 私が購入した [All Things Must Pass / 50th Anniversary] は、5CD/BR Super Deluxe である。
 本編のリマスターが CD 2枚、さらに音質の良い(はず)Blu-Ray 1枚。
 そして、1970年5月26日と、27日のデモセッションが、それぞれ1枚の CD になっている。

 二日分のデモを聴いていて、まず印象的だったのは、ほとんどジョージの頭の中では、曲のイメージが完成形としてできあがっていたのだということだ。最終的にアルバムに収録された曲の多くが、バンド・バージョンとしては固まっていて、あとはブラスとストリングス、コーラスを足すだけという感じなのだ。
 "Wah-Wah" などは、ジョージのヨタっとしたヴォーカルが、完成形の重厚さとのギャップがあってよく笑われていたが(ブートで知られていた)、実のところ、ジョージの中では重厚なサウンドはもうイメージができていたのだろう。たまたま、一人で歌って見せたから、ああなっただけ。
 ディランが散々苦労していた "If Not For You" なんて、ジョージの威勢の良い感じの方が、説得力がある。

 アルバムに最終的に収録されなくて、もったいなかったなと思うのは、"Dehra Dun" と、"Om Hare Om (Gopala Krishna)" の二曲。どちらもインド風の曲だ。
 これらをいわゆる「ラーガロック」風の重厚でカラフルなサウンドで仕上げていたら、さぞゴージャスで格好良かっただろう。

 これは私の知識の問題だが、"Beautiful Girl" もこの頃に、ほぼできあがっていたとは、知らなかった。私はてっきり、オリヴィアに出会った後の曲だと思い込んでいた。名曲だから、[ATMP]期のサウンドで作りあげたら、どうなっていたか、興味がわく。
 "I Don't Want To Do It" も同様。これはディラン様が作った曲で、60年代末につるんでいた頃にディランからもらったのだろう。

 意外だったのは、"I Dig Love" ―― これは、アルバム収録バージョンと大きく異なる、数少ない曲の一つだ。
 これ、デモ・バージョンの方が断然格好良い。凄くエッジの効いたロックンロールで、このままドカンと爆発させててくれたら、もっとよかったのに。



 "I Dig Love" も含めて、[ATMP] ゴージャス・サウンドで仕上げて欲しかったという曲は、これからダニーが、ライブでやってくれれば良いのではないだろうか。彼は友達も多いし、簡単に大編成が作れそう。私は期待している。

All Things Must Pass / 50th Anniversary2021/08/16 19:39

 [All Things Must Pass / 50th Anniversary] は、一週間以上まえに手元に届いてたのだが、再生機器の問題で、今日から聞くことが出来た。

 まずは、リマスターされた、本編 [All Things Must Pass] からじっくり聞き込む。
 私が買ったボックスには、Blu-ray Audio がついていた。オーディオのことはよく分からないが、とにかくこれが一番、音が良いのだろう。
 問題は Blu-ray ということで、普通のCD プレイヤーでは再生できないし、ファイル形式をコンバートしてしまうのも、意味がない。
 そこで、パソコンで再生し、仕事中は Bose のワイヤレスで聴いていた。Work From Home 万歳。しかし、Bluetooth だと、これまた音が悪くなる言う話もきいているので、いまは有線の Bose で聴いている。うん、やっぱりこっちの方が音が良い。

 さて、50周年のリマスターである。事実上、ダニーが施した「ダニー版リマスター」と呼んで良いだろう。
 これが色々な意味で「凄い」。フィル・スペクターっぽさが吹っ飛んでしまい、全てがクリアで、一つ一つの音が手ざわりで分かるようなサウンドに、大変身したのである。
 これは賛否が分かれるのではないだろうか。
 オリジナルのフィル・スペクター・サウンドだからこそ、[ATMP] は名作なのだと考える人やファンもいるだろう。そういう人たちにとって、今回のリマスターは邪道であり、「ジョージが望んだ物ではない」と考える人が居てもおかしくない。

   私の評価はというと、これはもう、文句なしに大絶賛である。そうだ、これが聴きたかったんだ!私は元の性分として、ボワーンとしたリバーブの多い音が嫌いなのだ。
 この50周年 [ATMP] は、もの凄くライブ感があるのだ。まるで目の前で大編成のバンドが演奏しているように聞こえる。ブラスやストリングスもいるが、後ろの方で控えめにならしており、核になるのはロックバンドの編成である。
 音の一つ一つが、その演奏者の仕草、手元、表情を想像させる。手触りのしっかりした、立体的でエッジ利いた音 ―― 最高ではないか。
 「この音なんだろう?」というベッタリとした油彩画の壁ではなく、繊細な線描写の施されたされた細密画。ストリングスが鳴り響いても、一本一本の弦の音がちゃんと重なって聞こえるし、コーラスも一人一人の喉を通して発せられていることが、生々しく感じられる。
 ベースを鳴らす指先のしなり、ピックがギター弦を捕らえるその瞬間、ピアノの鍵盤にすいつく皮膚の感覚 ―― ジョージがマイクに向かっているその喉と唇を、感じることが出来る。全ての音の出てくる「場所」が、くっきりと浮かび上がっているのだ。
 いままで霧の向こうに霞んでいた、どんな些細な音も、ぼやけず、潰されず、鮮明に出現したのある。

 このサウンド、何かに似ていると思った。
 アレだ、[Concert for George] だ!あのサウンドにそっくりなのだ。大編成のバンドと、ブラスとストリングス。バンドのメンバー一人一人の演奏する様子が、音を聞くだけで目に浮かぶ。そういうサウンド。
 [CFG] は、エリック・クラプトンとジェフ・リンを筆頭とするスタッフたちが、「ジョージのライブはこうだ」というものを突き詰めた、「理想の形」に近い。あそこまでにたどり着くには、オリジナルの [ATMP] があり、ディランとの交流があり、[Concert for Bangla Desh] があり、70年代のポップなジョージ、80年代のジェフ・リン・サウンド、ウィルベリーズ、日本公演、そして [Brainwashed] に集約されされてゆく。そういう「ジョージのサウンド」が最後にたどり着いた、ライブ形式の理想ではないだろうか。
 同時に私は、ディランの最近のライブっぽいなと思うことも多い。ベースにのって気持ちよさそうに浮遊するサウンドなどがそれだ。
 大好きな [CFG] とディランのサウンドが合わさったような、最高のサウンドだからこそ、私の感覚にぴったりはまったに違いない。

 もう一つ、私がこのリマスターが気に入った理由として、ダニーと私が同世代のため、ずっと聴きなじんできた、好きな音楽に、共通点があるという点も、見逃せないだろう。第一、私はトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの大ファンであり、ダニーもまた、トムさんをもう一人の父として慕っていた人だ。マイク・キャンベルも友達だし、ジェフ・リンに至っては説明不要の関係だ。
 そういうダニーが合わせた照準に、私の感覚がピタリとはまるのは、自然なことに違いない。

 さぁ、困った。私は [ATMP] の本編としては、この50周年記念リマスター・バージョンが一番好きになってしまった!
 これからジョージのソロ・ワークを聴くという人にも、真っ先にこの [AHMP] 50周年バージョンを薦めてしまう。それぐらい、もの凄く良かった。
 多幸感に満ちた、珠玉の名曲の連続、生々しいミュージシャンたちの息づかい ―― これこそ、ロックンロール・ミュージックの、一つの頂点に違いない。これは本当にお薦め。ぜひ聴いて欲しい。そう、50周年ダニー版リマスターを!

