Sweet Caroline / Amigos para siempre2017/03/23 23:01

 仕事でシンガポールに来ている。
 会議で缶詰にされており、シンガポールの有名な町の様子は全く見ていない。あまり興味もないのだが、ただ F1 のコースになっているところはちょっと見たかった。

 私の勤務先は外資系(アメリカ)の製造業。外資系の会社のパーティというと、お洒落なカクテル・パーティだの、細長いシャンパングラスを想像するかもしれないが、わが社はそうではない。
 ものすごい大宴会で、80人余りが飲めや、歌えや、踊れやの大騒ぎ。カラオケあり、コスプレあり、日本企業の忘年会どころではない騒ぎなのだ。私自身も、想像していた「外資系」とは全く違うのである。

 アメリカ人重役たちが披露したのが、こちら。ニール・ダイヤモンドの "Sweet Caroline"



 彼らにニール・ダイヤモンドのファンなのかと尋ねたら、特にそういうわけではないとのこと。ただ、非常に有名で、盛り上がり、感動的な曲なので、選んだそうだ。トム・ペティが好きだという話をしたら、ひとしきり盛り上がるのは、アメリカ人と同席したときのお約束。

 パーティの最後は、スペイン人が、ロス・モノロスの "Amigos para siempre" を熱唱した。「ずっと友達」という意味だといっていたような気がする。全員踊りまくっていたので、良く覚えていない。



 さて、私は何をしたのか。
 パーティのオープニングを飾る重責をソロで担い、ティン・ホイッスルでダンス・セットを披露し、大喝采を浴びたまでは良かった。演奏の出来はともかく。
 しかし、ジャパン・ティームとして、なぜ、ピコ太郎の衣装を着て、「スキヤキ・ソング」歌うはめになったのかは、良く分からない。

コメント

_ Hey Jude ― 2017/04/07 04:44

素晴らしい!
いつの日か拝見したいですピコ・ダンス。
Gone Troppo、Fasterでも良いかもしれないシンガポールの夜。
(大変ご無沙汰してます)

_ NI ぶち ― 2017/04/08 21:53

>Hey Judeさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
ピコダンス…オフィスに大量のピコ太郎衣装が…来週、別の部署が中国でピコ太郎をやるらしい…
南国に行ったことがなかったので、シンガポールは新鮮でしたね。シンガポールGPなんて、ジョージが見たらびっくりですね…!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック