Never Google Your Symptoms2020/08/20 20:02

 最近日本で話題になった動画、"Never Google Your Symptoms" ―― これは、あるあるで面白い。
 作ったのは、スウェーデン人の本職のお医者さん Henrik Widegren。



 何が可笑しいって、歌詞内容も面白いけど、音楽として無駄に良く出来ているところだ。演奏は上手いし、曲も良いし、プロデューシングも絶妙。XTC だと言われても、疑わないかも知れない。

 念の入ったことに、アンプラグド・バージョンもある。スライドギターの上手さがムダ過ぎて大好き。
 ボーカルのお医者さん以外は、本職のミュージシャンなのだろう。



 こういう、「自分で病気を調べて、勝手に重病だと診断する」という話は、昔からよくあることらしい。

 ジェローム・K・ジェロームの「ボートの三人男 Three men in a boat」(1889)の冒頭にも、同じようなエピソードが出てくる。
 三人男はそれぞれ具合が悪いと言い、語り手のジェロームは、薬の広告を見るとすべての症状が当てはまっているように思う。
 ある日、大英博物館に出かけて、ちょっとした症状(hay fever 乾草熱,日本で言う、花粉症)を調べるのだが、アルファベット順にすべての病気 ―― 瘧,腎臓病,コレラ,ジフテリア,痛風,疱瘡 などなど ―― の症状が、自分にあてはまるという結論に至る。
 ただ、"housemaid's knee" を除いて。

 「この病気にだけかかっていないことにかなり不満だった。なんとなく馬鹿にされているような気がしたのだ」

 ジェロームは、「なんだって "housemaid's knee" だけは遠慮するのだろうか」と、憤慨するのである。
 ここで、丸谷才一による翻訳の問題になる。「ボートの三人男」の翻訳は名訳なのだが、いくつか気に入らないところがあって、この "housemaid's knee" もその一つだ。
 三十くらいの男性が、 "housemaid's knee" にだけは、ならないなんて、どうして!という所が面白いのであって、丸谷才一のように生真面目に「膝蓋粘液腫」などと訳してはいけない。ここは「メイドひざ」程度にしておくべきだった。
 (調べたら、2018年に新訳がでているそうだ。買おうかしら)

 自戒も込めて ―― Never Google Your Symptoms!

You've Got a Friend2020/07/16 20:11

 私が好きなスポーツは、野球,F1,フィギュアスケート。スケートだけが、シーズン・オフである。

 基本的に、フィギュアスケートという競技そのものが好きなので ―― 特にシングルと、アイスダンスが好き ―― 特定の選手に入れ込んでいると言うことはない。
 それでも、お気に入りのスケーターを挙げると、高橋大輔と鈴木明子だ。ふたりともシングルとしては引退しおり、高橋はアイスダンスに挑戦という、エイプリル・フールのネタを実現している。

 二人に共通するのは、やはり表現力だろうか。とにかく踊りが上手いし、表情が豊かで深い。
 高橋の場合は、その上ジャンプの踏切り、空中姿勢、着地が美しく、世界一と言われたステップ、伸びやかなスケーティングで、オリンピックでメダルを獲得するに至った。

 二人のファンである私にとって更に嬉しいことに、彼らは非常に親しい友人であり、同士であり、戦友だった。
 こういう、男女の友情には、ぐっとくる。恋愛関係ではなく、飽くまでも強い友情というところが、凄く良い。



 高橋が、鈴木に「いつまでスケートやる?」と尋ねた所など、泣きそうになる。
 最後は盤上で一人になる孤独な競技において、心の支えとなる親友にちらっと見せる、弱気のような、強がりのような、微妙な心の動き。キャロル・キングの "You've Got a Friend" は本当にしっくりくる名曲だ。

Everlasting Love2020/07/03 19:55

 ある映画 ―― 特にどうという映画ではないが ―― を見ていたら、"Everlasting Love" が使われた。
 有名な曲だし、聞いたことはもちろんある。

 もとはソウル,R&Bベースの曲だが、もっともヒットさせたのは、1968年 UK のロックバンド,ラブ・アフェアーのバージョンだそうだ。
 ロックンロールらしくはないが、格好良い。ちょっと、マンフレッド・マン風だろうか。



 その後、様々なカバー・バージョンが発表されたが、ロックの分野では U2 のカバーが面白い。
 さらに低音部の支えがしっかりしていたら、もっと良かったと思う。



 このほか、グロリア・エステファンのカバーもあるが、もはや過剰演出で、ラブ・アフェアーの良さの原型をとどめていない。
 結局は一番ヒットさせたラブ・アフェアーが一番良かったようだ。

Buster2020/06/21 20:42

 Heartbreaker's Japan Party さんの主催するミーティングも、世情を反映して、「オンライン・ミーティング」となった。
 パソコンやタブレット、スマホの画面の中だけで人とコミュニケーションして盛り上がるというのは、それなりに技術の必要なことだが、そこは好きな音楽が同じ物同士である。楽しいひとときだった。

 そのオンライン・ミーティングで話題になったのが、「最初の洋楽アイドルは誰だったか」という案件。主に女性にとっての、最初の洋楽アイドルである。

 私は幼少期からクラシック・ピアノを習っていたので、音楽的なヒーローはベートーヴェンであり、洋楽ロックのアイドルは、12歳の時に出会ったビートルズということになる。とっくにジョンも亡くなっていたので、時流を反映したアイドルではなかった。
 一方、私より上の世代の方の洋楽アイドルを、しつこく掘り下げていったら、結局「バスター」という名前が出てきて、大笑いになった。HBJPの主催者,M さんのかつてのアイドルが、バスターだったという事は、一種のネタだったのだ。

 私はオンタイムで知らないので、バスター Buster のことを調べた。
 いわゆる Big in Japan (日本でのみ有名,人気の高いアーチスト)の代表のような彼らは、リヴァプール出身で、1977年に "Sunday(すてきなサンデー)" が日本でヒットしたのだが、結成は意外と古く、1972年だそうだ。

 まずは代表曲、「リバプールから生まれた ティーンズの新しいアイドル」の "Sunday" を聞いてみる。



 爽やかで軽快、明るくてポップな良い曲だと思う。低音でドゥワップ風のコーラスを入れているあたりがロックっぽくなくて、ちょっと笑える。
 美しいコーラスと、ハンドクラッピングの使用など、リヴァプール出身としては欲しい演出も入れている。

 日本での人気があまりにも凄かったらしく、武道館公演もしたし、CMにも起用された。今となってはなつかしの、森永チョコフレークである。



 かつてバスターがアイドルだったという人は、一様にこのCMのことを、印象深く覚えているようだ。

 曲は "Dance with Me"。日本版シングルによると、「僕達の目標はビートルズだ!」…とのこと。まぁ、ある程度その目標は達成されていたのかも知れない。



 さすがにこの路線のティーンズ・アイドルがそのまま一線で活躍し続けるのは困難なわけで、1982年には解散したそうだ。
 とはいえ、世の中にはヒットを夢見る無数のミュージシャンが生まれては、消えていった。そんな中でバスターは、いまだに多くの人のアイドルとして記憶されて続けているのだから、幸運な、成功したバンドだったと言うべきだろう。

Notting Hill2020/05/24 20:54

 映画「ノッティングヒルの恋人 (Notting Hill / 1999)」を見た。初めて見た。
 映画「イエスタデイ (Yesterday / 2019)」の脚本を担当した、リチャード・カーティスの代表作品(脚本)で、非常に有名な名作とのことだが、私は見る機会が無かったのだ。

 いまさら、あらすじを説明するまでもないが ―― ロンドン西部の町、ノッティングヒルで書店を営む普通の男性、ウィリアム(ヒュー・グラント)と、ハリウッドの大物女優アナ(ジュリア・ロバーツ)の恋の行方の物語である。
 ラブ・ロマンスとしては王道だし、奇妙なフラット・メイトや、個性的かつ心温まる友人たちの存在も面白い。
 だがしかし。映画史に残る超名作かというと … どうだろう…
 ウィリアムの恋心と、彼女を大事にする気持ちはすごく共感するが、アナの方はちょっと行き当たりばったりな言動が ――  そこも彼女の魅力かも知れないが ―― 共感しきれなかった。

 超変人のフラット・メイト,スパイクが、ウィリアムの「まともな方の友人たち」に、どういう経緯で加わることになったのか不明瞭だったし、さらにウィリアムの妹がどういうわけでスパイクとカップルになったのかもよく分からない。
 行きつけのレストランのオーナーシェフの扱いもちょっと唐突で、そういう細かいところがもったいない映画なのだろうか。

 音楽は、エルヴィス・コステロによる "She" が圧倒している。もちろん、オリジナルはシャルル・アズナヴール。
 コステロの大熱唱がこの映画には合っており、ジェフ・リンのカバーはちょっと分が悪い。



