George Harrison “Rocky” Stratocaster2022/08/03 19:42

 フェンダーが、ジョージ・ハリスンの “Rocky” を再現した、シグネチャー・モデルのストラトキャスターを販売し始めた。

フェンダー、ジョージ・ハリスンの”Rocky”を再現した新シグネイチャー・ギターを発売

 ロッキーは1961年のモデルで、ジョージは1965年に入手。オリジナルはライトブルーだが、ジョージがサイケデリックなペイントを施したため、見た目のインパクトとしてはかなり有名である。

 フェンダーの公式紹介動画がこちら…なのだが…?!



 なんだ、この動画は?突っ込みどころ満載ではないか。
 あのジョージ要素皆無のギタリストと言い、曲と言い、演奏方法と言い…はっきり言って、センスが無さ過ぎて救いようがない。やるならちゃんとダニーを連れてくるなり、少なくともマイク・キャンベルを連れてくるなり(マイクのツアー先に出向くなり)すれば良いのに。
 あまりのひどさに、ギターそのものへ目がいかない。私はギターを買う趣味がないからなんとも言えないが、コレクターであっても、買う気を削がれるのではないだろうか。

 フェンダー公式が当てにならないのだから、ここはすかさず、”I Won’t Back Down“ で行ってみよう!
 ハートブレイカーズのUKツアー中(直後?)に撮影されたこのビデオでは、ジョージ自らロッキーを持参してマイクに持たせている。ジョージと友達になると色々良いことがあるが、これもそのうちの一つだろうか。
 本当に一瞬しかロッキーは登場しないが、よほどこちらの方が見ごたえがあるし、マイクのスライド・ギターもジョージ要素満載。実際の演奏に使われてはいないとはいえ、ロッキーが欲しくなるだろう。

Gershwin Award 19962022/08/07 17:34

 私の記憶の中で、長い間ちょっとした謎だったことがある。
 まだインターネットでトム・ペティ・ファンを出会う前、日本のラジオ番組(たぶん J-Wave) を聴いていたら、珍しくトム・ペティ関連のニュースが伝えられた。日本語でトム・ペティの名前を聞くのですら珍しいことだったので、日本でただ一人のファンだと思っていた自分は、ラジオの前で大興奮した。
 そのニュースの記憶は、こうだ。トム・ペティがアメリカのある大学(たぶん西海岸)の公演でスピーチをした際に、学生の一人にギターを借りて新曲を披露したという。ここでラジオDJが、「いい人過ぎる!」と言ったので、大きくうなずいたものだ。もっとも、このころはトム・ペティのファンになりたてで、彼のパーソナリティはよく知らなかったのだが。なんとなく、その曲が “Walls” だったと思い込んでいた。

 改めて Here Comes The Heartbreaker!(さすがの情報量) で確認すると、これはやはりUCLAの “George and Ira Gershwin Lifetime Musical Achievement Award” で、1996年4月のことだった。2008年から始まった「ガーシュイン賞 Gershwin Prize(米国議会図書館が授与する)」とは別のものらしい。
 最近、YouTube にその際の動画があがった。途中で映像がなくなるが、ともあれ便利な世の中だ。



 いろいろ情報の訂正が必要だ。演奏したのは “Angel Dream” であり、ギターは最初から用意されていたらしい。トムさんが「ギター無しステージに立つのは緊張するんですよ。ギターあります?」と言って、ストラトキャスターが登場したので、これが「学生の一人から借りた」という話に変化したらしい。
 まだ45歳のトムさん。やっぱり若いし、髪もツヤツヤ。この時期によく着用している丸型メガネも、この時はとても似合っていた。
 この会合自体が、UCLAの同窓会の組織らしく、手作り感がある。既にベテラン大物ミュージシャンだったトムさんが、この授賞式に出席してくたのは、LA在住が長く、UCLAにもそれなりの愛着があるからだろう。
 こういう歴史的なスピーチや、演奏がもっと共有されると嬉しい。

The HU / Yuve Yuve Yu2022/08/11 20:04

 音大時代は、仲間の間で色々なもの(音楽、楽器、曲, etc.)が流行ったが、ホーミーもけっこう流行った。たしか楽器学の講義で、モンゴルの喉歌、ホーミーが紹介されて、一生懸命真似しようとしたのだ。楽器学の先生曰く、下手にやると具合が悪くなるらしい。
 ホーミーのみならず、民族音楽全般も人気だった。モンゴル、ホーミーとくれば、日本人の間では「馬頭琴」という名前で有名なモリンホールである。―― と来れば、モンゴルのロックバンド、ザ・フー (The Hu)である。「匈奴ロック」というネーミングは安直だが、これはけっこう格好良い。



 かなり突き抜けた感じが良い。バンドイメージ的にやや中二病でなくもないが、音楽としては骨格がしっかりしていて、スカっとする。
 モンホールはかなりアレンジを施しているが、「草原のチェロ」の異名を取る以上の力強さ。
 さらにホーミーを用いた独特の歌唱法が、印象的だ。こうなると本当に血と地のなせる技で、なかなか真似が出来るものではない。

 この "Yuve Yuve Yu"が2018年後半に公開され、世界中に認知されるに至っただのだが、その後の世界が COVID-19 の時代になってしまったのが惜しい。落ち着いたら、さらに面白いものをひっさげて日本のフェスなどにも顔を出したら受けるのではないだろうか。