Under My Thumb2019/10/19 22:48

 仲間内で、グロッケンシュピール(鉄琴)の話になり、それからさらに木琴,マリンバの話になって、ザ・ローリング・ストーンズの "Under My Thumb" にはマリンバが使われているという流れになった。

 "Under My Thumb" というと、ライブアルバム [Still Life] のオープニング曲という印象が強くて、マリンバの音はちょっとピンとこなかった。
 すると物知りの人が、1966年のアメリカのテレビ番組でライブ演奏したときに、ブライアン・ジョーンズがマリンバを叩いているというのだ。
 それがこちら。



 本当だ、ブライアン・ジョーンズがマリンバを叩いている。もちろん、リップシンクだとは思うが、なかなか格好良い。キースがどこにいるのか分からない。
 ストーンズというとスタンダードなロックンロール,ブルース・ロックのスタイルではあるが、ビートルズばりの意外性,冒険性を持っていて、そこが彼らの良さに奥行きを持たせているのだろう。

 "Under My Thumb" は、1969年のハイド・パークにおけるブラインド・フェイスのライブでも演奏されている。
 ジンジャー・ベイカーの追悼もかねて、こちらも鑑賞。一瞬、クラプトンがニール・ヤングっぽく見えた。彼が左手の親指の爪を伸ばしているのは、どうしてだろう。押さえるのに必要なのだろうか。