 ビル・ウィザーズの "Ain't No Sunshine" の使い方は上手いけど、"I know, I know, I know..." が無いのが、ちょっと物足りなかった。
 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズもカバーしている曲で、公式に出して欲しいところだ。



 あとは、"Gimme Some Lovin'" が良いシーンで使われていたのだが、たっぷりとは言えず、ちょっと惜しいかな。

The Inner Light Challenge (その2)2020/04/09 19:05

 "The Inner Light" のいろいろな楽器の演奏を見てみる。
 原曲がインド風のエキゾチックな曲なので(「ラーガ・ロック」という言葉もある)、特徴のある楽器の活躍が面白い。

 まず、ハーディ・ガーディと、謎の三孔木管。
 この人、ハーディ・ガーディをメインにしてタイトルをつけているのだが、むしろイントロの木管の方が凄いと思う。三孔だけであれだけの音程を出せるのだから、かなりの習熟度だ。



 お次は、日本代表、笙。雅楽で用いる楽器だ。
 実はこれ、私がけしかけた。笙は "The Inner Light" との相性が良いに違いないと思ってのことだが、その通りだった。




 最後は、打楽器代表、ミック・フリートウッド。どうするのかと思ったら、トーキング・ドラム(?)を鳴らしまくりながら、語る、語る!
 だがしかし、私の目を引いたのは、フリートウッドのパフォーマンスそのものではなく、スクリーンの左側に置かれた謎の楽器だ…



 そっ、それは…!マイク・キャンベルが鳴らしていた、謎の四弦楽器ではないか!
 これは一体何なんだ?フリートウッドマックの中だけで流行しているのか?すごく謎だ。

What if the Beatles were Irish?2019/12/13 22:00

 UK ではボリスの保守党が予想外の大勝。どうなることやら。
 2013年にストーンズがハイドパークでライブをやった時、緑に彩られたステージセットを、ミックが「素敵だろう?これ終わったら、ボリス・ジョンソンの別荘にでもなるのかな」と言っていた。当時、ボリスはロンドン市長だった。

 さて。
 漫然と動画を見ていたら、Roy Zimmerman というアメリカ人のミュージシャンの動画がヒットした。この人、政治風刺が得意だそうだ。
 題して、What if the Beatles were Irish? もしビートルズがアイルランド人だったら?



 "Lucy in the Sky with Diamonds" が急にアイリッシュ・パブのノリになってまず吹く。だいたいジグのリズムで進行していくのだが、”Hey!! Jude, Hey!! Jude" も、かなりおかしい。
 「あの孤独な人々はどこからきたのか、どこへ行くのか」では「ダブリン」と小さく付け加える。そして唐突に "number nine..."
 まじめなアイルランド人が聞いたら怒るのだろうか。私はイイと思うし、アイルランド人がうらやましくもある。

2019 F1 Opening Titles2019/12/03 21:28

 今年のF1シーズンが終了した。最後は12月の決勝だった。
 いろいろなことがあって、喜んだり、落ち込んだり。みんなお疲れ様。ゆっくり休んで、来年また。

 セバスチャン・ベッテルのファンとしては、いろいろ厳しいシーズンだった。ここ数年ずっとそうなのだが、今年は特に車が彼に合わず、苦しみ続けた。
 それでも、ドライバーズ・サーキットである鈴鹿でポールを取るなど、その実力は間違いないと思っている。
 本人は全然そのつもりがないのに、やたらと引退説をささやかれるのは、彼のプライベートが充実しており、幸せだからだろう。
 家族と友人、プライベートを大事にして、SNSにはまったく興味がない。今年は改めて結婚して(高校時代からのパートナーと)、第三子も誕生。誠実で人なつこく、エコ・フレンドリーな彼は、F1に生きなくても十分幸せそうなため、ストレスを抱えて仕事をするよりは大富豪のまま引退する ―― という、人としての夢を実現できるからに違いない。
 もちろん、セブは引退なんてする気はさらさらない。そりゃそうだ。セブはもっとタフでポジティブで、F1を愛している。

 もう一人、私が好きなキミ・ライコネンにとって、新天地でのシーズンは厳しくも、充実した物だったろう。ほぼ毎回、結果的にはチームメイトにも勝っていた。
 キミのいたフェラーリはドライバーズランキングで2位、3位を取ったが、今年はそうはならなかった。フェラーリの去年の決定は、本当に良かったのかどうか分からない。

 ともあれ、チームが変わっても、変わらないのがセブとキミの友情である。
 ドイツGPでの記者会見でも、公衆の面前でなにやらイチャイチャしていた。相変わらずだね。FIAの公式ツイートでも、「何やってるんだか・・・」と言われている。

 

 F1といえば、門外漢のある人が「F1のオープニングって、あいかわらずアレなの?」と尋ねた。
 ずいぶん前に「アレ」ではなくなっている。少なくとも、有料チャンネルでの放映になってからは全く使っていないのではないか。
 その代わり、世界共通のオープニング音楽と動画がある。たぶん、リバティが定めているのだろう。
 F1レーサーたちが、ぎこちなく顔を上げたり、腕を組んだり、襟をつまんだりするのが、なんだかくすぐったい感じ。
 曲は格好良いけど ―― ちょぉっと・・・微妙にダサいかな?それくらいが、ちょうど良いのかな?

歴史 / KATOKU2019/11/06 21:12

 私は歴史が好きだ。音楽ほどではないが、けっこう好きだ。

 音楽大学の同級生に、T という友人がいる。T の大学生活の初日、緊張しながら教室で待っていると、そこに同じく新入生の私が入ってきた。15人しかいない同学科の仲間である。T と私は、やぁ、よろしくという会話を始めた。
 その流れで、どこに住んでいるのかという話になり、T は「千葉県の流山」と言った。すると私が即座に、
「近藤勇が処刑されたところだね」と応じた。
 T は「えらい所へ来てしまった ――」と思ったという。
(実は T もかなりのもので、私にシェイクスピアの「リチャード三世」を勧めた人だ。)

 私の知識は正確ではなかった。流山は近藤勇が捕らえられた場所(投降?)であり、処刑されたのは板橋だ。

 今でこそ特に新選組好きというわけではないが、中学から高校の頃はかなり好きだった。そんな話をいま持ち出したのは、久しぶりに司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んで、中学生でこんなものを読んでいたのかと、驚くというか、呆れてしまったからだ。
 中学生の私はビートルズを夢中になって聴きつつ、いっぱしの歴史通気取りだった。思えば、ただ土方歳三と沖田総司のキラキラした(?)やりとりが、ティーンエイジャーの琴線に触れただけだったかも知れない。
 「燃えよ剣」はもちろんフィクション小説なのだが、「歴史」そのものだと思わせる筆者の才能はさすがだ。それにしても、話が終盤にきて、会津戦争がすっとばされたのには驚いた。

 話は、飛ぶ。(司馬風)
 テレビで野球を見ていると、ジャーニーの "Separate Ways" を耳にする時期になった。あの史上最もダサいミュージック・ビデオで有名な曲だ。褒め言葉である。
 数年に一度は、あのビデオを見て笑わないとね ―― と思って YouTube を見る。



 この有名なビデオは、そのパロディも多く作られることでも有名。
 そんなパロディの中に、こんなものまであった。
 題して「KATOKU」



 レキシという人が歴史関係の音楽をやっていることは知っていたが、こんな無駄に面白い物も作っているとは、知らなかった。曲も無駄に良い。
 これ、オリジナルのジャーニーを知らなくても笑えるし、知っていたら、さらに笑える。
 べつに世襲制は歌にしなくても知識として持ち得るから、あまり歴史の勉強にはならないだろう。たぶん、「世襲制」と "What do you say" の音が似ていて、そこから発生した曲ではないかと想像する。

Swing Low Sweet Chariot2019/10/27 21:26

 連日、ラグビー,F1,フィギュアスケートの観戦のために時間調整が必要だ。野球が早々に終わって助かった(ただし、ワシントン・ナショナルズは応援している)。

 さて、ラグビーは準決勝。基本的に弱いと見なされている方を応援するので、イングランド対ウェールズという決勝を期待していた。その期待は半分だけ現実になった。
 こうなったら、決勝は断然イングランドを応援する。

 準決勝の試合中に、イングランド・サポーターが "Swing Low Seet Chariot" を合唱する様子は感動的だった。次の試合でも聴きたい。



 "Swing Low Sweet Chariot" は、19世紀に成立した黒人霊歌。エリック・クラプトンのカバーも有名だ。
 たくさんの動画があるが、このザ・プランテーション・シンガーズの演奏が格好良く、感動的だった。
 前半はしっとりと深く歌い上げ、後半は力強いビートにのせて熱気を高めてゆく。血と魂の歌声だ。