ハッチ大作戦2009/04/06 21:26

 金曜深夜の名物番組、「タモリ倶楽部」は、先週と今週「空耳アワー」の総集編となっている。
 この一年で、私の中でのNo.1 の空耳作品は、先週にすでに紹介されている。次回、後半もあわせての年間No.1 が決まるわけだが、私のNo.1はもう出てこないかもしれないので、ここで言及することにした。

 アーチストは、ジンギス・カン。曲は「ハッチ大作戦」。この映像の、46秒目から聞こえる。

 「あっちが船橋であっちが浦賀さ」



 このジンギス・カンというドイツのユニットについては、良く知らないし、詳しく知ろうとするのが野暮のような気がしてきた。このワケわからん加減を自然体で楽しむのが、ヤーパン人としては最適ではないだろうか。

 カール・マイの古典児童文学に登場する、冒険好きなハッジ・ハレフ・オマルが、この歌の主人公。フル・ネームは「ハッジ・ハレフ・オマル・ベン・ハッジ・アブル・アバス・イブン・ハッジ・ダウド・アル・ゴサラ」…だ、そうだ。
 要するに、「アラブ風」という事になっている長ったらしい名前を、サビで延々リフレインしているのである。船橋と浦賀は、この名前の後半部分にあたる。

 この空耳の絶妙なところは、登場した地名が船橋と浦賀だという事だ。
 船橋は、首都圏在住なら耳慣れた地名だが、じゃぁ何があるかと言うと私には即答できない。一方、浦賀は黒船のおかげで名前だけは全国区だが、これまた他に何がどうといわれてもピンと来ない。
 しかし、ひとたび船橋と浦賀の位置関係を確認すると、なおさらこの空耳が可笑しい。ぜひ、一度地図で確認することをお勧めする。ハッハッハー♪

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの制作者名最初のアルファベット半角大文字2文字は?

コメント:

トラックバック