Shadow Kingdom2021/07/22 23:03

 ボブ・ディランが初めて、パフォーマンスをネット配信した、[Shadow Kingdom] ―― これが想像以上に素晴らしかった。
 私はすっかりディラン様が「生で」パフォーマンスを配信するものだと思い込んでいたのだがこれは誤りで、ライブパフォーマンスをミュージック・ビデオに仕立てて、配信したものだった。



 なんと言っても、選曲が良かった。"The Early songs of Bob Dylan" と銘打っただけあって、60年代、70年代の名曲が並んだ。
 やはり彼が若い頃、その才能を溢れるままに紡ぎ出していった楽曲の威力は凄い。アレンジがかわり、今回のタバコの煙立ちこめるクラブという舞台設定があったとしても、若かりしディランの魅力は、決してあせることはなかった。
 特に "Forever Young" などは泣ける選曲だし、私は "Queen Jane" にぐっときた。

 良かったことはまだまだある。ディランがギターを弾いている!なんて素晴らしい!そしてハーモニカも!ピアノは弾かなくて本当に良かった!
 声の衰えの目立つここ数年だったが、今回のパフォーマンスは良い意味でのディラン節が冴え渡っていた。

 やっぱり、シナトラでも、アメリカの懐メロでもない、エッジの効いた時代のディランを、彼の演奏で堪能できるというのは、最高だ。この路線を続けて欲しいし、そもそも今回の "Shadow Kingdom" はソフト化するべきだろう。
 他にも、60年代、70年代の名曲をやっていたとしたら、聴かずにはいられない。
 ディラン様の偉大さを、改めて認識した、今回のネット配信だった。

Delaney & Bonnie2021/07/02 22:36

 アルファベット順に CD を聞いてゆき、処分する CD を探すローラー作戦。ビートルズとボブ・ディランはもちろん対象外なので、飛ばす。
 今週、デラニー&ボニーになって、これはなかなか素晴らしいバンドだという、認識を新たにした。
 彼ら自身の演奏もさることながら、その影響の大きさも見逃せない。D&B が存在しなかったら、"Layla" だって生まれなかっただろうし、ジョージのソロ・アルバムがあれほど成功した大作にもならなかっただろう。
 もっと言えば、[Concert For Bangda Desh] のような、社会貢献活動にまで影響を及ぼすことになったと思う。

 1969年のツアーにはジョージとクラプトンも同行しており、いろいろな動画がある。このツアーの楽しさもまた、ジョージの心をビートルズから離すきっかけの一つだったろう。



 ジョージはフェンダー,ストラトキャスター "ロッキー”、クラプトンはギブスン,レスポール…黒いのかな?デラニーは、ジョージからのプレゼントである、ローズウッドのテレキャスターに違いない。
 デラニーのソロのところでジョージがヘッドでちょっかいを出すのが可笑しい。

 残念ながらデラニーとボニーは1972年に離婚して、バンドも解散となってしまい、息の長い活動とはならなかったが、それでも十分、彼らの CD を持っている価値がある。はい、合格!

ディラン様が生配信でやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!2021/06/20 20:59

 ボブ・ディランが、2021年7月18日アメリカ西海岸時間14時から、ライブ "Shadow Kingdom" を生配信する。
 チケット購入者は、二日後までアーカイブを鑑賞することが出来る。
 私も早速購入。翌19日は平日だし、前日の夜に F1 の決勝があるから、朝6時から起きるのは辛い。たぶんアーカイブを見ることになるだろう。



 おお、やったぁ!楽しみ!
 と同時に、心配になってきた。大丈夫だろうか。インターネット配信ともなると、これまでディランのライブを見たことがない人も、「音楽好きだし、洋楽詳しいし、ディランってノーベル賞らしいから、ちょっと見てみよう」と思って、気軽に見てみたら、なんだかお念仏しか唱えられなかった的な、ぽかーんとする状況に陥るのではないかと、ハラハラしている。
 シナトラとか懐メロとかも、ちょっとやめてほしいな…というか、私自身が、それはもういいので…

 放送でのパフォーマンスは、およそ30年ぶりということになっているが、つまりは [Unplugged] 以来ということだろうか。
 [Unplugged] はかなりディラン初心者にも優しい、分かりやすいセットリストだった。ああいうのだったら、ディラン・ファンが増えると思う。

 まぁ、いまさら彼のファンを増やすための努力が必要かというと、疑問だし…いや、そうは言っても、トムさんやジョージとのつながりも深いからなぁ…と、複雑な心境だ。
 一緒に演奏するバンドは、たぶんいつもの面々だろう。バンドなしだったらそれはそれで凄い。

 ともあれ、一体どうなるのか、ハラハラ、ドキドキ。でも凄く楽しみな7月19日だ。

All Things Must Pass 50th Anniversary2021/06/14 22:00

 ジョージの [All Things Must Pass] 50周年記念ボックスが8月6日に発売されるわけだが、とにかくヴォリュームも凄いし、特典と言う名のおまけやら、LP やら、ブルーレイやらで、目がクラクラする。
 とりあえず心の平衡を保って、粛々と「スーパー・デラックス 5CD + Blu-Ray Box Set] を予約した。LPを集める趣味もないし、箱とか、そういうものには、あまりこだわらない。音だけは全て揃っていれば、それで良いのである。

 とりあえず、お祭り気分を盛り上げるために、公式トレイラーを見る。



 "My Sweet Lord", "What Is My Life" に、"All Things Must Pass" をつなげただけで、この大迫力!実際の公式アルバムには、同等の名曲がずらりと並んでいるのだから凄い。
 それで思ったのだが ―― ジョージ・ハリスンのソロ・ワークスに、ちょっとでも興味がある人は、これを機会に、一番コンパクトな CD 2枚組を買うと良いと思う。あれこれ、おまけがなくても、このアルバムはロック史に残る、絶対的な超名作である。最後にボーナスディスクのように、ジャム・セッションがくっついているが、これはロック史上初の「ボーナス・ディスク」と認識してほしい。
 ビートルズの可愛いジョージや、ウィルベリーズのポップなジョージとはちょっと雰囲気が違って、重苦しくて荘厳な雰囲気にもの怖じする人がいたら、ぜひとも一步踏み出して欲しい。[ATMP] には、ロックで、ポップで、エネルギッシュで、スピリチュアルで、バイタリティと、茶目っ気を持ち合わせた、ハンサムな青年がいる。きっと後悔はさせない。

 私はだんぜん、よりクリアになるであろうサウンドと、未発表音源に期待している。
 まぁ、未発表音源といっても、軽くジャムっているだけで、まとまりに欠けるとか、ボツになる程度のクォリティ…と、ハードルを下げておく。
 しかし!下げたハードルに激突する、"Run Of The Mill" ――!
 なんだ、この公式バージョンより良いイントロは?!バッハのパルティータ(クラヴィーア)5番のプレリュードかと思った!



 これだけで…なんだかもう…凄すぎ。
 ここで音出しているギタリスト、全員ちょっと来いという感じだ。

The Times They Are A-Changin'2021/05/25 20:32

 昨日5月24日、ボブ・ディランは80回目の誕生日を迎えた。
 おめでとう、ディラン様!あなたがいるだけで、同じ人類として生まれたことを、誇ることが出来る。

 お祝いに、ディラン様の何を聴こうかなと思ったとき、すでに頭の中に曲が流れていた。"The Time They Are A-Changin'" ―― よし、これにしよう。
 ディランにしては、歌詞が良く聞き取れる方の曲だ。特に好きなのは、"Don't critisize what you can't understand" というところ。



 名曲なので、当然カバーも多い。
 まずは定番、ザ・バーズから。



 いかにもザ・バーズという、キラキラ・リッケンバッカーに美しいコーラス。お得意のディランのカバー…しかし、"Mr.Tambourine Man" や "My Back Pages" のような、ディランよりもバーズの方が良いというほどの名作に比べると、ちょっともの足りない。
 たぶん、サビの編曲の問題だろう。やや窮屈に詞を押し込んでしまったようで、中途半端な感じがするのだ。

 その点、こちらのフィル・コリンズは伸び伸びとやっているので、凄く良い。おそらく、1990年代のライブだろう。



 いかにも1990年代というオシャレで洗練されて、でもしっかり分厚いサウンド。
 なんと言っても、コリンズの堂々たる歌いっぷりが最高だ。さらに、シンセサイザーを用いて、ハイランド・バグパイプのようなサウンドを、フォーク風に使うところも上手い。ディランの音楽には、トラディショナル・フォークの要素がふんだんに盛り込まれていることを、しっかりとくみ取り、際立たせている。

 最後に、トム・オデールによるカバー。歌詞の紙がピアノに長々と貼り付けてある。
 私はこの金髪青年がどうも好きらしい。私が好きなあの人や、この人の要素をいろいろと部分的に持っていて、一生懸命でいじらしい。
 曲と作者の名前に負けずに力強く歌い上げ、最後のピアノ・ソロで見事のミスるのはご愛敬だ。

Take Good Care Of My Baby2021/04/23 21:03

 YouTubeが、「あんたこれが好きだろう」と勧めてきた、ビートルズによる"Take Good Care Of My Baby" ―― 1962年1月1日の、デッカ・オーディション・テープからの一曲である。



 そりゃぁ、好きに決まっている。動画からして、若ジョージ・マニアがうっとりする物ばかり連ねているのだから。ジョージの余りのハンサム加減に、身震いがする。
   この曲は、キャロル・キング&ジェリー・ゴフィンの名コンビによる1961年のヒット曲で ―― この二人の早熟ぶりには驚きだ ―― ボビー・ヴィーが歌って全米一位になった。

 それにしても…私は、今回この動画を見るまで、このデッカ・オーディションの録音を知らなかった。ブートレグ界ではよく知られているらしいが、私は音楽好きの割にブートをほとんど聴かないので、知らなかったのだ。
 [Anthology] にも数曲、デッカ・オーディションの曲が収録されていて、ヴォーカルとしてのジョージは好調だったことが知られているが、全曲を網羅しているわけではなかった。
 Amazon に [The Complete Decca Tapes 1962] なるCDが売っていたので買ってみたが、まるでオフィシャルのような顔をした、立派なブートである。堂々とした物だ。

 この話には続きがある。
 つい二週間ほど前に、故障していた CD プレイヤーが修理から戻ってきた。修理には二万円もかかっている。そのプレイヤーに、この[The Complete Decca Tapes 1962] を入れて、何回か聞いた。一日仕事が終わって、電源を切る。そして翌朝、電源を入れてまた聞こうとすると ―― なんと、再生できないのだ。
 CD を入れ替えて他の物、ブートなどでは無い、由緒正しいCDのどれを挿入しても、再生不能。要するに、また壊れたのである。ほとんど発狂しかけた。やむなく、プレイヤーは再入院。
 私は、この不埒なブートレグ CD を、大事なプレイヤーに挿入したことが間違いだったと信じている。用心されたし ――

What You Eat You Are2021/04/19 19:51

 いままで、なんとなく好きかも…と思っていたが…
 ランドー・ノリス!きみは、私の贔屓ドライバー決定だ!



 これ、一生言われるよ。さっそく川井ちゃんにもネタにされてたし。キミのアイスクリームと一緒だよ。
 もういいんです。私はセブがこの世に生きているだけで。キミがなぜかチームメイトの前で走って、ノリスが何か食べて、表彰台に上がって、セブが生きていればそれでいいんです。

 食べる人といえば、ジョージ。
 ジョージは痩せの大食いである。
 特に、ビートルズがマッシュルームだった時期、ジョージはよく食べていたようだ。[A Hard Day's Night] の脚本は、メンバーの普段の様子をよく観察して、その特徴をとらえているという。
 何かというと食べているジョージは、本当によく食べていたのだろう。
 たくさん食べるきみが好き!



 [A Hard Day's Night] のプレミアで、プリンセス・マーガレットが長居するので、ごはんがお預けになっていたジョージ。プリンセスに「Ma'am, あなたが帰らないと、食事にありつけないんです」と言ったのは有名な話だ。
 生きることは、食べること。毎食感謝しつつ、いただきます。

Heading for the Light (Movie)2021/04/01 00:00

 トラヴェリング・ウィルベリーズのドキュメンタリー映画、[Heading for the Light] が製作される。監督はフランツ・アッシャー。
 これまで、[The True History Of The Traveling Wilburys] のように、ウィルベリーズの活動時期だけにスポットを当てた短いドキュメンタリーは存在したが、今回の映画は、ウィベリーたちの生い立ち、そもそもの音楽活動から、彼らのつながり、友情などを、二時間にわたって網羅的に描きだす。
 しかも今回の映画では、ウィルベリーたちの家族,友人,関係者のみならず、ジェフ・リンとボブ・ディラン本人も新たなインタビューに応じているというのだから、画期的だ。一人一人だけではなく、グループ・インタビューもあるという。

 始まりは第二次世界大戦が終わった頃、年長のウィベリーたちの少年時代が、家族や友人たちの証言も交えて語られる。
 そしていち早くデビューするロイ・オービスンの活躍。ディランは大いに感化されたことを語り、ジョージの存命中のインタビューや、ポール・マッカートニー,リンゴ・スターなどのゲストが、ビートルズがオービスンの前座を務めたときのエピソードを語る。
 ビートルズとディランが初めて出会ったときのことは、ポール、リンゴ、ディランが揃ってのコメントが聞けるとのこと。さらにディランは、ビートルズに魅せられ、とりわけジョージに対する特別な思いを抱くに至る詳細を語る。
 ビートルズに熱狂した経験を語るジェフ・リンは、自分の音楽活動開始について語る。そしてエド・サリバン・ショーを見たトム・ペティの経験も、彼自身のインビュー映像を交えて紹介される。
 その後のハートブレイカーズ結成や、活躍の経緯については、マイク・キャンベル,ベンモント・テンチ,ロン・ブレアが登場している。

 ディランが長いジョージとの交友を語り、80年代にトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズと行動を共にするに至る経緯を、豊富な映像も交えて紹介される。当時を懐かしんで、ハートブレイカーズとディランが一緒にインタビューに答える姿は鮮烈だ。
 そしていよいよ、ロンドンでジョージとジェフがディラン,ハートブレイカーズの楽屋を訪ねる日を迎え、その後はよく知られた、トムとジェフの LA での再会、ジョージとの楽しい日々、ロイ・オービスンの復活が語られる。
 ディランの家にメンバーが揃い、ウィルベリーズ結成となるが、その後の録音エピソードについては、アラン・バグズ・ウィーデル,マイク・キャンベル,ジム・ケルトナーなども状況を語る。
 特に見物なのは、ダニー・ハリスンとジェイコブ・ディランが、子供たちから見たウィルベリーズを語るシーン。一緒にゲームをやった思い出話のついでに、リターンマッチに挑む二人にも注目だ。
 ロイ・オービスンが亡くなった後、ディランが [Vol. 3] 制作を言い出す経緯や、謎のアルバムタイトルについて、興味深い話を聞くことが出来る。ビデオ撮影の楽しい思い出も豊富だ。

 やがてそれぞれの活動に戻ってゆくウィベリーたちと、その変わらぬ友情、交流が続き、ジョージが亡くなる2001年を迎える。
 映画は [Concert for George] における、ウィルベリーズ再結成で終わりを迎える。その映像を見ながら、トムがもう居ないことを悲しむ、残されたウィルベリー兄弟たちのコメントが胸をつく。 
 エンディングでは、ウィルベリーズに影響を受けた、若いミュージシャンたちのコメントが続き、余韻を味わえる。

 既に予告動画ができあがっている。さっそく見てみよう!