Unplugged from Daryl's House Club2017/02/04 20:52

 シスター・ヘイゼルのライブ・アルバム [Unplugged from Daryl's house club] が届いたので、さっそく聴いている。ライブの様子が収録されたDVDもセットなので、とてもお得。
 このアルバムが発売されたのは、去年の9月。
 私はヘイゼルのファンのくせに、その新譜情報をキャッチするのが遅い。TP&HBは日本のファンコミュニティに参加しているし、ディランやビートルズ、ストーンズなら、情報は普通に日本語のニュースとして伝わってくる。
 しかしシスター・ヘイゼルとなると、自分で情報をキャッチする努力が必要。私は twitter もfacebook もやらないので、必然的に情報が集まってこない。
 さすがにこれはまずいので、さっきニュースレターの登録をした。

 さて、この [Unplugged from Daryl's house club] だが、その名に出てくる「ダリル」というのは、ダリル・ホールのこと。彼が自宅に作ったクラブで、小規模なライブを開き、それをインターネット番組として配信しているのだ。名だたるアーチストが出演しているが、シスター・ヘイゼルも、その仲間に加わったというわけ。
 タイトルのとおり、コンセプトはアンプラグド。ギターは三人ともアコースティックだ。ケンとライアンは日本のタカミネ、ドリューはギブスン。
 撮影機材にはそれほどお金をかけていないらしい。テレビで再生するなり、「画像粗ッ!」となってしまった。YouTubeで見た方がよほど綺麗。



 もともと、ヘイゼルの曲はアコースティックに作って、エレキで味付けする感じなので、アンプラグドにしたといって、それほどの新鮮味はない。いつもの素敵なロックをきかせてくれている。
 ライアンは少し減量したかな?首回りが、ややすっきり。やばそうなのは、ドリュー。典型的なアメリカの肥満体型。睡眠無呼吸症候群になっていやしないかと、心配になる。
 もともと、容姿で売る気がまったくないから、構わないけど。みんな良い年になっているので、健康に気をつけて欲しい。ジェットはスマートだし、いまやヘイゼルで一番格好良くなっている。

 じつのところ、90年代に猛威をふるった「アンプラグド」というアイディアを、私はあまり買っていない。ロックという単純な作りのポピュラー・ミュージックは、エレクトリック・ギターのサウンドをフルに活用して、威勢良く迫ってくるからこそ、魅力的なのだ。たまに別の側面として、アンプラグドなサウンドを聴かせるのも良いが、コンサートやアルバムのコンセプトがまるごとアンプラグドとなると、ちょっと物足りないし、やや退屈。
 ヘイゼルのライブ・アルバムとしても、同じ感想を持った。そういう観点から言えば、2003年のライブ・アルバム [Live*Live](映像作品としては [A Life in the Day])の方が、ロックバンドらしくて好きだ。
 今回の「アンプラグド」では、アンコールでドリューをピアノを弾きながら一人で "This kind of love" を歌っているけど、ややイマイチ。この曲、前のライブアルバム [20 Lives] ではオーケストラや合唱とコラボしていたが、これもちょっと空振り気味だった。

 やっぱり威勢良く、"Change Your Mind" や、"Mandolin Moon", "Happy" などを演奏している方が良い。もちろん、ヒット曲 "All for You" では大盛り上がり。
 最新アルバムからの "Something to Believe in" では、"Just a kid from Gainesville watching Petty with my lighter in the dark" という歌詞のところでちょっと盛り上がるのが良い。

 去年のアコースティックなシスター・ヘイゼルついでに、こんな動画も。ライブでの、"Listen to Her Heart"。ギターソロでライアンが失敗して、苦笑している。カワイイから許す。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック