Mike Campbell Reunites With Stan Lynch2022/05/03 20:29

 マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズのツアーが始まったのだが、6月まではなんと、あのスタン・リンチがドラマーとして参加しているのだ。
 これはもう、びっくり仰天。

Mike Campbell Reunites With Heartbreakers Drummer Stan Lynch For First Tour in 30 Years

 そもそもは、ノブズのドラマー、マット・ラングの予定がバッティングしたためだ。イタリアのロックスター,ヴァスコ・ロッシのツアーの契約があって、そちらを優先せざるを得なかったらしい。ロッシは、このブログでも 2011/09/20 に話題にしている

 さっそく、ロッシの最近のライブの様子をチェック!本当だ、あのノブズのドラマーさん、マットがいる!



 そこでマイクは、当初スティーヴ・フェローニをノブズのドラマーに迎えようとしたらしい。これは自然な流れだろう。ところが、今度はフェローニをジョン・メイヤーのツアーに取られてしまった。
 それじゃあということで、白羽の矢が立ったのが、なんとスタンというわけだ。よほどジム・ケルトナーの方が想像できたし、なんだったらリンゴでもあり得るのだが(あり得るのか?)ここで、スタンというところが凄い。
 そもそも、スタンがハートブレイカーズを抜けたのは、トムさんとの対立が主な理由だったと思う。バンド・リーダー,フロントマンとの不調和のために、メンバーが抜けるのは珍しくない。一方、マイクは常にトムさんと一心同体という印象がある。トムさんとあれだけ長く一緒にいて、諍いらしき物があったという話はまったく聞かない。そもそも、スティーヴ・フェローニだって、マイクの紹介でハートブレイカーズに入ったのだ。
 ところが、マイクという人には不思議な人間力がある。人はその時々によっていろいろな状況にあり、感情的にも、難しい関係になるものだが、なぜかマイクはそういう難しい時期があった人とも、長くしかも良い関係を保つ特技があるようなのだ。
 思えば、ハウイが不幸にしてハートブレカーズを抜けたとき、ロンが戻ってきたのもマイクとのつながりが保たれていたからだ。スタンも、同じようにマイクにとっては普通の良好な人間関係の先に位置していたようだ。

 もっと言えば、私はハートブレイカーズ結成の経緯も、実はマイクの「計略」ではなかったかと疑っている。
 オリジナル・マッドクラッチからトムさんが抜けるとき、「お前は俺と一緒に来るよな」の一言でマイクはトムさんと行動を共にすることになったが、かわいそうにベンモントはすっかり置き去りにされてしまった。そこでベンモントはスタンやロンと組むことにした。彼らに「ちょっとアドバイスか手助け」をするために、トムさんとマイクが一緒にスタジオ入りしたら、これはいいと言うことになって、ハートブレイカーズ結成となった ――
 私は、マイクが意図的に画策し、ベンモントとロン、スタンのセッションにトムさんと自分が同席するように仕向けて、バンド結成をもくろんだと見ている。
 真相はともかく ――

 このブログで何度も言及しているが、私はスタンのドラミングが大好きなのだ。独特の跳躍感、ドライブ感があって、実にロックしていて格好良い。その上、バックコーラスも完璧に上手なのだ。スティーヴ・フェローニの洗練された上手さも好きだが、ちょっとしたロック的つたなさがかえって活力になっているスタンも最高だ。
 そのスタンが、ハートブレイカーズとして最後のツアーから30年を経て、ノブズでマイクと共演!その実態やいかに?!



 これはもう、絶句ものである。これぞスタンの、ハートブレイカーズがみずみずしく輝いていた時代のドラムだ。
 しかもバックコーラスも完璧で、マイクなんかより歌詞をちゃんと覚えている!
 もはや、ただの一ロック・ライブ風景を通り越して、人間の可能性を表しているとすら思える。何歳になっても、大事な人を失っても、人は青春時代の輝きを取り戻すことが出来るのだ。

Mike Campbell - What's In My Bag?2022/05/08 19:47

 そもそもは、バッグの中身を紹介することで、その人を知る企画だと思う。YouTube を見ると、同じような趣旨の動画はたくさんある。
 しかし、マイク・キャンベルがその対象になると、「おれ、バッグ持ってないんだよね」と言って自宅のキッチンでお気に入りレコードの案内になった。



 私はジェイムズ・ブラウンに興味はほとんど無いのだが、ここに登場した1965年の JB はとても格好良いと思う。
 そしていまだにロックする「神のご加護のあらんことを」ザ・ローリング・ストーンズ。バートブレイカーズでもカバーした名曲の数々だ。
 次に、「当然」という風に登場する、ビートルズの [A Hard Day's Night] だが、こちらは私が馴染んでいる青く小さな写真があつまったジャケットのものではなく、どうやら US 盤らしき赤いジャケットだ。こちらもなかなか格好良い。映画のオープニング・シーンの、ジョージが転ぶところはいつ見ても可愛いと思う。

 お次は、ミスター・ボブ・ディラン。[Bringing It All Back Home] を挙げたのは実に「同感!」という感じだが、さらに同感だったのは、 [Desire] を挙げたことだ。決してディランの代表作品として評価されることはないが、熱量や充実感が素晴らしいアルバムで、私も大好きなのだ。どこまでもマイクとはとても気が合う。
 ザ・キンクスは、1964年から1970年までのベストアルバムを挙げたのもわかる。私が好きなのもこの時期のキンクスで、その後のロック・オペラ指向は好きではないのだ。うん、やっぱり気が合う。

 キャンベル家のキッチンにはいつでもレコードが聴けるように、ゼニスのポータブル・レコード・プレイヤーがあり、運が良ければちゃんと動く。これは1970年のモデルらしく、いまインターネットで買おうとしたら、30万円以上するシロモノだ。
 マイクの家には、こういう ガラクタ 宝物がたくさんあるのだろう。

George in a White Sweater2022/05/12 21:48

 ザ・ビートルズの映画 [Get Back] ―― 配信と一部の劇場公開だけで、DVD, Blu-ray での発売はないかも知れないとも言われたが、結局発売されることになった。ものすごい価格で。
 ビートルズではあるが、これは例外的に買わないと思う。見ていて楽しくなる映画ではないし、長すぎる。

 しかし、この映画にも良いところはある。ジョージ・ファン仲間でもっぱら話題になったのは、ジョージのファッションが素敵なところだ。リンゴもだけど、やはり美男子でアンニュイなお年頃なジョージのファッション・ショーのような美しさは、際立っていた。
 基本的に、色彩はカラフル。赤、紫、緑、難しい色を難なく着こなす。フリルやパフスリーブなど、華やかでフェミニンなデザインも誰よりも似合っている。そのくせヒゲ。
 南国の極楽鳥のような鮮やかさも良いが、私が [Get Back] を見ていて一番素敵だと思ったジョージの服装は、意外にもシンプルなスタイルだった。映画の終盤に登場する、白いセーターにデニムという装いである。



 微妙に襟ぐりがあいているて、首が見えるのが…ときめくのよ…!なんかね、無防備というか、小悪魔的というか!着飾らなくても輝いているジョージ炸裂。たまらん。
 「ライブをやれと言われればやるけど、屋根の上でやるのはやだな…」とジョージがいうと、リンゴが「ぼくはやりたいよ」という。リンゴを見てちょっと微笑む。あああああああ可愛い…!
 50年経ってもまったく魅力が損なわれない、永遠の美しきジョージであった。

Stories We Could Tell2022/05/16 19:50

 マイク・キャンベル&ザ・ダーティ・ノブズが、ドラマーにスタン・リンチを迎えたというだけでも、じゅうぶん胸がいっぱいになる事である。
 しかも、ハートブレイカーズの曲を演奏したりして、既にファンとしては悶えて床をゴロゴロする状況。
 さらに追い打ちをかけるように、あの "Stories We Could Tell" を、マイクとスタンが一台のマイクロフォンに向かって歌ったというのだから、もう頭をかきむしって階段から転がり落ちるしかない。

 転がり落ちる前に、在りし日のハートブレイカーズで "Storis We Could Tell" をチェック。やはり一番の見どころ,聴きどころはトムさんとスタンのハーモニーだろう。(ボビー・ヴァレンティーノは脇に置いておこう。フィドルにピックアップとトーン・ノブがついているのは、初めて見た。)



 1979年と書いてあるので、まだベースはロン。当然スタンがトムさんの相棒を務めている。
 実のところ、ロンが抜けて、ハウイが入った後 ―― つまり、バック・コーラスとして強力なハウイが入った後も、"Stories We Could Tell" に関しては、スタンが主なバックコーラスを担当していたようだ。1982年のスタジオ・セッションで、トムさんとスタンが歌うシーンがある。
 ハートブレイカーズのドキュメンタリー映画 [Runnin' Down A Dream] でも、スタンが脱退したときに、その映像が使われた。ベンモントの「トムとスタンはとても親密だったと思う。でもそういう関係でも、別れるときはある。」というコメントとともに。
 ハートブレイカーズがもうすぐ20年 ―― 人間でいっても、成人となる年数を重ね、少年ではなくなっていく過程で、辛い別れを経験する。その一つがスタンの脱退だった。様々な諍いもあったのだから、仕方が無い。それでも、切ないシーンだった。

 そして、このたびのマイクとスタンの共演である。



 マイクもツボを心得ているな…と思う。明らかにトムさんを思い出して泣かせに来ているではないか。こういうのを、反則というのだ。
 ミックとキースならもっと慣れた感じにイチャイチャするのだが、マイクとスタンは、ぎこちなくて、ちょっと恥ずかしそうで、でもすごくエモーショナルな感じがにじみ出ているのが、おじさん(おじいさん?)二人、初々しい。
 私はずっと、トムさんが姫(lady)で、マイクとスタンが騎士(knights)だと思っていた。やんちゃで雄々しいスタンは去った。優しくて大人しいマイクが姫の元に残り、その死を見送る。そして二人が再会する。彼らはそれぞれトムさんを愛していたし、彼らにしか分からない想いがあるに違いない。