Springtime in New York2021/10/07 19:29

 愛用の CD プレイヤー,Bose の Wave Music System が今年三回目の故障を起こし、入院せざるを得なかった。
   このブログを始めた頃に買ったモデルだから、もしかしたら年数的に限界なのかも知れない。いや、これは Bose だ。安くもなかった。大事に使えば一生物だと思いたい。そもそも、最新のモデルはデザイン的に気に入らない。最近流行りの Bluethoos スピーカーにも興味がない。どうして、在宅勤務中に圧縮ファイルを無線で飛ばすみたいな音質で我慢できようか。
 ともあれ、退院してきたプレイヤーで、やっとボブ・ディランのブートレグシリーズ16,1980-1985 [Springtime in New York] を聴くことができた。



 いわゆる「ゴスペル三部作」の後、[Shot of Love], [Infidels], [Empire Burlesque] の時代の、アウトテイクや、リハーサル集である。一応、未発表曲もあるが、数は少ない。
 何となくこの1980年から1985年にかけてのアルバムの別テイクを並べただけど、ブートレグシリーズにしてはちょっと物足りない内容かも知れない。
 しかし、不思議なことにちょっとしたエアポケットのように思われている、ディランのこの頃も私は大好きなのだ。もっとも、私が余り好きではないディランなんて、「フランク・シナトラ&懐メロカバー時代」だけなのだが。
 マーク・ノップラーを迎えて、ポップで温かいロック・バンド・サウンドが心地よい。ノップラーは自身の活動もあって、徹底的に付き合ってはくれなかったようだし、商業的には大成功とは言えない時期だった。でも、商業的な成功と、ミュージシャンの充実具合は、ちょっと違ったりすることが度々ある。ジョージの [Gone Troppo] などその好例だろう。
 ポップ・ミュージックなので商業的な面を無視することはできないが、ボブ・ディランほどの人なら、こういう時期があっても、少し肩の力を抜いて楽しげなロック・バンドサウンドでディラン節を聴かせてくれれば、それだけで心が安まる。



 思うに、この頃から既に、ディランにとってのウィルベリーズへの道しるべが出来ていたのかも知れない。ただ、パートナーをどうするかで多少寄り道をしたが、結局トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズとの幸せなタッグが成功し、あのウィルベリーズへの実りに繋がっていく。
 結局、商業的な成功とか、評論家がどうこう言うとか、そういうことは彼の音楽の良さとはあまり関係ないのだろう。ディランが、ディランらしく、彼自身の曲を歌ってさえいれば、私はそれで幸せだ。

I Don't Want to Do It2021/09/21 21:57

 [All Things Must Pass 50th Anniversary] を一ヶ月以上聴き倒していると、あと一回、もう一回だけと延々と繰り返し、他の物が聴けなくなる。
 やっとのことで手を伸ばし、[Concert for Bangladesh] を聴いて感動。そしてまた何度か [ATMP 50] を繰り返す。それではと、[George Fest] を聴く。うん、若者たちのジョージ・カバーも素晴らしい。そしてまたまた何度か、[ATMP 50] を繰り返す。
 よし、じゃぁ [Concert for George] を聴こう! ―― と思って聴いてみたら、感動が大きすぎて脱力してしまい、仕事にならない。

 ぼんやりしている場合ではないので、どうにか立ち直るために、ジョージのオールタイム・ベスト [Let It Roll] を聴いた。ポップで、人なつこくて、お茶目なジョージとともに、重厚で荘厳なジョージ…こまった。またジョージの深みにはまって、出られない!

