F1 Live in London2017/07/14 23:36

 ハイドパークでのハートブレイカーズ・ライブの熱もさめやらぬロンドンに、F1マシンとF1パイロットが登場し、轟音をとどろかせた。
 名付けて、"F1 Live in London" !これ、最高!ネーミングも最高!  テレビ中継も録画してあるので、ブリティッシュGP予選の前に見ておかねば。



 デイモン・ヒルもすっかり髪が白くなって。でも、相変わらずスマートで格好良い。こういうイベントでも輝くデイモンは、やはりヒーローなのだ。

 こちらは、トラファルガー広場での、パイロット紹介と、ボッタスによるシャンパンファイト。



 なぜか全速力で逃げるライコネン。おいしいところ持っていくなぁ。
 そしてあの笑顔は世界共通で愛されている、リカルド。観客達が "Shoey! Shoey!" と叫んでいる…

 ベッテルがブーイングを受けるんじゃないかと心配していたのだが、意外にも大歓声。どうも、20人のパイロットのうち、英国人スーパースターのハミルトンだけが欠席したことにブーイングがあったようだ。
 ハミルトン、空気読めなかったかなぁ…週末のレースで勝てばそれで良いのだろうが、今年からのF1は去年とは違うと言うことを、自分の空気として吸い込む気がないみたい。スペインでのライコネンとは対照的になってしまって、ちょっと気の毒なほど。

 こちらは、2015年のマシンでデモンストレーション・ランをするベッテル。トラファルガー広場のネルソン提督から、ホワイトホールのケンブリッジ公爵まで。



 F1としてはゆっくりだけど、なんと言っても音が凄いだろう。ほかにも沢山のドライバーがランして、ドーナツターンして、エンジンストールしていた。昔のルノーや、セナ・プロスト時代のマクラーレンも。

 こういうイベントは良いと思う。もし本当にロンドン市街地コースでF1レースをやるなんてことが現実になったら、ものすごく見たい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック