All Things Must Pass (2020 Mix)2020/12/02 19:49

 ジョージのアルバム [All Things Must Pass] の50周年を記念して、タイトル曲 "All Things Must Pass" のリミックスバージョンが発表された。
 ジョージのヴォーカルが強調された印象だ。



 ダニーによると、「2021年に予定している数々のプロジェクトのほんのさわりに過ぎない」とのこと。
 大量の音源があって、それを整理中のようだ。まぁ、ダニーもライブ活動ができないだろうし、良い時間の使い方ではないだろうか。
 それにしても、来年どんな凄い物が出てくるのだろう…ドキドキだ。さすがにこれは一番大きな箱を買うだろう。

 この曲にはいろいろなカバー・バージョンがあり、ビリー・プレストンのカバーなどは特に有名だ。
 しかし、私にとって最高のカバーは、やはり [Concert for George] でのポール。注目ポイントは、後ろで熱唱しているクラプトンでもあるのだが。
 この曲は最初、ビートルズのセッションにジョージが持ち込んだのだが、当時はまともに扱ってもらえなかった。その現象からして、既にビートルズは限界だったのだと言うことが、よく分かる。
 ともあれ、当時はその価値を分かっていなかったポールが、30年後に素晴らしく情感豊かに歌い上げたバージョンは、凄く感動的だった。
 バンドメンバーもまさに「心を込めて演奏する」のお手本のよう。ジム・ケルトナーなんて、本当に魂のパフォーマンスと言えるだろう。
 そもそも、これだけの人数(ドラムスだけでも3人!)で演奏して、これだけのクオリティを保ったのだから、バンドマスターのクラプトンの仕事も、素晴らしかった。そしてジェフ・リンをはじめとする技術者たちも最高だった。

 すべてははうつろいゆく ―― でもこの曲の素晴らしさは変わらない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック