Sleeprs Awake2015/07/04 22:32

 録りためていた [CSI] を見ていたら、ドラマの冒頭にバッハが流れた。
 バッハだということは分かったが、曲名がピンとこなかったので調べてみると、通称 "Sleeprs Awake"。BWV140 カンタータ140番 "Wachet auf, ruft uns die Stimme" 「目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声」の第4曲だった。

 Bach - Cantate BWV 140 - Wachet auf, ruft uns die Stimme

 ドラマで使用されたのはピアノ編曲バージョンなので、こちらの方が近い。アレッシオ・バックスの演奏で。編曲したのは、ヴェルヘルム・ケンプ。



 ちょっとペダルを踏みすぎだろうか。もう少し淡々と弾く方が好きだ。

 BWVというのは、バッハ作品主題目録番号 Bach-Werke-Verzeichnis の略で、バッハの作品を特定するのに便利な通し番号だ。モーツァルトのK.(ケッヘル)や、一般的な Op.(オーパス)が作曲順に着けられるのに対し、作品をジャンル別に分けているのが特徴。
 バッハの場合、宗教曲に若い番号をつけられており、BWVの1番はカンタータから振られている。そのため、カンタータ140番は、すなわちBWV140というわけ。

 英語での通称 "Sleepers Awake" は、カンタータの第4曲ではあるが、バッハ自身も気に入ったのか、オルガン・コラールとして再編している。この再編バージョンが、BWV645 シュープラー・コラール集第1曲。「コラール」ではあるが、器楽曲なので番号の若い方ではないのだ。
 どうやら、手では二声、そこにペダルのつく三声構成らしい。



 ピアノでの編曲のほかに、沢山の楽器向けに編曲されており、言うなれば「G線上のアリア」のようなもの。
 フルート,サックス,トランペット,オーケストラなどなど、様々なバージョンがあり、エレクトリック・ギターでやっている人もいるのだが、これがダメダメ過ぎるので、アップはしない。
 意外と良いと思ったのが、このおじさんのウクレレバージョン。



 シンプルだし、テンポも良い。もう少しだけコードを挟んで、華やかにしても良いかも知れない。これ、やってみて…できるだろうか?