License to Kill2021/02/04 22:02

 1986年6月6日、ボブ・ディランは、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズと共に、アムネスティ・インターナショナルのチャリティ・イベントに出演した。
 その際の、"License to Kill" が動画サイトにあがっている。



 このバージョンでは、ディランの相棒はもっぱらマイクのようだ。たびたび彼の方を見ながら、歌っている。
 原曲は訥々とした、おとなしい曲だが、ディランの叫ぶような口調と、エレクトリック・ギターサウンドの重なりで、格好良いロックに変貌した。
 惜しむらくは、エンディングで女性コーラスに "License to kill..." を繰り返させたことだろうか。ちょっと垢抜けなくて、ダサい感じがする。

 1992年の、ディラン・デビュー30周年コンサートで、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが "License to Kill" を演奏したのだが、ディランと共演したときのことが下敷き似合ったのだろう。
 そもそもこのライブの映像は、私がTP&HBのファンになりたてのころ、音大の図書館にリクエストして、入荷してもらった物である。毎日図書館に通ってTP&HBと、ジョージと、ディラン様を繰り返し見ていた。

 TP&HBが登場するときの、会場の盛り上がりが凄い。"License to Kill" を演奏しようとしたトムさんが、盛り上がりすぎて、「あれっ?」という顔をするところからして、既に最高。後ろでドナルド・ダック・ダンが笑っている。
 曲はしずしずと始まり、だんだん分厚いサウンドに、仕上がっていく。3分18秒のところで、いったん演奏を止めてに、ニヤリとするトムさん。絶品。



 マイクによるギター・ソロの格好良さも素晴らしい。目立たない佇まいで、表情もよくわからないし、大人しいギタリストなのに、そのソロはものすごい。しかも、そのテクニックを見せつけるのではなく、曲と歌を最高に引き立てる、溶け合うようなサウンドなのだ。
 4分43秒の所で、マイクがトゥルク・スイッチを切り替えるところなんて、本当に憧れない?あれに憧れない人がいるだろうか?

 ハウイのコーラスも美しいし、スタンのバタバタする感じのドラムも最高。トムさんの髪はつややかで、コンバースの靴が欲しくなる。
 何度でも見たい、まさに世紀の名演奏だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック