ジョージの紙ジャケがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!2017/03/10 22:15

 お待ちかね、ジョージの紙ジャケットが届いた。[All Things Must Pass] から、[Brainwashed] までのソロアルバム、11タイトル。私は苦行をする趣味はないので、[ATMP] の前二つのインスト・アルバムは買わない。必要なし。

 ジョージてんこもり!



 買い込んでおいて言うのもなんだが、私はジャケットや箱をためつすがめつ、愛でるという習慣がない。要は音楽が記録された盤さえあれば良い。それじゃぁ、紙ジャケを買った意味が無いが…
 でも、帯は面白い。たぶん、これは最初にアルバムが世に出たときと同じなのだろう。売り文句が時代を反映しているようで面白い。

All Things Must Pass
 ロック界に不滅の金字塔

Living in the Material World
 (なぜか売り文句は無し。かわりにジョージの写真)

Dark Horse
 エリック・クラプトン、アルヴィン・リー、リンゴ・スター、ビリー・プレストン、トム・スコット、ウィリー・ウィークス、ニッキー・ホプキンス他の超強力陣を配した、ジョージの鮮やかなロック・セッション!!含蓄のある詞に絡みつくジョージ独特の滑らかサウンドはまさに孤高の境地か!!

ジョージ・ハリスン帝国
 (参加ミュージシャンの名前を連ねただけ。それにしても凄い邦題だ)

33 & 1/3
 約一年の歳月を費やし遂に築きあげたジョージ・ハリスンの新しき境地。ダーク・ホース・レーベル、移籍第1弾!!自分の音楽を求め続け、孤高の人生を歩むジョージに、さらに新しい世界が開かれた。

慈愛の輝き
 二年以上の空白を吹き飛ばす夢の共演!!親友エリック・クラプトン、スティーヴィー・ウィンウッド等を迎え ジョージ・ハリスンが作りあげた待望のニュー・アルバム!!

想いは果てなく-母なるイングランド-
 ジョージ・ハリスンの愛が、優しさが世界を包み込む!!ジョン・レノンを歌った超話題曲、「過ぎ去りし日々」を含む待望のニュー・アルバム!!

Gone Troppo
 ★輝く太陽の下、爽やかな風がジョージの愛を運ぶ!!ロマンの香り漂うニュー・サウンドにジョージの新しい魅力を発見する改心の意欲作!!

Cloud Nine
 ジョージ・ハリスン、5年振りの凱旋。「ゴーン・トロッポ」('82年)発表後の長い沈黙を破って、全世界待望のジョージの傑作ニュー・アルバム、遂に完成!エリック・クラプトン、エルトン・ジョン、リンゴ・スター他、豪華ゲスト・スターが夢の協演!!

Live in Japan
 '91年12月、日本列島を熱狂と感動の嵐が駆け抜けた ジョージ・ハリスンの25年ぶりの来日、17年ぶりのコンサート・ツアー、そして、親友エリック・クラプトンとともに…あの感動、興奮のステージを収録した待望のライヴ・アルバム

Brainwashed
 悠久の輝きを放つ崇高な魂の旋律 ―。1999年から亡くなる直前まで3年の歳月をかけ制作されたジョージ・ハリスン最後のオリジナル・アルバム。静かな魂の慟哭がスピリチュアルで無限の優しさに包まれた感動の傑作。

 なに言ってんだか分かりません状態の物も多数。[Brainwashed] なんて、静かな魂の慟哭がなぁんだってぇ?![Gone Troppo] に至っては、最初に★なんぞつけて、ふざけているとしか思えない。
 あと、「親友エリック・クラプトン」でて来すぎ。[Live in Japan] はテレビ欄のストーリー紹介みたい。
 はじめは「約一年を費やし」とか言っていたのが、「二年以上の空白」、「5年ぶりの凱旋」となる過程も興味深い。

 帯も再現したのなら、中身の日本語解説も当時のものが欲しかった。今回のリイシューのために、天辰さんの新しい文章が読めるのは嬉しいが…
 天辰さんの文章で思い出したことがある。長くなるので、また次回。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック