I'm Henry the Eighth, I Am2021/05/29 19:47

 クラウス・フォアマンが UK の雑誌のインタビューに答えて、ジョージに初めて会った頃の事を語った。

クラウス・フォアマン、ビートルズのジョージ・ハリスンと初めて会った時のことを振り返る
 「初めてジョージに会った時、彼は弱冠17歳だったんだ。後のジョージとはまったく違っていたね。生意気なガキでさ。彼のいたバンドはまったくの無名だったんだ。
 ジョージは面白おかしい曲を歌っていたよ。後にも少しやるようなね。くつろぎながらウクレレを弾いていた。“I’m Henery the Eighth, I Am”みたいな曲をコックニー訛りで歌っていたんだ。あとは、“Twenty Flight Rock”みたいなエディ・コクランの曲なんかを歌っていたね。」


 エディ・コクランの "Twenty Flight Rock" は、わかる。たしか、[The Beatles Anthology] でも言及されていたと思う。
 興味をひかれたのは、もう一曲 "I'm Henry the Eighth, I Am" である。もっともリヴァプール訛りのきついジョージが、コックニー訛り(ロンドンの下町のアクセント)で?
   "I'm Henry the Eighth, I Am" は、1910年に作曲された古いコミック・ソングだそうだ。ヘンリー8世は、六回結婚したことで有名な人物だが、要するに「自分はヘンリー8世なみの女ったらしだ」という、コミカルな歌詞である。その歌詞をコックニー訛りに歌うのが通例で、Henry の "H" は発音しない(コックニー・アクセントに関しては、ノエル・フィールディングを参照すると良い)。
 そして、これを1962年にレコーディングしてヒットさせたのが、ジョー・ブラウンだった。
 ジョー・ブラウンといったら、日本人にとっては [Concert for George] での感動的な存在感が印象的に違いない。しかし UK では、60年代初期から有名な人で、ジョージはジョー・ブラウンのファンだった。それで、"I'm Henry the Eighth, I Am" を歌っていたというわけだ。



 おお!ジョー・ブラウン、若い!
 ジョージがハンブルグでクラウスたちとつるんでいた頃から、ウクレレをいじっていたというのは…本当だろうか?クラウス的に、ジョージといえばウクレレという印象が強すぎて、ハンブルグ時代のジョージにも、ウクレレが張り付いたのではないかと、疑っている。

 "I'm Henry the Eighth, I Am" に関しては、1965年にハーマンズ・ハーミッツもカバーして、それなりにヒットさせたそうだ。
 しかし、あまり芸の無いカバー。どうしてヒットしたのだろう。マージ-・ビート旋風のなせる技だろうか。