Hey Bulldog2019/10/23 21:24

 私がビートルズを聴き始めた頃、良いアドバイザーもいなかったので、なかなか何を買えば良いのか分からなかった。
 そんな中で、たぶん最初の方に買ったのがオリジナルの [Yellow Submarine] だったのは、なかなか渋い選択だったのではないだろうか。
 当然A面しか聴いていなかったのだが、どれも名曲だった。

 "Hey Bulldog" はロックで格好良く、しかも楽しい曲だ。
 たしか、ダニー・ハリスンが、自分の父がビートルズだと知ったのは映画 [Yellow Submarine] で、父親に "Hey Bulldog" のピアノ・パートはどうなっているのか尋ねたとか、そういうエピソードがあったような気がする。
 ピアノはジョンだそうだ。もともとジョンの曲で、それにポールが協力した二人の競作で、リードボーカルも仲良く分け合っている。
 そしてハードでエッジの効いたギターソロが格好良い。ジョージがビートルズの世界から抜け出ていこうとする様子が分かる。



 ビートルズのトリビュート・イベントの時は、デイヴ・グロールがカバー。かなり原曲に忠実で、オリジナルが完璧なシロモノで、50年以上経ってもまったく色褪せないことがよく分かる。
 ジェフ・リンも幸せそう。ビートルズはものすごく有名な曲ではない作品にも、絶品が隠れている。それを演奏する楽しみがにじみ出ている。