 [Let It Roll] には、"I Don't Want to Do It" が収録されている。
 この曲はもともとディランが1968年に作った物で、ジョージにプレゼントされたらしい。しばらくは日の目を見ず、1985年になって初めて、映画のサウンドトラックとして録音・発表された。アルバムなどには収録されなかったので、なかなか聴くことの出来ない作品だったが、[Let It Roll] で広く知られるようになったのは、"Cheer Down" と似ている。



 そして今年、[ATMP 50] で1970年のデモが発表された。
 長くはなかったジョージの生涯のうち、27歳と42歳。二つのポイントのジョージの歌声、アレンジの違い、共通する楽曲と作者への愛情などを思うと、また胸に迫る物があって…まだしばらく、ジョージしか聴けない日が続きそうだ。

Sour Milk Sea2021/09/13 20:14

 ジャッキー・ロマックスの名ヒット曲,"Sour Milk Sea" を最初に聴いたのは、たぶん [The Beatles Anthology] のドキュメンタリー中だったと思う。
 ジョージの家の庭で、ポール、リンゴとジョージがくつろぎながら、ホワイト・アルバムの頃、何をしていた?という話題になり、ジョージが 「"Sour Milk Sea" とか作ってたね。ジャッキー・ロマックスの…」と言いながら、ウクレレをかき鳴らしたのだ。
 そのとき、一瞬だけ流れた、ジャッキー・ロマックス・バージョンが、すごく印象的だった。迫力があって、格好良かったのだ。

 何年か後、ロマックスのアルバム [Is This What You Want?] を購入して、改めて聴いたのだが、やはり期待に違わぬ素晴らしい楽曲だった。
 ジョージ、リンゴ、ポール、エリック・クラプトン、さらにニッキー・ホプキンズという凄まじいメンバーが揃って、名曲でにならないはずがない!



 もしロマックスに譲っていなかったら、ビートルズのアルバムに ―― たぶん [White Album] に入っていたのだろう。もしそうだったら、同アルバムでは、クラプトンがもう一曲弾いていながら、ソロはジョージだったかもしれない。

 さて、[All Things Must Pass 50th Anniversary] である。
 ジョージによるデモが収録されている。1970年5月26日のデモだから、ビートルズでデモをやったり、ロマックスが録音してから二年ほど経っている。[ATMP] に収録しようと思っていたかどうかはともかく、ジョージにとっては思い出深い、お気に入りの曲だったに違いない。

Awaiting on You All2021/09/09 21:59

 ジョージの [All Things Must Pass] は、いろいろなバージョンで5組持っている。いずれも CD だ。
 最初に買ったのは、たぶん1990年代で、帯に「再リリース」と書いてあるが、これは初の CD 化の再販 ―― ということだろうか。  ジャケット・イメージの雑さときたら、ブートではないかと言うほどのお粗末な物だったが、何はともあれジョージがロックしに残した金字塔である。一生懸命聴いた。

 聴き始めたころ、一番のお気に入りの曲は、"Awaiting on You All" だった。逆に評判の高い "My Sweet Lord" はピンとこなかった。
 "Awaiting on You All" の方が、ポップで魅力的で、ゴージャスで格好良かった。[ATMP] は名曲揃いで ―― ほかにも "Wah-Wah", "Isn't it a Pity", "What Is Life", "All Things Must Pass" などなど、凄い曲ばかりが並んでいるから分からないが、"Awaiting on You All" のアピール度は、他のアルバムであれば、シングル・カットものだったろう。

 オリジナル録音は、やはり煙は立ちこめているようなぼんやりした音だが、今回の50周年リマスターでは、その煙がすっかり消え去り、クリアな空気の中にビッグ・バンドが堂々たる演奏をみせ、ジョージの声が前面に出ている。その魅力はますます増したようだ。



 歌詞はいたって宗教的、思索的な内容。神の名を唱えるだけで自由になれるという。ポップな曲調にしては凄い内容。
 ジョージ曰く、特に曲を作ろうとしたわけでもなく、寝る前に歯を磨いていたら、何となく "You don't need フンフン…”とわいてきて、とっさに書き取ったのだという。天才が絶好調のときは、こういうことがよくあるらしい。

 人数さえ揃って、メインヴォーカルに自信があれば、ライブでやって凄く格好良い曲だ。その割にはあまりカバーされていないのは…宗教色が強すぎるのだろうか?
 ともあれ、ジョージ本人はライブでやる格好良さを分かっていて、[Concert for Bangladesh] で披露している。そして誰にとっても当てはまる何かがあるだろうと、 "You don't need...." と、歌詞を一部はしょっている。



 実のところ、[Concert for George] でも、[George Fest] でも誰も演奏していないし、ジョージのトリビュート・アルバムでもこの曲を聴いたことがない。
 ぜひともダニーには、ビッグバンドを率いてライブでやってほしい。なに、大丈夫。リンゴも、クラプトンも、ジェフ・リンも、マイク・キャンベルも、ベンモント・テンチも、ダニーなら召集できるさ!

Let It Down2021/09/05 20:44

 ジョージの名作アルバム [All Things Must Pass] は名曲揃いなのだが、今回50周年のリマスターで、特に良いと思った曲の一つが、"Let It Down" だった。
 いままで、それほど注目したことのない曲だったが、今回のリマスターで、厚い霧が晴れ、ギターの一本一本、オルガンの響き、コーラスの重なりがすごく立体的に繰り出されるようになり、その迫力が増したのだ。
 この演奏には、ジョージとデレク&ザ・ドミノス,バッドフィンガーの面々が揃っており、そこにブラス隊が加わっている。クラプトンはもちろんギターでの活躍が目立つだろうが、実はバッキングボーカルもこなしている。ここで声でのジョージとクラプトンの共演も見物だ。
 ジョージはまだこの時期、彼のスライドが他の誰とも違う、優れた「武器」であるという自覚が、まだ薄かっと思う。それでもジョージ独特のスライドが控えめに聞こえるのが嬉しい。
 本格的にジョージがスライドをトレードマークとして押し出すのは、"Give Me Love" からではないだろうか。



 [ATMP] の50周年リマスターを何度も聞いているうちに、[George Fest] の音が聞きたくなった。ダニーが中心となった、若い世代の多い「ジョージ祝祭」での、"Let It Down" は、このコンサート最高潮の一つではないだろうか。



 激しいイントロに、美しい A メロ、さらにサビでもう一度爆発する熱気 ―― この劇的でちょっとイカれた展開が、ダニーの妖しい魅力と相まって、凄く良く調和し、弾けていた。

 [ATMP] 50周年リマスターは、本作の素晴らしさを再認識させるのみならず、これに続いて開催された [Concert for Bangladesh] を聞き直したい気持ちにもしたし、[George Fest] の良さも、また違う形で分かったような気がする。
 さらに、ジョージのソロワークの変遷を追い、ダークホース、ウィルベリーズ、そして [Brainwashed] へ至るジョージの生涯への、道しるべとなる。やっぱり、これは買いだなと思う。

 ジョージのソロには興味があるけど、[ATMP] は大作過ぎるし、劣化したフィル・スペクター・サウンドがどうも…という人にも、今回の50周年リマスターはお勧めだ。
 実のところ、おまけのジャムを除けばそれほど曲数が多いわけでもないし、劣化したスペクターサウンドは、きれいさっぱり洗い流されて、くっきりとしたロックサウンドが手に取るように感じられる。

All Things Must Pass / Session Outtakes and Jams2021/08/24 20:24

 [All Things Must Pass / 50th Anniversary] の最後を飾る5枚目が、[Session Outtakes and Jams] ―― これがかなり楽しい。

 初っぱなから、感動の超名曲 "Isn't it a Pity" を、"so shity" と歌い出し、「この曲、いったい何テイク目だ。おなじことばっかりやってるんだけど ――」という笑える歌詞から始まる。
 長時間、スタジオに缶詰めになると、そう歌いたくなる気持ちはよく分かる。

 アルバムに収録された本編バージョンが、本当にベストだったのか考えさせられたのは、"Art of Dying" だ。これが Take 1 だと言う。この初期バージョンの方が良いではないか。



 アルバム収録バージョンもギターが何重にも鳴るハードな響きだが、分厚いブラスの音がパンパカ鳴りすぎるという印象もある。それに対して、このバージョンは、シンプルでいい。
 似ているのは、ビートルズの "While My Guitar gently Weeps" だろう。あの曲にブラス隊を重ねるような野暮なことを、さすがのビートルズはやったりしない。
 うーん、この判断はどうだったのだろう?そもそも、誰の趣味か?フィル・スペクターか?ジョージ・ファンは、何か都合が悪いことがあると、何でもポールかフィル・スペクターのせいにする、悪い癖がある。ジョージ自身の判断だったかも知れない。
 ともあれ、アルバム収録バージョンは、ブラスを省いて、クラプトンとジョージのギターバトルに終始して欲しかった。

 面白い選曲だったのが、"Get Back" ―― あのビートルズの、"Get Back" である。



 [Concert for Bangla Desh] のリハーサルやジャムで、レオン・ラッセルが何を歌おうかとなったときに、「みんなが知っている曲」ということで、"Jampin' Jack Flash" が選ばれたのは、有名な話。
 この "Get Back" が演奏されたのも、同じような理由だろう。"Get Back" のシングルが発売されたのが前年の春。1年以上経っていたから、みんなちゃんと覚えていたのだろう。
 それにしても、この "Get Back" 格好良い!悪いけど、本家ビートルズの "Get Back" よりも数段格好良いじゃないか。さすがジョージ、絶好調である。

 最後に嬉しかったのが、"It's Johnny's Birthday" の、オリジナル。アルバムに収録された、グニャグニャしたのじゃないバージョンが聞きたかったのだ。
 本当に、ジョージが仲の良い友達と楽しく音楽をやっている感じが出ていて最高だ。

All Things Must Pass / Day 1, 2 Demos2021/08/20 20:10

 私が購入した [All Things Must Pass / 50th Anniversary] は、5CD/BR Super Deluxe である。
 本編のリマスターが CD 2枚、さらに音質の良い(はず)Blu-Ray 1枚。
 そして、1970年5月26日と、27日のデモセッションが、それぞれ1枚の CD になっている。

 二日分のデモを聴いていて、まず印象的だったのは、ほとんどジョージの頭の中では、曲のイメージが完成形としてできあがっていたのだということだ。最終的にアルバムに収録された曲の多くが、バンド・バージョンとしては固まっていて、あとはブラスとストリングス、コーラスを足すだけという感じなのだ。
 "Wah-Wah" などは、ジョージのヨタっとしたヴォーカルが、完成形の重厚さとのギャップがあってよく笑われていたが(ブートで知られていた)、実のところ、ジョージの中では重厚なサウンドはもうイメージができていたのだろう。たまたま、一人で歌って見せたから、ああなっただけ。
 ディランが散々苦労していた "If Not For You" なんて、ジョージの威勢の良い感じの方が、説得力がある。

 アルバムに最終的に収録されなくて、もったいなかったなと思うのは、"Dehra Dun" と、"Om Hare Om (Gopala Krishna)" の二曲。どちらもインド風の曲だ。
 これらをいわゆる「ラーガロック」風の重厚でカラフルなサウンドで仕上げていたら、さぞゴージャスで格好良かっただろう。

 これは私の知識の問題だが、"Beautiful Girl" もこの頃に、ほぼできあがっていたとは、知らなかった。私はてっきり、オリヴィアに出会った後の曲だと思い込んでいた。名曲だから、[ATMP]期のサウンドで作りあげたら、どうなっていたか、興味がわく。
 "I Don't Want To Do It" も同様。これはディラン様が作った曲で、60年代末につるんでいた頃にディランからもらったのだろう。

 意外だったのは、"I Dig Love" ―― これは、アルバム収録バージョンと大きく異なる、数少ない曲の一つだ。
 これ、デモ・バージョンの方が断然格好良い。凄くエッジの効いたロックンロールで、このままドカンと爆発させててくれたら、もっとよかったのに。



 "I Dig Love" も含めて、[ATMP] ゴージャス・サウンドで仕上げて欲しかったという曲は、これからダニーが、ライブでやってくれれば良いのではないだろうか。彼は友達も多いし、簡単に大編成が作れそう。私は期待している。

All Things Must Pass / 50th Anniversary2021/08/16 19:39

 [All Things Must Pass / 50th Anniversary] は、一週間以上まえに手元に届いてたのだが、再生機器の問題で、今日から聞くことが出来た。

 まずは、リマスターされた、本編 [All Things Must Pass] からじっくり聞き込む。
 私が買ったボックスには、Blu-ray Audio がついていた。オーディオのことはよく分からないが、とにかくこれが一番、音が良いのだろう。
 問題は Blu-ray ということで、普通のCD プレイヤーでは再生できないし、ファイル形式をコンバートしてしまうのも、意味がない。
 そこで、パソコンで再生し、仕事中は Bose のワイヤレスで聴いていた。Work From Home 万歳。しかし、Bluetooth だと、これまた音が悪くなる言う話もきいているので、いまは有線の Bose で聴いている。うん、やっぱりこっちの方が音が良い。

 さて、50周年のリマスターである。事実上、ダニーが施した「ダニー版リマスター」と呼んで良いだろう。
 これが色々な意味で「凄い」。フィル・スペクターっぽさが吹っ飛んでしまい、全てがクリアで、一つ一つの音が手ざわりで分かるようなサウンドに、大変身したのである。
 これは賛否が分かれるのではないだろうか。
 オリジナルのフィル・スペクター・サウンドだからこそ、[ATMP] は名作なのだと考える人やファンもいるだろう。そういう人たちにとって、今回のリマスターは邪道であり、「ジョージが望んだ物ではない」と考える人が居てもおかしくない。

   私の評価はというと、これはもう、文句なしに大絶賛である。そうだ、これが聴きたかったんだ!私は元の性分として、ボワーンとしたリバーブの多い音が嫌いなのだ。
 この50周年 [ATMP] は、もの凄くライブ感があるのだ。まるで目の前で大編成のバンドが演奏しているように聞こえる。ブラスやストリングスもいるが、後ろの方で控えめにならしており、核になるのはロックバンドの編成である。
 音の一つ一つが、その演奏者の仕草、手元、表情を想像させる。手触りのしっかりした、立体的でエッジ利いた音 ―― 最高ではないか。
 「この音なんだろう?」というベッタリとした油彩画の壁ではなく、繊細な線描写の施されたされた細密画。ストリングスが鳴り響いても、一本一本の弦の音がちゃんと重なって聞こえるし、コーラスも一人一人の喉を通して発せられていることが、生々しく感じられる。
 ベースを鳴らす指先のしなり、ピックがギター弦を捕らえるその瞬間、ピアノの鍵盤にすいつく皮膚の感覚 ―― ジョージがマイクに向かっているその喉と唇を、感じることが出来る。全ての音の出てくる「場所」が、くっきりと浮かび上がっているのだ。
 いままで霧の向こうに霞んでいた、どんな些細な音も、ぼやけず、潰されず、鮮明に出現したのある。

 このサウンド、何かに似ていると思った。
 アレだ、[Concert for George] だ!あのサウンドにそっくりなのだ。大編成のバンドと、ブラスとストリングス。バンドのメンバー一人一人の演奏する様子が、音を聞くだけで目に浮かぶ。そういうサウンド。
 [CFG] は、エリック・クラプトンとジェフ・リンを筆頭とするスタッフたちが、「ジョージのライブはこうだ」というものを突き詰めた、「理想の形」に近い。あそこまでにたどり着くには、オリジナルの [ATMP] があり、ディランとの交流があり、[Concert for Bangla Desh] があり、70年代のポップなジョージ、80年代のジェフ・リン・サウンド、ウィルベリーズ、日本公演、そして [Brainwashed] に集約されされてゆく。そういう「ジョージのサウンド」が最後にたどり着いた、ライブ形式の理想ではないだろうか。
 同時に私は、ディランの最近のライブっぽいなと思うことも多い。ベースにのって気持ちよさそうに浮遊するサウンドなどがそれだ。
 大好きな [CFG] とディランのサウンドが合わさったような、最高のサウンドだからこそ、私の感覚にぴったりはまったに違いない。

 もう一つ、私がこのリマスターが気に入った理由として、ダニーと私が同世代のため、ずっと聴きなじんできた、好きな音楽に、共通点があるという点も、見逃せないだろう。第一、私はトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの大ファンであり、ダニーもまた、トムさんをもう一人の父として慕っていた人だ。マイク・キャンベルも友達だし、ジェフ・リンに至っては説明不要の関係だ。
 そういうダニーが合わせた照準に、私の感覚がピタリとはまるのは、自然なことに違いない。

 さぁ、困った。私は [ATMP] の本編としては、この50周年記念リマスター・バージョンが一番好きになってしまった!
 これからジョージのソロ・ワークを聴くという人にも、真っ先にこの [AHMP] 50周年バージョンを薦めてしまう。それぐらい、もの凄く良かった。
 多幸感に満ちた、珠玉の名曲の連続、生々しいミュージシャンたちの息づかい ―― これこそ、ロックンロール・ミュージックの、一つの頂点に違いない。これは本当にお薦め。ぜひ聴いて欲しい。そう、50周年ダニー版リマスターを!

Shadow Kingdom2021/07/22 23:03

 ボブ・ディランが初めて、パフォーマンスをネット配信した、[Shadow Kingdom] ―― これが想像以上に素晴らしかった。
 私はすっかりディラン様が「生で」パフォーマンスを配信するものだと思い込んでいたのだがこれは誤りで、ライブパフォーマンスをミュージック・ビデオに仕立てて、配信したものだった。



 なんと言っても、選曲が良かった。"The Early songs of Bob Dylan" と銘打っただけあって、60年代、70年代の名曲が並んだ。
 やはり彼が若い頃、その才能を溢れるままに紡ぎ出していった楽曲の威力は凄い。アレンジがかわり、今回のタバコの煙立ちこめるクラブという舞台設定があったとしても、若かりしディランの魅力は、決してあせることはなかった。
 特に "Forever Young" などは泣ける選曲だし、私は "Queen Jane" にぐっときた。

 良かったことはまだまだある。ディランがギターを弾いている!なんて素晴らしい!そしてハーモニカも!ピアノは弾かなくて本当に良かった!
 声の衰えの目立つここ数年だったが、今回のパフォーマンスは良い意味でのディラン節が冴え渡っていた。

 やっぱり、シナトラでも、アメリカの懐メロでもない、エッジの効いた時代のディランを、彼の演奏で堪能できるというのは、最高だ。この路線を続けて欲しいし、そもそも今回の "Shadow Kingdom" はソフト化するべきだろう。
 他にも、60年代、70年代の名曲をやっていたとしたら、聴かずにはいられない。
 ディラン様の偉大さを、改めて認識した、今回のネット配信だった。

Delaney & Bonnie2021/07/02 22:36

 アルファベット順に CD を聞いてゆき、処分する CD を探すローラー作戦。ビートルズとボブ・ディランはもちろん対象外なので、飛ばす。
 今週、デラニー&ボニーになって、これはなかなか素晴らしいバンドだという、認識を新たにした。
 彼ら自身の演奏もさることながら、その影響の大きさも見逃せない。D&B が存在しなかったら、"Layla" だって生まれなかっただろうし、ジョージのソロ・アルバムがあれほど成功した大作にもならなかっただろう。
 もっと言えば、[Concert For Bangda Desh] のような、社会貢献活動にまで影響を及ぼすことになったと思う。

 1969年のツアーにはジョージとクラプトンも同行しており、いろいろな動画がある。このツアーの楽しさもまた、ジョージの心をビートルズから離すきっかけの一つだったろう。



 ジョージはフェンダー,ストラトキャスター "ロッキー”、クラプトンはギブスン,レスポール…黒いのかな?デラニーは、ジョージからのプレゼントである、ローズウッドのテレキャスターに違いない。
 デラニーのソロのところでジョージがヘッドでちょっかいを出すのが可笑しい。

 残念ながらデラニーとボニーは1972年に離婚して、バンドも解散となってしまい、息の長い活動とはならなかったが、それでも十分、彼らの CD を持っている価値がある。はい、合格!